山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サドルが尿道を圧迫する

D系サドル

ロードバイクやXCをやっている人には 周知のお話ですが…

石見銀山で 1日に20kmもMTBに乗っていましたら
尿道に違和感が残り 残尿感?ってやつでしょうか
その日はモヤモヤ感が取れませんでした。

ツーリングを趣味とする方々には たったの20kmですが
D系派の僕には とても長い距離です。

ロードにしろMTBにしろスポーツで自転車に乗る場合 
サドルは腰掛けるというより 支えるとか押さえるために付いています。
トライアルでは 付いていなかったりもします。

MTBはサドルを見ると 目的やカテゴリーが一目瞭然です。
D系のサドルの取り付け方は 前上げ 後ろ下げです。
下り坂を降りる為の設定で 挟んだり 押さえたりする時に 
フィーリングの良いサドルを選びます。  

そんなサドルに座って 平坦地や登り坂まで 
日頃になく長時間ペダルを漕いだものですから
前上げ角度のサドルが 終始 尿道を圧迫し続けることになるのです。

MTBを始めた頃は MTB=XCの時代でした。
思えば サドルをやや前下げにして 尾てい骨で体重を支えていました。

パーツカタログを見ますと 真ん中に穴の空いたものや 
中央で縦に割れているサドルが数多くあります。
オールマウンテンで走るなら そんなサドルを使ってみようかなぁ…
と 新たな物欲に目覚めた 今日この頃です!

ブログパーツ 
スポンサーサイト
スピードアップしているなら嬉しい
ご丁寧なお返事ありがとうございました。2年MTBに乗って、ようやく自分の乗り方が見えて来たような気がします。技の練習はその為にとても良い刺激を与えてくれています。

>スピードアップしている
んであれば、嬉しいです。そんなに下がるほどのテクニックも持ち合わせていないはずなので(笑。

>やがて 気持ちが先に行っても バイクがついてこないという ジレンマに。
そして フルサス…

どこまで悪友ぶりを発揮なさるんでしょう、このおヒトは!
でもそのくらい乗りこなせるようになりたい、とは正直思います。
ニコさんのニュースタイル、ずんずん突き詰めて行ってください。

PS:タイトルの写真(看板)が変わりましたね。今度のはとても良いです。
[ 2007/12/29 21:06 ] [ 編集 ]
バイクに跨って ハンドルバーに手を掛けただけでも 
以前とは随分ポジションが変わっていませんか?
上体が起きて たとえばオートバイに乗っている感じとか。
おそらく 下りのスピードがアップしているのだと思います。

XCバイクの場合 登り優先のセッティングをします。
上体が下がっているのは 登りでハンドルを引きやすいためです。 
下りで腕に体重が掛かるのは 有利なことではありません。

DH系では下り優先で 上体を引いて しっかり足に乗って体を安定させ
スピードに対応します。
同時に 引き付け(ドロップオフ)なども含めてハンドル操作もスムーズです。

ライザーバーの使用でポジションが変わり スピードアップしていることに 
気付かれていないのかもしれませんよ。
やがて 気持ちが先に行っても バイクがついてこないという ジレンマに襲われます。
そして フルサス…


僕の新しいスタイルとは 平地や登りを含めた 少しXCに近ずくオールマウンテンです。
この頃 そんな傾向が強くなっている気がします。

  
[ 2007/12/29 14:19 ] [ 編集 ]
ライザーバーに換えたのは良いけれど
ステムもショートにして技の練習には良いんですが、トレールの下りで妙にガタガタします
ポジションも調子の良かった頃を思い出そうと、腰を引いてみたり、ヒザを伸ばしたり縮めたり、、、それでも頭がシェイクされておかしいな?と。
DHでは超ショートステムにライザーバーですよね。それに近いセッティングなのにどうしてかなあと不思議な思いです。
スピードが上がっているのか?
慣れの問題なのか?
何か考えられることありませんでしょうか?

そう言えばMTB始めた頃は尾てい骨が痛くて困りました。誰に聞いても??サドルが悪いのでは?という人が多かったんですが、結局筋肉がなかったせいだったようです。同じサドルなのに乗り込んだ今ではナッシング。

さて、ニコさんの挑戦する新しいスタイルとは?フリーライド?オールマウンテン?それとも?
[ 2007/12/29 02:29 ] [ 編集 ]
鈍感なのか それとも
Kyoさん ご心配ありがとうございます。
今は基本シーズンオフで 体のメンテナンスしながら 
のんびりと過ごしてますので すこぶる元気です。

これまで サドルの圧迫感を あまり気にしたことがありませんでした。
今回の山サイは 自分にとっては 新しいスタイルへの挑戦だったのかもしれません。
スタイルが変われば パーツの変更は必然ですね。
ガハクさんも ハンドルバー変えていらしゃいましたね。

パット付きレーパンは インナーとして使っています。
必需品です。
それでも 泣き言を言うのは 軟弱者なんでしょうね きっとi-282
[ 2007/12/29 01:46 ] [ 編集 ]
そりゃ物欲とは違いますよ
「サドルはみんな苦労してるみたいだなあ」とはガハクの言。
ニコさん、だいじょぶですか?
疲れもあるでしょう。
目的に応じて変える方がいいかなとも思ったりします。
ちなみにわたくしは(一応)女性ですので、パットが入っていて布の滑りがいい専用のレーパンを着用します。そうでないと長時間のツーリングはお尻が痛くなってダメです。
最近はじめたウィリー練習もパッド入りレーパンです。
サドルも大事ですが、ウェアもポイントかと。
[ 2007/12/28 17:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。