山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新しいタイヤに順応する過程

T海20114.4

リヤにラーセンを履いて2本目のトレイルライドです。
一番のお気に入りホームコースへ。

前日迄の雨で トレイルはセミウェット。
根っこや 苔むした岩が滑りやすく 
どんなタイヤでも辛い感じです。





走り初め 根っこと岩でのスリップが怖くて
無駄にブレーキを掛けて 前輪後輪ともに接地感が得られず
ペースが上がりませんでした。

そこでフロントタイヤの ライン取りだけに集中。
ようやく バイクが体の下に落ち着き始めました。

フロントタイヤのグリップがコントロール出来ていれば
リヤタイヤのライン取りの自由度が ぐっと増してきます。

ラーセン(リヤタイヤ)は 軽いタッチのブレーキコントロールで
左右に流れてくれるので コントロールしやすく 
タイトコーナーも スイスイ抜けて行けます。
直線的に走っている時の タイヤグリップは十分。
いい感じになってきました。

おっと
急坂でのブレーキングで リヤタイヤがグリップを失うと
一気に抜けてしまい 瞬間的に足が出てしまいました。
グリップの限界も分かってきたかな。
走るのが楽しくなってきましたよ!

O山2014.4




最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2014/05/06 00:35 ] MTBの乗り方 | TB(0) | CM(2)
メロビさん
ご無沙汰してます。

僕 怖いほど飛ばしてないですから(笑)

フロントタイヤをコントロールする瞬間は後ろに乗ってないと…
と思いますよ!

[ 2014/05/09 00:53 ] [ 編集 ]
>そこでフロントタイヤの ライン取りだけに集中

これ、うまくできないです…
わかってはいるんですが、怖くてついつい後ろに乗っかっちゃって(^^;
[ 2014/05/08 13:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。