山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男子会で行くDH&XC

s山シングルトラック

単独走行の機会の多いニコにも(笑)
10年くらいの付き合いになる 下り系mtberの仲間たちがいます。
この男子会 なかなかスケジュールが合わなかったのですが
久しぶりに一緒に走る事が出来ました。

お城山

お城山は 午後も遅めにのんびり出掛けて 頂上で黄昏れるのが最高!
瀬戸内海を見下ろす展望の良い山。

山頂から いきなり急な石段に始まり 一瞬の快適な尾根道を抜けた後は
下る程に 終始クイックに折れながら 段差をどんどんと降りて行く
走り応えのあるシングルトラックです。

何度走っていても ブランクが開くと 途中何カ所は突っ込む勇気が出せず 
どうしても MTBから下りてしまいます。

kataさんにとっては 初めて走るコースにもかかわらず 
ピッタリと追走されてしまいました(笑)
流石DHerは速いですね。







S山

翌日はS山でXCです。
シングルトラックあり ジープロードあり 舗装道路あり
山全体に多くのコースが網羅され
地元もサイクリストにも ハイカーにも 人気のお山です。
この山の案内はkataさんにお任せ。


池の側

ところでこの日は MさんもkataさんもHTバイク。
二人とも いつもは ストロークの長いFSバイクで
あっという間に かっ飛んで行く人々です。
このメンバーでXCというのは不思議な感覚で 意外な光景でした。


山頂は踏まず 稜線迄 二度の昇り降りで
お山を一周 十数キロ 約2時間の快適なXCコースでした。


登りは 楽しく談笑(?)しながら走りますが
下りになると あっという間に二人の姿が消えてしまいます。
落ち葉の下は 石ころや溝が隠れている荒れた路面なのに。

あんまり速いので「何も考えてないでしょう?」と聞くと
「何も考えられないだけです!」だそうです。
FSに乗っていて HTに取り残されてしまうのって どうなの(笑)




最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2012/01/12 23:22 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(4)
ちんきーさん
よく言っていただけました ちんきーさん
FS派仲間が増えたら うれしいなぁ

圧倒的にHTが多数派ですからねぇ~。

速く走れる環境(山道)が少なくなって
乗り倒した感や 満足感を得る為には 
敢えてHTになってしまうのでしょうか。
[ 2012/01/16 20:46 ] [ 編集 ]
うーん、記事を見てますますフルサスが欲しくなりました。
[ 2012/01/15 23:08 ] [ 編集 ]
kataさん
また行きましょう!
バンプトラックもよろしくね!
[ 2012/01/15 20:26 ] [ 編集 ]
新鮮
新鮮な二日間でしたね。
またお願いします!
[ 2012/01/13 22:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。