山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フランス大好き!

20070716140927.jpg

楽しいニュースを見つけました。

パリでレンタル自転車プログラム開始、市民にも観光客にも
【7月16日 AFP】パリで15日、レンタル自転車プログラム「ヴェリブ(Velib)」が導入され、1万台以上の自転車が街頭に姿を現わした。
このニュースの動画を見る
さすがフランス人は 発想が違います。





昔 滞在していた頃のパリは 街中 犬のフンだらけ。
いつも足元を見ていないと踏んでしまいます。
それに 石畳が黒くて とても判りずらいんです。
レンタル自転車 臭わないのかなぁ?

交通事情はどうだろう?
元日本代表監督トルシエが 
「車も来ない赤信号を待つようなプレーをするな」
そんな感じの発言をして問題視されたことがありました。

文化の違いなんですね。
パリの歩行者は 信号なんて守らなかったし
自動車の縦列駐車は 本当に前後の車にぶっつけて
割り込んでいたし。
日本では絶対に出来ないことだと 喜んで僕もやってました。
当時はドアミラーも片方だけ着いていればOKだったんです。
何しろ 車検がありませんでしたから。

色んな部分が すごくいい加減に見えても
その分 自己責任が厳しく 保険が とても高くて 
日本ほど簡単には車を所有出来ない国でした。

個人主義 自己主張 そして自己責任。
フランスは「自由」の文化が成熟した国だと思います。


運転話で忘れられないのが 日本には無い ロータリーです。
交差点より大変でした。
とりわけ あの 凱旋門のロータリーは凄いです。 
自分の行きたい通りに出られたら 奇跡でしょう。
慣れない日本人には 自転車といえども要注意かもしれません。

パリの街で便利な交通手段はメトロ(地下鉄)です。
ただ 景色が無くておもしろくないので バスの路線地図を買って
バスに挑戦しましたが うまく目的地で降りられず断念。
その点 自転車だったら 自分のペースで道を探しながら
行きたい場所へ行けて楽しそうですね。

ここ数年 パリはシャルルドゴール空港を経由するだけで
街に行ってません。
来年は あのレンタル自転車を乗りにパリへ行きたいものです。

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2007/07/16 13:14 ] 旅行 | TB(0) | CM(4)
ガハク先輩
ありがとうございます。
いつもカキコミいただき どれほど励みになっていたことか。
感謝しております。
一瞬でも 1位になれるなんて。
うれしいで~すv-221
[ 2007/07/17 10:17 ] [ 編集 ]
トップ走行中ですよ!
これからも引いて行ってください。
ぼくらはついて行きます!
そして隙をみて前に・・
[ 2007/07/17 03:01 ] [ 編集 ]
猫に小判 ブタに真珠
せっかくフランスに来たんだから 花の都パリくらい見て帰ろう
くらいのつもりで生活してましたので 
後で もっと学ぶものが有っただろうにと思うことしきりです。
でも「人生楽しく生きる」という価値観だけは しっかり身につきました。
日本社会では理解されませんけどね(笑)

パリの美術館めぐり好きでしたが 僕には猫・ブタだったかな。
画伯さんとめぐって 芸術を教えていただきたいものです。 
[ 2007/07/16 19:06 ] [ 編集 ]
このニュースみましたよ。
Webで見ました。
さすがパリ経験者の感じ方はわたしらなんかとは違いますね。
以前(10年くらい前か?)美術雑誌で犬のフンのことを読んだことがあります。黒い石畳で見難いとは知りませんでした。
交通事情にも現れているフランス人気質、「自由」の完成度の高さ、わたしたちにはまだまだ学ばなければならないことがありそうです。
[ 2007/07/16 15:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。