山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゲレンデだけに直滑降and斜滑降

20070803004837.jpg

広島県の奥三段峡は登山道の無い美しい渓流です。
滝を登ったり 淵を泳いだり 飛び込んだり 沢登りは楽しいのです。
沢登りのガイドは台風の影響で2日目はキャンセル。
思いがけなく時間が空きました。 

広島県最高峰 恐羅漢山は 東面にスキー場が広がります。
久しぶりにMTBに乗るチャンスです。

ゲレンデ下のキャンプ場は クマ避けの電線で囲まれています。
西中国山地でも クマの多い山域です。
秋田県の鳥海山で見かけたクマ事故ニュースの影響で 弱気モード。
森林コースはやめて ゲレンデ内の登山コースから登りました。

いざ登り始めると 見た目以上に急斜面で きついです。
これは連日の登山の疲れの蓄積でしょうか?
いやいや やっぱり単純に暑さのせいでしょう。
ゲレンデを抜け 登山道が森林に入る所を終点としました。
山頂にはまだ5~600m登山道が続くようです。

さてDHです。
上部シングルトラックは ササに覆われた小さなジグザグ道で
加速する暇がありません。
すぐに丸太の階段道に変わるので ゲレンデにコースをとりましたが
今度は深い草に覆われ 足元が見えません。

障害物に当たり前転を防ぐため 腰を引いたポジションになります。
ゲレンデだけに上部の急斜面の直滑降にはブレーキが必然。
草地でリアタイヤに重心を掛けてブレーキングすると横滑り。
なんだか 納得できない斜滑降になってしまいました。

下部は背の低い草地となり 一気に加速。
ゲレンデのように硬い土の道で 時速40km/hを越える辺りから
接地感不足です。

セッティングの問題ではなく リアサスのエアーとバネによる
フィーリングの違いです。
シングルトラックでは キビキビと走るエアサスが楽しいけど
高速走行では やっぱり懐の深いバネサスが良いよねぇ。
車重の軽い 新しいDHバイクが欲しい今日この頃です。

1kmも押して登って 3~4分しか走れないなんて・・・
夏もリフトに乗せてくれ~
 


ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2007/08/03 10:20 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(2)
ガハクさんへ 
今回は個人ガイドで 車移動でしたので MTBがありました。
ツアーの場合はバスや飛行機移動になりますので 
さすがにMTBは持ち歩けません。
「ここに MTBがあったらなぁ・・・」と いつも悔しい妄想と戦っています。
[ 2007/08/05 13:03 ] [ 編集 ]
沢登りも良いですねー
と言ってもそんなにやってません。滝を登ってびしょ濡れ、というのはありましたが、泳いだということはないです。
それにしてもツアーガイドのお仕事、ニコさんはどこへ行くにも、とにかくMTBは用意しておくというわけですか?
[ 2007/08/04 01:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。