山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

加藤文太郎をご存知ですか?

単独行

孤高の登山家 加藤文太郎の故郷 兵庫県の浜坂を訪ねてきました。 
昭和初期 まだ冬山登山が一般的で無い時代 
単独で そして驚異的なスピードで厳冬期の北アルプスを駆け抜け 
不死身の加藤の異名をとりました。
しかし31歳の若さで 厳冬期の槍ヶ岳北鎌尾根に消えてしまった登山家です。
その生涯は新田次郎の小説「孤高の人」 自身の遺稿集「単独行」で
登山者の間に 広く知られるようになりました。
加藤文太郎

僕にとって 加藤文太郎はアイドルです。
彼の存在がなければ 僕はこれほど 登山にのめり込む事はなかったかもしれません。

浜坂には加藤文太郎記念図書館と 加藤文太郎を愛し語り継いでいる人々がいます。
偶然宿泊した民宿で そんなご主人に出会いました。
数々の資料を見せていただきました。
これまで知らなかった 関係者のコメントを沢山読む事が出来ました。
孤高
 
加藤文太郎追憶

なんと 加藤文太郎直筆のはがきを この手に取って見る事が出来ました。
直筆のはがき

文面のコピー迄いただいてしまいました。
直筆の文字から伝わる臨場感は鳥肌ものです。
そして 興奮でアルコールが進んでしまったことは言うまでもありません。

文面

ご主人や浜坂のお仲間からの依頼を受け 「日本沈没」で知られる 
谷甲州氏によって 再び加藤文太郎の小説化が進んでいるそうです。
来年 連載が始まり 再来年には小説が世に登場することになるかもしれないと…?

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2007/12/10 10:15 ] 旅行 | TB(0) | CM(9)
IKさん いらっしゃいませ!
メスナーとは凄いですね。
僕もメスナーは 色々読みました。

浜坂に行くなら やっぱりカニシーズンですね。
でも大山登山には中途半端な季節かな。
加藤文太郎記念図書館のついでに 植村直己冒険館も豊岡市にありますよ。 
[ 2007/12/14 20:18 ] [ 編集 ]
こんにちは、加藤文太郎記念図書館なんてあるんですねぇ、初めて知りました。加藤文太郎アイドル説大賛成です(笑)。山を始めたころのアイドルと言えば加藤文太郎とメスナーでしょう。メスナーなんか来日したとき行って握手しに行ってしまいました。孤高の人は山を始めて一番初めに読んだ気がします。新しい小説化期待しちゃうなぁ。
 記念図書館はぜひ行って見たいですねぇ、大山と組み合わせて来年行ってくるかなぁ。
[ 2007/12/14 08:44 ] [ 編集 ]
kinkachoさん いらっしゃいませ!
浜坂と言えば この時期カニですよね。
今回 予約してなかったので 残念ながら口には入りませんでした(涙)
カニミソが食べられないなんて かわいそう(涙涙)

松濤明も北鎌でしたね。
凄いインパクトでした。
あの死にざまが美学に思えたこともありましたが
クライマーやってる頃は 自分の命は 各自が自分自身の責任で守るものだと考えていました。
雪壁で確保が出来ない時 ロープを解いて それぞれソロで登ったこともあります。
これは正解の無いテーマですね。 

[ 2007/12/11 11:40 ] [ 編集 ]
風雪のビバーク
新版「風雪のビバーク」をつい先日読みました。
あの死に至る記録はすごい文学だと思いました。

加藤氏は浜坂出身なんですよね。kinkachoは「浜坂=カニ」です。それもここ数年前からカニミソを食べるとジンマシンが出るようになって、浜坂に行ってない…
[ 2007/12/11 10:07 ] [ 編集 ]
ガハクさん またまた気が合いましたね!
僕も高校生のとき「孤高の人」に出会いました。
そして単独行という哲学に惹かれました。
それまでの 四六時中仲間とつるんでいる生活に疑問を感じたり
通学路をわざわざ遠回りして 早足であるいてみたり
変な高校生になってしまいました(笑)
[ 2007/12/11 02:18 ] [ 編集 ]
わたしも高校生の時「孤高の人」を読み、たいへん感銘を受けました。何より単独行、というところに惹き付けられました。

わたしが育った静岡県の浜松からでも、デパート屋上の10円望遠鏡で見ると、遠くに雪を冠った連山が見えたのです。霞の上に浮いてまるで異界のようでした。
そういうものを知らなかったわたしは、父親からそれが南アルプスだと教わり、それから雪山に憧れるようになりました。加藤文太郎の名も山好きの父親から聞きました。

『孤高の人』で、生涯でただ一度のパーティ登山が死の原因と読み、
「そうか、山は一人で行った方が安全な場合もあるんだ」と危険な思想も頂いてしまいました(笑)。もちろん今はそんなこと思ってもいません(念のため)。
[ 2007/12/10 23:37 ] [ 編集 ]
ブログスカウトと申します。
はじめまして。「ブログスカウト」の清水と申します。

東京の渋谷にあるコンテンツ制作会社(ライトアップ)で、
人気ブロガーさんのスカウトを担当しております。
「ブログスカウト」 http://blogscout.jp/

日経新聞さんのサイトでも紹介されたサービスです。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=163438&lindID=5

ブログを拝見して、記事がとても充実していると思い
お声がけさせていただきました。

現在、自動車保険を一括で見積もりできるサービスにおきまして、
ブログでご紹介して頂ける人気ブロガーさんをスカウトしています。

もしよろしければ、詳細をご説明させていただけませんでしょうか。
ご興味いただけましたら、以下までご連絡ください。
すぐにメールにて詳細をご説明させて頂きます。
 ⇒ blogscout@media.writeup.co.jp

ご連絡を心よりお待ちしております。

# 突然コメントを書込みました失礼をお許しください。
今回、どうしてもご連絡を差し上げたかったのでこのような
形でアプローチさせて頂きました。
こちらのブログにふさわしくないようでしたら、お手数ですが
削除をお願い致します。
[ 2007/12/10 22:09 ] [ 編集 ]
みいさん いらっしゃいませ!
やっぱ 加藤文太郎知らなきゃ もぐりですよねぇi-199
今思い出しても お腹の辺りが 痒くなる感じですv-398

地方に住んでいると アルプスが遠くて遠くて 
マイカーで毎週の様に中央の山やスキーに行かれる みいさんが羨ましいです。

敢えて山スキーじゃなくて スノーシューですか??
北八ヶ岳 縞枯山~天狗岳間 コースは日程とコンディション次第で自由自在な感じi-184
普通過ぎ…ですかねi-229
[ 2007/12/10 20:26 ] [ 編集 ]
我らの・・・^^
うわ~!! 我らの・・・加藤文太郎ですよ・・・やはり・・・^^
山をやる(?)人なら知らない人はいない・・・!
・・・と、信じております・・・0^^0
時代はかなり違いますが、色んな面で憧れです・・・v-344
浜坂・・・そういう訪れ方もいいかもしれませんね^^

しかしニコさん・・・仕事柄と言え、あちこち~~一体、
ベースはどこなんだろう・・・i-38と、思ってしまいます・・・^^v

スノーシューでテント泊でお薦めエリアって(信州あたり)ありますか・・・v-361
[ 2007/12/10 14:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。