山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マッターホルン回想

マッターホルン

イモト またまたやってくれました。
マッターホルン登頂おめでとうございます。

イモトさんとイッテQのお陰で
すっかり忘れてしまっていたマッターホルンの登山道。
登っている本人からは見られない ヘリコプター目線からの全体像
そして山頂からの大展望を見る事が出来ました。





古い山日記を読み返しながら テレビを見ると
少しだけ記憶が 蘇ってきました。
それにしても 傍から見ると 高度感満点の恐ろしいコースです。

昔話です!
当時 シャモニモンブラン周辺の山々を登攀しながら
マッターホルンのコンディションの回復を待っていました。
シャモニの登山ガイドが知り合いだったので
彼らの ガイド登山に日程を合わせ マッターホルンへ向かいました。


装備は ヘルメット アイスバイル アイゼン ロープ1本 テープ3本  
カラビナ4枚 エイトカン ヘッドランプ シュラフカバー 水筒 
服装は着の身着のまま&手袋 
食料は ソーセージ5本 チョコレート1枚 チーズ1切

今から思えば 随分軽装ですが テレビでもありましたよね
事故を防ぐ最大の防御 スピード=安全
という訳で アルプスでは 身軽=安全なのです。



マッターホルン下部b

マッターホルンの下部は 最短ルートを外すと時間が掛かるので
途中まで ガイド一行と同行させてもらいました。
もっとも僕は単独登山なので ザイル確保はありません。

マッターホルン東壁b

ソルベイの小屋からは ガイド一行と別れ 一人で登りました。
身軽な単独。他のパーティーのロープを潜りながら 追い越して行きます。
フィックスロープ帯は 雪を払いながら登るので 
ウールの手袋に雪が詰まり ロープが滑るため 握力が失われて困りました。

頂上雪田マッターホルンb

緩やかな上部雪田を越え ビクトリーロードを渡りスイス側山頂に到達。
11時05分山頂。(4時45分出発)

頂上マッターホルンb

日記のコメント
「ピークハントに意義を感じるのは何年ぶりだろう。」
当時の僕は なかなかのビッグマウスだったようです。(笑)




普通 急いで下山をする時間ですが 僕にとっての山頂はもう一つ先。
憧れの登山家 ボナッティが 最後の先鋭的登攀に選んだ 
冬季単独マッターホルン北壁新ルート。
彼がイタリア側山頂で 抱きついて涙した 黒い十字架を触る事でした。

十字架マッターホルンb

北壁上部を 慎重にラッセルして イタリア側山頂を目指しました。
40分くらい掛け ようやく黒い十字架へ。

スイス頂上マッターホルンb

振り返ると スイス側山頂が霞んでる。
頂上には登山者が見えます。
スイス側頂上から下山開始したのが12時05分
この時間ロスが 下山を困難なものにしてしまいました。

下山はロープを使って 懸垂下降を繰り返します。
半分以上 下山した頃 吹雪と雷が襲来。
仕方なく 登り返して ソルベイ小屋に避難する事に。
このルートで唯一のⅢ級のロッククライミングのピッチ
モズレイスラブを2度もノーザイルで登る羽目になりました。(笑)




P1010259.jpg

今の僕は あの頂上に立つよりも 山麓をMTBで走る方が幸せです。
それに 登るのは命懸けで 相当怖そうです。



予想通り イモトは楽勝で登ってしまいましたね。
そして速い!
アイゼンで岩を登るのって 結構難しいものですよ。
パートタイム・アルピニストで あれだけ登れれば立派

次はヒマラヤ8000m級!
アンナプルナあたりでしょうか?

でも心配。
いくら名ガイドが付こうとも 自然は甘くありませんから
イモトのために これ以上の悪ノリは止めて欲しい気がします。

登山家や冒険家は 有名になりスポンサーが付き始めると
その圧力から 自分の意図しない行動をとってしまう場合もあるようで
危険な領域に足を踏み入れてしまうのです。



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2012/10/02 12:43 ] 登山の話 | TB(0) | CM(4)
コメントありがとうございます。
☆kinkachoさん

アイゼンを付けて ヨタヨタ降りたのでは危なくて仕方ありませんから
ヘリコプターで良かったかも。
何せ彼女は芸人ですから。
って事は やっぱり ツッコミが必要ですね(笑)

黒い十字架は 昔の僕の右上に小さく写ってますよ。
イモトが立ったのはスイス側頂上でした。



☆ちんきーさん

そう言えば最近 芸能人の怪我多いですよね。
舞台の上なら 殆どは怪我で済みますが 
山では 命に関わる場面が多過ぎますよね。
今でも 十分にエスカレートし過ぎです。(笑)

イモト ポテンシャル高そうですよね。
でも 本物のアルピニストになってしまったら
娯楽番組の価値が無くなってしまうので それもつまんないかも(笑)



☆IKさん

ヘルンリ稜コースは ちょっとスリリングな登山道ですよね(笑)
そして黒い十字架にタッチしないとね~
仲間がいて 嬉しい感じです(笑)

それにしても ボナッティに会えるなんて!
確か最近亡くなられましたよね。

マッターホルンやモンブラン アコンカグアやキリマンジャロと
ヒマラヤは ちょっと話が違う気がしますが

昨今のヒマラヤスタイルで シェルパにロープ張ってもらって
酸素ボンベだけ背負って ひたすらユマーリング作戦でしょうね。
やだやだ テレビの娯楽番組に アルピニズムを冒涜されたくないな~。
[ 2012/10/04 01:19 ] [ 編集 ]
 あっはっはっはっは、この記事読んで思わず笑っちゃいました。

 僕も十字架まで行きましたよ。僕は2人で登ったのですが、スピード重視で登りはロープは使わずに一気に登って日帰りしました。
 コースはそれほど印象に残っていないのですが、登頂した達成感はやはり一番残っています。
 しかも登った後、クールマイユールで偶然ボナッティに会いました。

 たしかにイモトのマッターホルンはたいしたもんですが、ただ事故が起きないうちにそろそろ止めさせてやりたいですね。
[ 2012/10/03 08:49 ] [ 編集 ]
自分も見てました。

プロフェッショナルのニコさんに「パートタイム・アルピニストで あれだけ登れれば立派」と言わしめるイモトは凄いですね。
相当ポテンシャルが高いのでは?
このまま芸人辞めて真のアルピニストを目指しても良いのではと思いますね。

大いに感動した自分ですが
>これ以上の悪ノリは止めて欲しい気がします。
このコメントには素人の自分も大いに同感ですね。
やっている内容は全然違いますが周りのTVスタッフがスギちゃんが怪我した番組スタッフと根っこでは同じ方向に向いているような気がします。
このままエスカレートしていけば何時か取り返しのつかない事故が起きてしまうのでは・・・
[ 2012/10/02 23:19 ] [ 編集 ]
十字架
ニコさん、こんにちは。
イッテQ見てました。(いつもは平清盛を見てます。)
イモトの「寝てる」温度差発言に頷いてました。
でも、登っちゃいましたね。下山はしてませんが。この手の映像では下山まで映せよと突っ込むばかりです。
頂上の映像で十字架がないと思ったら、北壁にあるんですか。マッターホルンの頂上には十字架があると刷り込まれてました。
[ 2012/10/02 21:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。