山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山でブヨとクマに遭遇した話

皇海の森

群馬県の皇海山・武尊山・赤城山(黒桧山) 登山をしてきました。

皇海山はスカイ山と読みます。
武尊山はホタカ山と読みます。
黒桧山はクロビ山と読みます。

梅雨明けの快晴・雷雨・熊・虫・花に遭遇する 盛り沢山の山登りでした。

初日は皇海山登山。

森の海

山の名前に海という文字が使われているのは不思議です。
皇海山の「海」は「開」という字の 当て字によるものらしいのですが
展望地から 登山ルートとなる谷筋を見下すと
緑の海と呼びたくなる位 広大な森が広がっていました。

梅雨明け

朝は小雨模様の中のスタートでしたが 午後には日差しが射し始め
どうやら梅雨明けを迎えたようです。





2日目は武尊山登山です。

日差し 武尊

新緑が朝の日差しに輝く 林道歩きから登山がスタートします。
山頂付近では ハクサンシャクナゲが咲き始めていました。
青空も 午後下山を始める頃には 白いガスに覆われ始めます。

ハクサンシャクナゲ

樹林に入った頃 急にブヨの大群が 顔の回りを覆うように集まり始めました。
目や鼻や耳に しゃべれば口にも 虫が飛び込む程で 
暫くは 阿波踊りの様に 両手で払っておりましたが 
段々と精神が錯乱しそうな気分になってきました。

防虫対策1

特に防虫対策は用意していなかったので 奥の手!
葉っぱを取って 帽子の間に挟み 目元を中心に顔だけは守りました。
前方や上方の視界が悪くなるのが難点ですが 足元はしっかり見えるし
顔にあまりブヨが来なくなり 殆ど手を振らずにすむ様になりました。

やがてブヨ攻撃から開放されると 今度は雷雨となりました。
朝の木漏れ日の美しい森の小路は 雨水と土砂の流れる沢道に豹変。



ようやく難所を抜けて 林道に出て 一安心。
後ろの方のお客さんと 話しながら下山をしていると
先の方で 皆が固まって こちらに色々な合図を送ってきました。
人差し指を口の前に立てたり 両手を上げて ゾンビのポーズをとったり。

追いついてみると 20mくらい先をクマが横切って 木の陰に潜んでいると 
先頭のサブリーダーが固まっています。
そう言えば 登山道の標識をかじっていたのも きっとクマの仕業でしょう。

クマの仕業?

そこからはクマの姿は見えないし 
お客様の安全を確保しないと進めないし
出会ったら睨めっこするか?話し掛けるか?なんて考えながら 
怖いもの見たさも少々あって
そのまま一人で進んでみました。

すると 急に後ろの方で お客さんたちが歌を歌い始めました。
おいおい クマが刺激を受けたら困るじゃないか(笑)
残念ながら いやいや幸いにも 木の陰にクマはいませんでした。




3日目は 国定忠治の赤城山です。 
ってそれ誰?(笑)

赤城山展望

赤城山(山群)の黒桧山(最高峰)は お手軽なハイキングコースですが
日本百名山の一つ 登山者にとって貴重な山頂となっています。
その三角点の上に荷物を広げて休憩するハイカーが絶えないもので
次々と登山者に排除されていました。

赤城山三角点

ハイカーの皆さん 休憩する時 
山頂標識と三角点の周りだけは避けていただけると
記念撮影をする時 登山者は とても助かります。



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ

スポンサーサイト
[ 2011/07/11 15:45 ] 登山の話 | TB(0) | CM(6)
ともたん
ブヨが 種類を問わず 葉っぱの付いた枝の周りに行かない性質なのではないかと?思われます。

クマは怖いですよ。
北海道だったら 絶対に行かないよ(笑)
[ 2011/07/15 21:17 ] [ 編集 ]
ともたん
え~ぶよの大群!!
それって葉っぱ付けただけで
寄って来なくなったのわ
葉っぱのお陰なのかな?

熊に遭遇しなくて良かったねぇ~
怖い物見たさで見に行く
ニコさん度胸あるわ~
ともたんは熊牧場でしか生の熊は観た事無いよ~
[ 2011/07/14 17:22 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!
☆メロビさん

帰り道だから 行かない訳にもいかず(笑)
僕もプライベートだったら びびって固まると思いますよ(笑)



☆ガハクさん

一番良いのは 行き過ぎていくるまで待つ事だと思います。
北海道だったら 200%待ちですね。

昨年に引き続きクマ露払い係うを勤めたけど 
この目では見る事が出来ませんでした。



☆ちんきーさん

お客さんも良かれと思って 歌ってくれたのでしょう(笑)
これだけ山に入っていても無事なのだから 
あまり神経質になる事もないのかもしれませんよ。
 

[ 2011/07/12 21:21 ] [ 編集 ]
>急に後ろの方で お客さんたちが歌を歌い始めました。
マジ危険じゃあないですか!
何事も無くて本当にラッキーでしたね。

[ 2011/07/11 23:36 ] [ 編集 ]
熊かあ;)
怖いなあ…どうするかなあ僕なら。
手を叩いて注意を勧告するとか
棒なんかで木を叩いて大きな音を出すとか…
じゃダメなんですかね?
基本刺激を与えずに通り過ぎるのを待つのが良いんですか?

見たい気持ちも痛い程分かりますが(笑。
[ 2011/07/11 18:24 ] [ 編集 ]
20mくらいの藪の中だったら向かってくる事たぶんないと思いますけど
私、絶対そっちに向かって進みたくは無いです。
でも、行かないってわけにいかないですもんね・・・

そして斥候に出て後ろから歌われるとか。
本気で怖いっす(^^;


[ 2011/07/11 17:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。