山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MTBが書店から消える日

book.jpg

数年前 アメリカで買ってきたマウンテンバイク雑誌です。

この頃本屋で MTBマガジンを見ないなぁと思っていたら
先月バイシカル・マガジンに生まれかわった?そうですね。
「そんなことだろう思った」って感じです。


bicyclemag.jpg

どこかの本屋で立ち読みくらいはしていると思います。
残念ながら MTBのファンには インパクトなかったらしく 
全く記憶にありません。
ロード系の記事が多かったのかもしれません。

出版社にも 売れない雑誌を 継続できない事情があると思います。
しかし 人気が下火になる事と 要望がなくなる事は別の話です。
人気が下火になったとき その潜在的な要望は 
とてもコアなものだと思います。


僕も時々MTBマガジンを買っていましたが 
正直ちょっと高いなとは 思っていました。
だからと言って 不要だとは考えていませんでした。
店頭に並ぶ日を楽しみにしていました。

紙の質を落し 一回の記事を減らしてでも 手頃な値段の実現し。
既に不変の存在であるMTBの 国内唯一専門雑誌として
情報を提供し続ける 使命感を持っていただきたかったと思います。


古いアメリカのMTBの雑誌は 
たとえば ジャフメイト(JAFの会員向けに毎月送られる 小冊子)の5割増し程度のもので 全ページの半分くらいは広告です。
数年前の値段が4ドルです。

このくらいで充分です。
月に一度くらい 大好きなMTBの豆知識を得たり
買えもしない ニューモデルを見ながら 物欲と格闘してみたり
仲間と一つの記事から会話が弾む
そんな MTB専門誌が復活してくれないものでしょうか。

  
ブログパーツ




スポンサーサイト
[ 2007/07/19 23:21 ] 日記 | TB(0) | CM(10)
オレンジさん はじめまして
こんなMTB不遇の時代に MTB始めていただけるなんて
うれしいです。
MTB乗ってれば きっと出会いもあります。
そして もし「殺される!」思うくらいの 山なり ツーリングなりに連れてってくれるMTBライダーに出会ったら ナイスな師匠の可能性大です。

オレンジさんに この言葉をおくります。
「本当さ 人生の最大の収穫と最大の楽しみを得る秘密は 危なく生きることなんだ。」 byニーチェ
[ 2007/07/25 07:19 ] [ 編集 ]
Gさん 毎度です
今 MTB雑誌出作ってくれる出版社があれば 
定期購読でもファンクラブ登録でも 何でもやっちゃいます!
[ 2007/07/25 06:52 ] [ 編集 ]
Ryoさん はじめまして
家を一歩でた瞬間から フィールドになってしまう
ロードやクロスバイクが多いのは 当たり前の話なのかもしれません。
しか~し 街中だって段差や凸凹があちこちに
タフなMTBに勝る自転車はないなどと強がっていても
ゴツゴツタイヤとヘビーなボディーは ロードバイクに
ぶっちぎられていくのです。(笑)

同感!生まれ変わりってのは 体裁をつくろった言葉にしか見えません。

[ 2007/07/25 06:45 ] [ 編集 ]
はじめまして
はじめまして、自転車ブログトップからやってきました。
先々週MTBを購入して、本屋でいろいろ探したんですが確かにロード系のがほとんどのような…。
全くの初心者なので本で少しでも知識をつけようと思ったのですがね…( ̄□ ̄)

周りにはMTBに乗ってる人があまりいないのでこちらで勉強させてください。またお邪魔しにきます~。
[ 2007/07/22 16:54 ] [ 編集 ]
それはそれで気分サッパリかも
ニコさん こんにちわ

 netは便利なんですが、雑誌も捨てがたい(捨てられない?)媒体と思ってます。オフロードバイク・自動車の雑誌はあるのにねえ。
[ 2007/07/22 11:47 ] [ 編集 ]
はじめまして
生まれ変わったと言うよりは別の雑誌って感じです。
個人的な感想は…ですが。

ウチの近所はロードが非常に多いですがMTBも
それなりに居ると思います。
[ 2007/07/21 21:27 ] [ 編集 ]
MTBは燃えてるゼ!
どの自転車雑誌もMTB雑誌と化し 
村おこし 町おこしのイベントはMTBレース。
確かオリンピック競技になったり。
大分県には 常設コースを造ったリゾートホテルもありました。

全く 流行を仕掛ける側も 踊らされる側も 
熱し易く冷めやすいにも 程があると思ってしまいます。
しかし この流行大好きパワーこそが かつての経済大国日本の原動力だったんですよね。

そんな時代でも ロードレーサーたちは黙々と走っていました。
今度は我々MTBerの番ですねv-42
[ 2007/07/20 19:48 ] [ 編集 ]
yabuuuさん 始めまして
クロスバイクなんてカテゴリーを編み出した 
自転車業界のマーケティングは見事ですね。

ネットの情報は 確かに凄いです。
PC無しの生活なんて考えられないほど依存しています。
MTBの情報 お勧めサイトありましたら 教えてください。

今後とも 宜しくです。
[ 2007/07/20 19:25 ] [ 編集 ]
MTBは下火ではありません
ガハクです。
雑誌ってのを全くってほど読まないので、正直話についていけないわたしです。さらにMTBを始めて日も浅いため、以前どれだけMTB界が賑やかだったか、それすら元来知らないんです。
でも、もともと他人はどうでも良いマイペースタイプなので、自分の中でどんどん盛り上がっているMTB熱、それで良しとしています。
(悲観的な虎ファンより楽観的な虎ファンへ)
[ 2007/07/20 15:27 ] [ 編集 ]
MTBは下火のようですね
初めまして、こんにちは 
「最近MTBよりクロスバイクとかロードの方が売れ行きが好調」だとショップで聞きました。だからMTBの雑誌がめっきり減っていたんですか・・・。

でも今は便利な時代ですね、皆さんのブログで「商品のインプレ」や「新商品の発売情報」、「買って失敗した!」などなど本屋に行っても手に入らない情報が一杯です。

これからも楽しみに拝見させて頂きますね~(^^
[ 2007/07/20 05:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。