山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mtキナバル ダウンヒルは世界初だったのか?前編

.JPG
1999年9月の思い出である。


当時 速い走りよりも 頂上からMTBに乗ることに夢中だった。
MTBは どんな山にでも担ぎ上げられるように 
浜松のミソノイサイクル・智三郎さに組んでいただいた GTザスカー20インチ。
富士山山頂を走ってしまえば 次に 近くて高い山はこの山しかない!
マレーシア ボルネオ島にあるキナバルは
当時 東南アジア最高峰と呼ばれた 標高4095mの山である。
赤道直下 熱帯雨林のジャングルの中に立つ独立峰で 
山頂一帯は花崗岩で覆われている。


登山口の公園本部で入山手続きを済ませ ポーターを1人雇う。
必ず雇わなくてはならない決まりなのだ。
日本にも このシステムがあれば 我々は大喜びなのだが・・・。
 「アイム マイクル」
 「マイケル?」
 「ノー マ イ ク ル」
 「OK」
登山目的の友人と3人パーティでの登山となる。
ちなみに ポーターの日当はチップをはずんでも 
日本の居酒屋の支払いより安いくらいだった。 

それなのに 本部近くのレストランで 飲んだり食べたりして
それ以上の代金を払わされた。
ボッタクリである。
入国した瞬間なら仕方ないが 入国3日目でぼられるとは・・・
酔っぱらいだったとは言え 情けない・・・汚点である。
マイクル ごめんなさい。


さて 一番の心配事は MTBの入山が許されるかという点にある。
わざわざ 問題を起こす必要も無いので 輪行バックに梱包したままで
ポーターのマイクルにMTBを預ける。
何かと聞かれるから 自転車だと小さな声で答えると 大きな声で
「バイシコ バイシコ」と騒ぎ始め 回りのポーターに言いふらし始めた。
しかし 皆 訳わからないって顔をするくらいで 
ダメだという話にはならなかった。


この日は途中の山小屋まで 約8kmの登り。
我々は多少の装備はあるとはいえ マイクルはMTBを担いでいる。
軽いMTB(20インチ)ではあるが それでも10kgくらいはある。
しかし 我々はバテバテで マイクルは元気一杯に
相変わらず 「バイシコ バイシコ」とポーター仲間で
盛り上がっている。
そのたび 不思議な顔で見られる こっての立場も理解しろ。

バテているのは高山病のせいだと言い張りながら
熱帯の派手な植物を楽しみながら 登って行く。
目の前に花崗岩の岩壁が現れ 森林限界も近い頃 
標高3300mの山小屋に到着。

早速MTBを組み立てる。
欧米各国の人々が 遠慮のない英語攻撃を仕掛けてくるが
僕には 鉄壁のバリアがある。英語が話せないのだ。

午後遅く 定期便のスコールがやってくる。
岩壁に川が出来るほどの豪雨と雷だ。
その音は豪快な大自然は オーケストラのようだ。
しかし 日中の晴天が約束されているのだから 大歓迎!

山小屋は日本の小屋よりずっと良い。
一人ひとりベットで 食事は おいしい中華バイキング!
ビールだって コーラだってある。
夕食後は テラスで真っ赤な夕焼けに しばし見とれる。

翌日は夜中の出発になるので 早くに就寝。
ベットの横のザスカーを摩りながら眠りについた。


後編に続く

ブログパーツ

スポンサーサイト
いきなりの書き込み失礼しました。
埼玉県の秩父地方、まわりは山ばっかりの山間部に住みます画伯(ガハク)と申します。妻もMTBに乗っていて、二人で現在計108歳です。自転車はほんとに初心者ですので豊かな経験者のお話はとても参考&励みになります。
何と言っても山と自転車二つ合わせて楽しめるなんて最高ですよね。
「後編」楽しみにしています。
[ 2007/04/11 18:26 ] [ 編集 ]
ガハクさん はじめまして。
コメントありがとうございます。
途中の山小屋迄はポーターに担いでもらったんですが
あれ以来 誰かが担ぎ上げてくれたらなぁ・・・
と思いながら MTB押したり 担いだりして
山に登ってます。
4000mから 眼下に雲を見下しながらのダウンヒルは・・・後編も宜しくです。
[ 2007/04/11 00:41 ] [ 編集 ]
すごいですねー!わたしたちも学生の頃日本アルプスには登っていましたが、MTBはまったくの初心者です。山道に行けば担いでばかり。しかしボルネオの最高峰までMTBを担ぎ上げるとは、、、。その熱意に感動します。もちろん下りも大成功なんでしょうね。
後編楽しみに待っています。
[ 2007/04/10 19:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。