山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地倉沼ハイキング

地倉沼パノラマ

今年も残すところ あと一日となりました。
年越し前に 先週からの島根シリーズの続きです。

島根県の西端 津和野の近く 谷を分け入ると地倉沼があります。
おそらく島根県でも あまり知られていない沼だと思います。
大きくもなく 特別な花があるわけでもなく
周りに人目を引く山があるわけでもありません。

溶岩に堰き止められた谷にできた沼で 面積約40000㎡ 植生はハンノキ カワヤナギ コナラなど。
天然記念物のモリアマガエルが生息する。


地倉沼・早春

季節によって水が満ちたり 渇水したりします。
以前早春に訪れたときには 沼の半分くらいは水がありました。
夏に訪れたときは 満々と水がありました。
今回は 沼中 殆ど水が抜け 端の方から川のように水が 緩く流れていました。
その先を辿ると 湖底の溶岩のすき間から水が抜けている場所を見つけました。
ただ 地中に水が流れ込んでいるだけの話ですが かなりの感動しました。

枯れたスゲやチョウジソウをかき分けるようにして 盆地状の沼の奥に進みます。
360度 周囲の山を見渡します。
静かです。 とても とても静かです。
たった独りで過ごすには 贅沢過ぎる空間が広がります。

踏み跡と 丸いフン… 鹿がやってくるようです。
ぬかるみを掘っているのは イノシシでしょう。

以前 夏に湖畔で 独りたそがれていましたら 
沼の出口近くの森の中から ボキボキと音が聞こえてきました。
あんな 音を立ってられる生き物は 人間かクマくらいしか 思いあたりません。
ひとり歌合戦 ひとり拍手をしながら 沼を後にするしかありませんでした。
中国自然歩道

沼に沿った中国自然歩道からは 殆ど水面を見ることは出来ませんが 
照葉樹林の心地良い散策道です。
(勿論MTBでの走行は 数年前に楽しませていただいております。)
ついでに 地倉沼の脇の奥山に登りました。
峠から自然歩道を離れると テープと踏み跡を辿り 急登を詰めます。
木々に囲まれて 眺望が無いのが 少し残念な頂上でした。


地倉沼は随分マイナーなコースらしく 以前は登山道も かなり荒れていましが
その静かだった登山道を取り込みながら 新しい林道の工事が進められていました。
島根県は文化レベルが非常に高い県ですので 
でたらめな自然破壊的工事ではないと信じています。

地倉沼は僕のとっておきの場所のひとつです。

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2007/12/31 03:48 ] 登山の話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。