山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

試走2 ピッチングモーション?

20071006115253.jpg

再びSコースに試走に出掛けました。
いきなりMAX50km/h急坂で異変が起きました。
入り口は急坂ゆえに ブラインドとなており 飛び込むまで先が見えません。
通常はスタート地点からハイカーの姿を確認して 走り始めるので怖くありませんが
この時期 木々は葉を着け 草は伸び放題で確認も出来ず
その先も ほぼ直線ながら 微妙に曲がり 見通しはききません。
石ころ ゴロゴロの路面はいつもより荒れていたかもしれません。

試走は日頃になくブレーキを多用する事となりました。
石ころにタイヤをとられるのは仕方ありませんが
それにしても MTBのハンドリングは不安定過ぎます。

1.いつもより 石ころの浮き過ぎた路面のせい。
2.走り方が悪く びびり過ぎブレーキングのせい。
3.ピッチングモーションでバランスが崩れるほど Fフォークの立ち過ぎているせい。

もし Fフォークが原因だとすると 事態は深刻です。
早速 比較のためにJ・ダカールに乗り換えて 再試走を試みました。
やや安定感を取り戻した気もしましたが コース全体を走った感じでは
MTBそのものやシングルクラウンサスの剛性不足から かなり不安定です。
それに比べればキャスター角度の立ち過ぎは それほど深刻な問題でもなさそうです。
答えが出るまでには 更に走り込みが必要です。

それにしても 全く乗れていなかったS-Worksのタイムと
そこそこ走れた感じのしたJ・ダカールのタイムが変わらないと言う事は
やっぱり 高速系のコースでは ヘビーなバイクが速いと言う事なのでしょうか?

ブログパーツ

 
スポンサーサイト
そう言えば
林道の下りが走りやすかったです。スピードも出せました。リバウンドダイヤル最強でした。そのせいだったのか!?
今度最弱もやってみます。(その都度登らんといかんわけだ、、、)
ありがとうございました。勉強になります。
腕が上がったのだと思って満足していましたよ、わたくし。
[ 2007/10/15 23:52 ] [ 編集 ]
ガハクさん
異変とは リヤサス交換前と後の違いのことです。
ちなみにこの日のスピードは40km/h程度でした。

さて Fサスのセッティングの違いの感じ方ですが
まずは リヤタイヤの接地感の違いをチェックしてみてください。
路面が硬く ドライで 適度に荒れている路面 林道などで
ちょっと飛ばしてみてください。
安定感 接地感の違いが感じられると思います。
ただしこれは 速く走る為のセッティングの話です。


[ 2007/10/15 21:59 ] [ 編集 ]
異変、って?
いきなり50km/hとは恐ろしい~です(~~;)
荒れた路面でまるで転がり落ちるようじゃないですか、、、。

でもいつもと違うとしたら、もしかしたらしばらく離れていたMTBの乗車勘の鈍りでは?などと生意気なことを思いつくガハクです。

教えていただいたFサスのリバウンドスピード調整(more→less→more)をしてみました。フロントアップなどは速いスピードの方がやり易いみたいです。しかしオフの下りとなると、いつものように精一杯バイクをコントロールしていたなと思うばかりで、違いまでは感じる余裕なし、でした。もうちょい研究してみます。
[ 2007/10/14 00:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。