山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミズバヨウの尾瀬とクマ2011

至仏山と尾瀬ヶ原

先週末 ミズバショウの咲く尾瀬に行ってきました。
梅雨入りが予想より早く心配された天気でしたが 
2日間 晴天に恵まれ 沢山の花々に出会って来ました。

ミズバショウ群落と至仏山

咲き始めは可愛いミズバショウも 時間が経つと巨大化し
群落地は 野菜畑の様相を呈してきますが 今回はピッタリと
小さくて可愛い姿を満喫出来ました。

今年は残雪が多く 咲き始めのミズバショウを見られた半面
他の花々の開花は遅れていました。

シラネアオイ ニリンソウ ヒメシャクナゲなどは
咲いていませんでしたので これから咲き始めるのではないでしょうか。



出会えた花々は

キクザキイチゲ

咲き始めの白いキクザキイチゲとヒメイチゲ

イワナシ

真っ盛りのイワナシ

ショウジョウバカマ

枯れ草風景の尾瀬ヶ原で 一番目立ったピンクの花はショウジョウバカマ

タテヤマリンドウ

ポツポツと姿を見せ始めた タテヤマリンドウ

リュウキンカ

例年 木道の脇を 菜の花畑の様に一面黄色く染めるリュウキンカは咲き始め

ザゼンソウ

最盛期のザゼンソウ

ムラサキヤシオ

標高の低い所で咲き始めたムラサキヤシオツツジ

他にもワタスゲ キスミレ エンレイソウ カタバミ フキノトウ タケシマラン  
桜 タムシバ アズマシャクナゲ オオカメノキなどなど 沢山の花々を見ました。




コースは1日目 鳩待峠から入山。

ミズバショウの群落と燧ケ岳

山鼻から竜宮十字路 ヨッピ橋~東電小屋を回り 下田代十字路で 山小屋に宿泊。

青空と朝靄と尾瀬ヶ原

2日目は残雪の白砂峠を越えて尾瀬沼へ。

青空と新緑oze

森の中から見上げると 青空新緑 そして対面の山には白い残雪

ミズバショウと尾瀬沼

大江湿原を経由し三平下から三平峠を越えて 大清水へ下山。




朝靄の尾瀬

早朝の尾瀬ヶ原は朝靄に包まれ 幻想的な姿を見せます。

ヨッピ橋周辺

そんな時 ヨッピ橋周辺では この日の朝もツキノワグマが出没したようです。

クマ出没看板

クマは必要以上に恐れる事はありません。
脅かさなければ 殆ど襲ってくる事はありませんし

ツキノワグマ目撃情報

特に尾瀬では 情報管理されているし お互いに見通しが利くので
場所と時間帯に注意すれば 遭遇する可能性は低くなっています。

ビジセンターのクマ

以前 尾瀬で登山者が襲われた事がありましたが
ストロボを光らせたり大声を出して クマを刺激した人間の対処が問題でした。

それぞれの登山者の行進に合わせて迫ってくる 大音響の鈴の音が
草原にこだまするカッコーの声も 森や湿原の静寂も台無しにしています。
彼らは何を求めて 尾瀬にやって来ているのでしょうか?

鈴はグループで1つにするとか 見通しの利く所では鳴らすのを控えるとか
自然と敵対するのではなく その中に そっと包まれる様に
自然に対して謙虚になれば もっと自然の素晴らしさに耳を傾けられると思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ

スポンサーサイト
[ 2011/06/07 13:54 ] 登山の話 | TB(0) | CM(11)
ホーリーさん
僕のコメントを削除されるのは全く構わないのですが
ホーリーさんのブログが 表示されなくなっているのが気掛かりです。
ご迷惑をお掛けしたのであれば 大変申し訳ない事です。
もし良かったら経緯などについてメールください。 
[ 2011/06/11 08:26 ] [ 編集 ]
ニコさんこんばんは。
私のブログにコメントして下さってありがとうございました。
しかしながら、やはり今微妙な問題となっており、周辺から削除依頼がかかりましたので、あの文章は削除することとしました。

せっかくコメント頂いたのできちんとお返事したかったのですが、申し訳ありません。
この場をお借りしてお詫びいたします。
[ 2011/06/10 19:28 ] [ 編集 ]
kinkachoさん
尾瀬は良いですよ!
広々とした尾瀬ヶ原の開放感。
ブームも去って 随分ハイカーの数も減り いい感じです。

人の話声や 特に女性の笑い声って 意外に遠くまで響くので
クマ撃退効果バツグンですね(笑)

ツキノワグマとのニアミスは あまり怖くはなかったのですが
北海道でのヒグマの通過待ちや コグマの声を聞いて逃げ出した時は 
本当に怖かったですね。
[ 2011/06/10 00:50 ] [ 編集 ]
遥かな尾瀬
ニコさん、こんにちは。
尾瀬に憧れて幾星霜…未だに足を踏み入れてません。
行きたいよ~~~!!!
登山を始めて以来、熊注意の話題は何度もでましたが、爪あとや臭いを生々しく感じたことはあっても、実物を見たことはありません。助かってます。
kinkachoは熊鈴はうっとおしい方なので付けてません。その分、おしゃべりがうるさいかも…
[ 2011/06/09 10:34 ] [ 編集 ]
ともたん
クマ避けに鈴は必需品ですよ!
もし僕が北海道に住んでいたら 日常生活でも持ち歩いてしまいそう(笑)

ただ一人で2つも3つも鳴らしたり グループで一斉に皆が鳴らしたり
場をわきまえない大音響は 野生の生き物にも 人間にもストレスですね。

本来 クマの方が人を避けてくれますし
出会ってしまっても 刺激しなければ 襲われる事は滅多にないようです。

北海道での登山では 
登山道に出て来たクマが立ち去るのを待ったという話を よく聞きますよ。

ただし コグマと子連れクマ 
見通しの悪い場所での 出会い頭には注意です!
[ 2011/06/09 07:27 ] [ 編集 ]
野生のお花いっぱいですねぇ~
早朝の尾瀬ヶ原本当~幻想的だねぇ~

くまよけで鈴を付けるべきだと
以前TVで専門家の人が言ってけど
違うんだ?
大人数で鈴付けたたらそれは確かに大音響になって
他の野生生物に迷惑な話だもんね~
人間側が刺激しなければ襲われる事は
滅多に無いんだね?(≧∇≦)
[ 2011/06/08 21:49 ] [ 編集 ]
無記名さん
おっしゃるとおり!(笑)
[ 2011/06/08 20:12 ] [ 編集 ]
マウンテンバイクで山を荒らすよりクマ鈴の方がよっぽどたちがイイと思います。
[ 2011/06/08 15:50 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
☆IKさん

僕の登山ツアーでは10年以上 北海道以外は クマ鈴無しです。
北海道にしても 登山者の多い山や 見通しの良い山では 鳴らさない事もあります。
経験的に 大人数で歩いていれば クマは出てこないと考えています。

安全の為にクマ鈴は必要ですが
その場で必要かどうか 少し考えてもらえたらな~
と思います。



☆ちんきーさん

僕も必要に応じてクマ鈴を鳴らしますし
クマ撃退スプレーだって 持ち歩く事もあります。
安全対策は大切です。

その上で 自然に対して 出来るだけインパクトを与えないよう
少し配慮するだけでも 見える光景も変わってくると思います。
昨今のクマ鈴と登山杖は 必要 不必要に関係なく
登山者のトレードマークの様に使われているように見えて仕方ありません。

などと トレイル大好きMTBバイカーが言っても 説得力ありませんね。(汗)



[ 2011/06/07 23:27 ] [ 編集 ]
>自然と敵対するのではなく・・・
ちょっと耳が痛かったです。
果たして自分は「どちら側」の人間なんでしょうか?
考えさせられましたm(_ _)m  
[ 2011/06/07 21:36 ] [ 編集 ]
 たしかにそうですね。早朝は仕方ないとしても、真昼間とかすでにその日に何十人も歩いている登山道では、クマ鈴はしまって欲しいです。
 自然の音を聞きたいのにクマ鈴ばかり聞こえるんじゃおもしろくないですもんね。
 たしか尾瀬の富士見小屋に「クマ鈴はむやみに鳴らさないように」のような感じの注意書きがあったのを見たとき「えらい!」って思っちゃいました。
[ 2011/06/07 19:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。