山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パニックブレーキ

DSC00028.jpg

初心者と走る走行会は 感動の連続です。
この前まで 怖がってMTBから降りていた坂道を 
突然 乗って降りたりするわけで。
見ている側も ハラハラ ドキドキ 手に汗握り。
…そして感動!



最初から最後まで なだらかなトレイルが続く山道なんて 
滅多にあるものではなくて 急坂との遭遇は必然。

イメージトレーニングの意味で 乗れる所は全て乗って見せます。
「こんな所も乗って降りられるんだ」と インプットしておけば
MTBerのイマジネーションが より広がります。

「乗れそうな所は全て乗る。乗る自信のない所は降りる。」
が教室のルール。




急坂下りのポイントは まずメンタル。
ライディングポジションとブレーキング。
そして 怪我をしない為の脱出方法。

カンチブレーキを使っていた 自分が初心者の頃と比べ
近年 油圧式ディスクブレーキが標準化し
プレッシャーが掛かった時 思わず握ると きき過ぎて
初心者には フロントブレーキのコントロールが難しくなりましたね。

パニックブレーキしてしまうと大変。 
急坂の途中で後輪浮かせて 真横に向いても 尚 持ちこたえたり
低速走行中 ブレーキが利き過ぎて 突然投げ出され 谷にダイブしたり
エキサイティングな生徒さんたちです!(笑)
早くもヨーロッパアルプスへ 走りに行きたいなんて夢も膨らんでいます。

地元(山口県)の初心者MTBer 参加者募集してます。
競技系ではなく ハイキング的 旅系の教室ですから 中高年大歓迎です!






w山山頂

今回のコースは超マイナーなお山。
ざっくり積もった落ち葉の道は 猪に掘り起こされまくりで
これまで一度も 誰とも出会った事の無い 静かな貸切トレイル。
山頂からは ユニクロ本社が見下ろせます。



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2012/04/26 12:51 ] 自転車ツアー | TB(0) | CM(5)
輪人さん
CTスキャンとは…先輩!
流石オートバイ乗りは筋金入りですね。

陥ろうと思ってパニックになる訳ではありませんから
仕方ありませんよね。
僕だって 何度も経験ありますし。

転倒=上達ですよね(笑)
[ 2012/04/29 22:13 ] [ 編集 ]
パニックブレーキは仕方が無いと思いますよ(笑
私もそれで崖下に転落した過去がありますからねぇ・・・(^_^;)
オートバイライダー時代も2、3回やった経験があります。
前輪ロックで空中ダイブし気絶、気が付いたらCTスキャナーの中だったとか(苦笑
まぁ転んだり落ちたりしながらスキルアップするのが正しい姿かと。
私も気を引き締めねば。
[ 2012/04/28 20:39 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
☆ちんきーさん

そんな風に言っていただいて ありがとうございます。
ちんきーさんだったら トライアルの特別講師として 参加いただきますよ!



☆HOTASさん

マイホーム記事 興味津々 見てますよ!

クライマー時代に苦い経験があります。
自分たちのイデオロギーと正論ばかり主張し
岩場が常連にとって都合の良いように整備され
初心者や外部からやってきたクライマーには 
危険な物になってしまいました。 
[ 2012/04/27 19:03 ] [ 編集 ]
そういうことが
そういうことが大事なんですよね。
どうしても自分のレベルが上がれば自分が楽しみたくなる。
MTB に限らず…ですが、スポーツ愛好の敷居を高くする原因をその辺に感じたりするのです。
[ 2012/04/27 05:06 ] [ 編集 ]
楽しそうなMTB教室。
自分も参加したいなぁ~
[ 2012/04/26 23:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。