山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上高地と蝶ヶ岳と自転車

20070918104206.jpg

先週もまた 穂高に行きました。
今回は奥穂高岳です。

今日の記事は 既に時効だと思う 上高地に自転車を乗り入れた(昔)話です。 


昔々 小梨平キャンプ場をベースに徳沢辺りから 上高地までMTBで走ったことがあります。
最初は上高地が自転車乗り入れ禁止とは知りませんでした。
そして キャンプ場内でMTBに乗っていて注意を受けました。
バスターミナルと河童橋の間のゲート(当時あった)からは乗り入れ禁止とのことでした。

しかし そんなことで 諦めるわけがありません。
明神池側の自動車専用林道から 梓川上流を目指し 
新村橋を渡り徳沢・横尾間 梓川左岸の登山道に乱入。

20070918104344.jpg

そのまま 横尾まで行き 蝶ヶ岳にMTBを担ぎあげました。
稜線は岩や石ころだらけ。
MTBはフルリジット。
山の上で走れたのは僅か数分でした。
しかし景色は最高でした。
残雪の槍・穂高の縦走路を見渡します。

下山の長塀尾根は悲惨なものでした。
上部の残雪にタイヤをとられ 転倒を繰り返し
下部の段差の深い登山道に 殆ど乗れないMTBを押続けました。

徳沢園まで下山して ひと安心です。
ここから上高地まで 約6kmの快適な梓川左岸の道を
走らずにはいられません。
日没直前 人通りの無くなる時間を待ってスタートです。

多少の登りはありますが 概ね緩やかな下りが続き
軽くペダルを漕ぎながらスピードを上げられるコースです。
あっと言う間に小梨平キャンプ場に帰り着きました。

その日以来 何度もこの道を歩きました。
許されることなら またこの道を走ってみたいと
常々思いながら歩いています。

さて先週 徳沢園のすぐ先の曲がり角で
「この先に自転車を乗り入れないでください。」
の看板を見つけました。
「この先」?
意味するものは…
「ここまでは乗り入れて良い。」
と言う意味なのでしょうか???

どなたか ご存知でしたら教えてください。
上高地の自転車乗り入れ事情について。


(写真1)涸沢岳から奥穂高岳を見る。赤い屋根は穂高岳山荘
(写真2)朝焼けと雲海の中の蝶ヶ岳

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2007/09/18 16:24 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(12)
徳本峠の道
新島々からはいる徳本峠越えの道は、昨年も橋が落ちたまま修復されてなくて通れなかったですが、通れるようになったんですかね?
なんでも長野県が修理してくれなくて、知事が変わったからどうかな~って昨年山小屋のおじさんが言ってましたけど、実際どうなったんでしょうね?
[ 2007/09/30 23:26 ] [ 編集 ]
kibidangoさん 
やっぱりそう解釈しますよね。
それなら次回は 徳本峠をメインテーマに走りたいものです。
島々から 上高地または徳沢往復なんてプランが楽しそうですね。
ただ クマが怖そうi-230
[ 2007/09/30 11:21 ] [ 編集 ]
看板はボクも見ましたよ
新村橋の所に書いてある看板でしょ。
ここまではOKのようですね。
昨年も徳沢の近くで自転車を見ました。
でも、釜トンネルは走りたくないですよね。バスかタクシーで輪行ですかね。
[ 2007/09/27 20:48 ] [ 編集 ]
Vとディスク
ニコさんのお言葉を読んで思い出したのは「弘法は(実は)筆を慎重に選ぶ」ということでした。自分が書こうとする字が書ける筆を書家が選ぶのは当然なことです。
MTBの場合もどんな走りをイメージしているのかということだと思います。ダートを猛烈なスピードでかけ下りスライドターンそしてジャンプ一発。そんな走りに執念を燃やすのであればそういうマシンにするだろうし、バランス技を極めたいと思えばやっぱりトライアル車でしょうか。機能には、先人が試行錯誤して開発してきた意味がちゃんとありますからね。自分がやりたいことをしっかりアシストしてくれるはずです。

Vとディスク、どっちにも興味いっぱいなガハクです。
[ 2007/09/21 14:03 ] [ 編集 ]
ガハクさん
MTBの世界で Vだろうが ディスクだろうが 
そんな事は 好きなものを使えば良いと思っていますよ。
間違っても どちらかを 主張する気は全くありません。

ただ 僕自身は クライマー時代に
エキスパートなクライマーたちが 最新のギアを導入しながら
それに伴って 技術やスタイルを進歩させていく様を見てきました。

だから 最低でも世の中に定着した新しいギアには追従しないと
古い技術やスタイル(効率の悪い)から抜け出せないと考えています。

古いスタイルが悪いと思っているわけではありませんが
クライミングなら より困難なルートを登りたい
MTBなら より速く走りたいと思っているだけです。

さて Vブレーキは古いギアではありません。
ディスクブレーキとはカテゴリーの違う 
今でも先端をいくギアだと考えています。


[ 2007/09/21 06:01 ] [ 編集 ]
安心しましたー?。虎はこれで安泰だ。でもニコさん、ご無事にお帰りくださいね。

全指グリップ、ジャンプの時の話です。
グリップにも流行があるとは知りませんでした。確かに写真なんか見ると両手人差し指だけ出てたりしますね。
わたしもどっちかと言えば中指派です。左手中指右手は人差し指と中指がクセに。人差し指を練習していますがどうもしっくりしません。
右手(フロント)は指一本では力が足りない、二本は必要な感じです。これもVだから。。。

やっぱりこのブログでは天使は旗色悪いですね。
[ 2007/09/20 11:34 ] [ 編集 ]
ガハクさん
ご安心を!
僕も明日から 4連戦 中1日で5連戦です。
終わった頃には 美酒に酔えることでしょう。

全指グリップじゃないと不安になるほど力入れると 上体全体が硬くなり スピードについていけなくなりませんか?
それとも 走りではなくて ジャンプの瞬間のグリップの話なのかな?
グリップは主に小指と薬指でドアノブを握る感じでつかみます。
一番グリップに力が入るのは 人差指1本ブレーキです。
今 人差指ブレーキ全盛時代ですが 僕は昔からの習慣で中指一本派です。
いずれにしても 一本指ブレーキにはディスクかなと… 
またまたサタンの声が…
「かかってきなさい まっちゃん天使i-278
て言うか まっちゃん天使は これ読んでないかi-229
[ 2007/09/20 10:07 ] [ 編集 ]
虎とMTB
ニコさん。いらっしゃったんですね~どうりで・・・ぼろ負けじゃん。明日は移動日、その後また9連戦ですぜ。
(ガハクは何を言いたいのかな?)

MTB、今日もわたしはジャンプ!でした。ブレーキレバーに指一本でもかけているとうまくグリップに力が入りません。残りの指だけでもしっかりグリップが握れるように練習しよう!
[ 2007/09/20 01:38 ] [ 編集 ]
みいさん
はじめまして。
早速 上高地情報 ありがとうございます。
もし乗り入れ可能なら 今度は徳本峠を攻めてみたいものです。
ただし 登山者の少ない時期限定です。
 
実は 山屋さんのご訪問に ちょっとプレシャーです。
「山道を走るMTBは 登山者から目の敵にされるんだろうなぁ」
的なスタンスでMTBブログ書いてるんですよね。
そんな変な登山ガイドですが 宜しくお願いします。




[ 2007/09/20 01:21 ] [ 編集 ]
ガハクさん
奥又白 懐かしいなぁ~
初めて穂高で合宿した場所です。
人知れず素敵なキャンプ地のはずが 
池のほとりがキジ場になっていてショック。
迷い込んできたハイカーの女の子の京都弁にメロメロ。
前穂4峰正面壁を登りました。
[ 2007/09/20 00:54 ] [ 編集 ]
初めてお邪魔しま~す^^v
はじめまして~v-435

先日、上高地入りしたら、自転車で釜トンを登って来るグループが・・・@@
タクシーの運転手さんに聞くと、上高地までは完全にOKだと言ってはりました・・・^^
やはり、見られた看板まではOKなのでは・・・?

ガイドさんをされているのですね0^^0
登山のv-295内容が、とっても興味深く~うん・うん・・・と読ませて頂きました~^^v

また、お邪魔させて頂きま~すv-291
これからもよろしくお願い致します^^v
[ 2007/09/19 07:48 ] [ 編集 ]
ニコさん、って色んな所を走っているんですねー、根っからの冒険MTB野郎だ(野郎は敬意の表現)、すごい!
行けそうな所なら行こうかというのではなく、行きたいところへ行く。という姿勢を忘れたくないものです。人生もそういう風に行きたいと思うガハクです。

2枚の山の写真とも素晴らしいですね。見ているだけでどきどき。奥穂、行ったのは一回だけ、涸沢にキャンプしたのが思い出です。回りがロッククライミングパーティーばかりなのが仲間みたいで妙に居心地良かった、奥又白の池でキャンプしたのも貴重な経験でした。
全部MTBでならどうなるのか、と考えると面白い(妄想家ニコさんの影響)ものですね、自分が山に登っていたことがこんな風に役に立つとは。
(長文でスミマセン)

でも排気ガスはオッケーで自転車の轍はダメ、とは不思議な国ですな。
[ 2007/09/18 19:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。