山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大菩薩嶺でMTBに遭遇

20071106032708.jpg

長野県の甲武信岳と 山梨県の大菩薩嶺に行きました。

甲武信岳では 富士山をはじめ南・北・中央アルプスや八ヶ岳 金峰山など
見事な眺望を楽しみました。

大菩薩嶺では 2組5台のMTBに出会いました。

20071106040504.jpg

羨ましく彼等を見送りながらの登山となりました。

大菩薩峠では フリーライド系らしきバイクの2人組みに遭遇。
アクションカム?でしょうか ヘルメットにカメラを装着されていました。
これから ダウンヒルだったのでしょうか?
羨まし過ぎて 見なかったことにさせていただきました。

頂上を踏んだ後 カラマツ尾根の入口でお弁当にしていると
今度はXCの3人組が登って来られました。
ちょっと気になる リッチーのフレームが1台。
彼等も大菩薩峠方面に向かわれました。

紅葉シーズンの休日 人気の山域だけに 山中は登山者で一杯でした。
5台のMTBはダウンヒルを楽しめたのでしょうか?
誰かが このブログを目される奇跡が起きないかなぁ。


さて 僕が走るとしたら……
山頂スタートで カラマツ尾根に入ります。
上部のガレ場だけは落石の危険もあり 無理は禁物です。
傾斜の落ちたカラマツ林に入った辺りからは お楽しみです。

福ちゃん荘から長兵衛山荘までは 登山道と舗装道路 どちらでもOKでしょう。
登山道を走れそうなのは 平日だけかもしれません。

長兵衛山荘から裂石に向かって 林間の登山道を降ります。
上部は 狭い登山道から転落しないように注意が必要です。
楽しい日帰りコースになりそうです。
どうでしょう?


(写真1)甲武信岳からの富士山眺望
(写真2)大菩薩嶺カラマツ尾根

ブログパーツ



スポンサーサイト
[ 2007/11/06 04:04 ] 登山の話 | TB(0) | CM(9)
IKさん はじめまして
本当に大菩薩山は おもしろそうですね。
具体的な情報までいただき ありがとうございました。
登りが楽で 下りが長くておもしろいなんて 最高ですね。

(裏)日本自転車百名山に載せなくてはなりません。
(注・こんな本は実在しません。もし執筆したら 
 登山業界から袋叩きにされてしまうでしょう。)

いつか 是非 走りに行こうと思います。
[ 2007/11/30 15:24 ] [ 編集 ]
大菩薩は良いですよ~
はじめまして、IKと言います。大菩薩のコース長いしおもしろいし良いコースですよ~。僕は年に1回ぐらいは行ってますよ。小菅村に車を置いて大菩薩峠まで登山道を上がって、丹波山に下りるか、峠から石丸峠を越えて牛ノ寝通りを下って小菅に下りるコースです。どちらも週末でも登山者は少なく良いコースです。上りも標高差は1300ほどありますが、担ぎが連続するような登りはなく楽です。また山小屋の人もめずらしくMTBに理解があるのでその点も良いです。ぜひ行ってみて下さい。
[ 2007/11/29 17:01 ] [ 編集 ]
kibidangoさん 
大菩薩嶺はMTBのメッカだったんですね。
是非MTB担いで サイクリストノートを見に行きたいものです。

kibidangoさんの写真 改めて目を凝らしましたら 
確かに大菩薩嶺から見た 南アルプスの山々がはっきりと写っていますね。
[ 2007/11/11 23:22 ] [ 編集 ]
景色最高~ですね
こんにちは。大菩薩に行かれたのですね。
ここの大菩薩の尾根は景色がいいですよね~。

実は、ボクのblogのトップの写真も大菩薩の尾根からの写真です。
http://blog.livedoor.jp/kibidango1/archives/51297753.html

大菩薩峠の介山荘には、サイクリストノートがあります。
http://www.k5.dion.ne.jp/~yama_mtb/reporttop/report2004/04yamanashi/0405dai008.jpg
自転車乗りがいっぱい書き込んでいるので、こんど行ったときは、ぜひ見て下さい。介山荘に言えば出してもらえますよ。
[ 2007/11/10 12:28 ] [ 編集 ]
こちらにもコメントありがとうございます。
大菩薩で検索したらたまたまニコさんのブログを拝見しました。
ガイドをなさっていたとは。雷岩のところでお目にかかっていたのですね。
こちらこそ、失礼いたしました。

MTBはたいしたフレームじゃないです。私サイズのフレームがこれしかなかったので選択の余地もなかったのです。部品も変なヤツばかりでして。(変な部品が好きなんです(^_^;))

ところでMTBはMTBの楽しさ、ロードレーサーにはロードレーサーの楽しさ。
スキーにはスキーの、マラソンにはマラソンの、ヨットにはヨットの、登山には登山の。。。。と全て別の楽しさだと思います。
どれが優劣あるってわけではなく全て質の違う楽しさなのでしょうね。

でしたら、それを全て楽しんでしまおう!ってのが私の節操のなさなんです。
同じ時間なら出来る限り濃密に遊びつくしたい今日この頃です。
[ 2007/11/08 23:34 ] [ 編集 ]
ここにも偶然が
たった今 ガハクさんのブログにカキコしてきました。

よーいちさんのブログ 是非 覗いてみてください。
大菩薩嶺のとっても楽しそうなコースが載ってますよ。
近くだったら 明日にも走りに行きたい感じです!
[ 2007/11/07 16:44 ] [ 編集 ]
ガハクです。
いやー、ほんとにこんな偶然があるんですね。でも偶然とも言えないか、、、世間はけっこう狭いもので。大菩薩、MTB、とタグればね。
天気の良い尾根道に横たわるMTBを横目で見ている瞬間のニコさんの羨ましさ、胸に迫って来るような気がします。
まだ大菩薩行ったことないですが、近くの山道で出会った山登りのご婦人二人連れが私のMTBを見て、
「こんなバイク、大菩薩でいっぱい見た」と言ってました。
[ 2007/11/07 16:17 ] [ 編集 ]
よーいちさん 奇跡です!
一応 はじめまして。
こんな事って あるんですね。
感激です。
よーいちさんがカラマツ尾根を登りきられたとき 弁当を拡げていた団体登山グループのガイドをしておりました。
お客様から
「リーダー 自転車よ。乗りたいでしょ~」
なんて随分冷やかされました。
皆さんが MTBを置いて頂上に行かれた間に
「乗って行ってもいい?」
なんて 勝手に盛り上がらせていただきました。

ところで よーいちさんのMTBもしっかり チェック入れさせていただいています。
コメンサルというメーカーをよく知らなかったので ???興味でした。
りッチーだけコメントしていたので 正直ちょっと気まずいです。
リッチーのクロモリに興味があったもので…
その上 メーカーもよく知らなくて 更に申し訳ない。

失礼な奴ですが 懲りずに またカキコくださいね。
よろしく!
[ 2007/11/07 01:14 ] [ 編集 ]
どうも。
奇跡的にブログ拝見しました、XC3人組の方です。

大菩薩嶺~牛の寝通りを通って奥多摩へ抜けました。
このルートは輪行で塩山~奥多摩駅まで縦走できて人も少ない(今回は登山者1人だけでした。)ルートなのでオススメですよ。

私が知る限りでMTBにとって一番といっていいくらい良いコースです。
[ 2007/11/07 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。