山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リアサスは魔法のスティック

kn山

冬がやって来るとMTBシーズンの到来です。
温暖な地域なので 里山は雪も殆ど降らず 虫や藪が消え 路面は乾燥。
ウェアと装備を整えて活動するには 丁度良い気温になります。
夏の間に鈍った ライディング感覚を取り戻すために
ショートルートで テーマを絞った走りこみをしていきたいと思います。



そこで 今回は小さなギャップの連続と 凸凹石の多いトレイル。
平たく言えば 階段状のトレイルの下りに体を慣らします。


ダカール

どれくらいの段差までなら 前転せず
また Fギヤ(バッシュガードやチェーンデバイス)を引っ掛けずに 
Fタイヤを降ろせるかが 今回のテーマです。


ギャップを降りるとき気になるのが リアユニットの 跳ねっ返り。

float_r[1]

以前 速く走りたいと思っていた頃は 
リアサスのリバウンドを 殆ど掛けないセッティングをしていました。

リバウンドを掛けると 走行中 ドスンドスンとリヤタイヤが路面に落ちる感覚
リアタイヤが路面のギャップに追従しない感じ(錯覚?)がしていました。

リアタイヤの接地感が 横方向に多少不安定なのは気にならないので
リバウンドをあまり掛けないセッティングが好みでした。

この頃は 飛ばさないので 乗り心地優先で
大雑把に ダイヤルを真ん中にして乗っておりましたが

大きい段差を降りた後 次のギャップまでに MTBの安定を取り戻せなかったり
体をMTBに押し付けたくなる様な 急斜面でのギャップ通過時
体が飛び出しそうになる リアユニットの跳ねっ返りが気になっていました。


リバウンドノブ

そこで 思い切ってリバウンドを 一杯手前まで掛けてみました。
すると リアタイヤが路面に吸い付いたかの様な安定感!
ここまでMTBの挙動を変えてれるなんて リアサスは魔法のスティックです!

もう少しまめに コースごとに ダイヤルを絞めたり緩めたり 
セッティングを楽しみながら乗りたいと思います。

それにしても 段差でのビビり大魔王は
簡単には退散してくれませんでした。(笑)



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ
スポンサーサイト
いつもの様に山行ってました。
☆IKさん

僕も右ターンの方が苦手です。
気を抜くと 膨らんじゃいますね~(笑)



☆884Rさん

高度なコーナリングテクニックには無縁の今日この頃ですが
それでもフルサスバイクは セッティングが楽しいですね。
[ 2010/11/04 16:06 ] [ 編集 ]
セッティングは
>リアタイヤが路面に吸い付いたかの様な安定感!
いいっすねぇ。
読んでいるこちらがニヤケてしまいます。

サスセッティングはこだわり始めると、それはそれで楽しいですよね。
コースに合わせて変更すると違うバイクに乗ってるみたい感じもします。

サスセッティングは大まかに言えば、ハイスピードならリバウンド早目。
スロー&テクニカルなら遅めっすかね。

自分の場合かつてDHレースに出てた頃は、超急斜面が続くテクニカルコースでは遅め、富士見のハイスピードコースではちょい早目にしてました。

ただし後ろ乗りのライディングスタイルの場合、どんな状況でもスコスコ動く早目セッティングで、積極的に体重移動を行いコーナーでリヤサスを縮ませて出口に向かって車体をプッシュして加速ですっ!
プル&プッシュを繰り返していると、もちろん疲れますが・・
[ 2010/11/02 22:30 ] [ 編集 ]
たしかに
  たしかに快適にスピードが出るところだと、フルサスだとサスに頼ってライン取りもあまり考えずダダダダダ~って下れちゃうので、結果的に上手くならないですよね。
 特に左に比べて右ターンが苦手だし、全然上手くなっていません。

 今おもに通勤や河川敷ツーリングに使っているハードテイルをチョット整備してもっと山で使おうかなと考えています。
[ 2010/10/31 20:05 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
☆IKさん

走る所がしょぼいから そういう事で納得しようとしてるだけかもしれませんけどね~。

1本のトレイル内で 快適な部分でスピードにのってしまうと
テクニカルな部分が急に下手になってしまいませんか?(笑)



☆輪人

フルサスバイクは楽しいですよ~。

体の使い方は サスペンションの代わりだけではなくて
サスペンションも生かさなくてはなりませんから
奥が深い 深い!
って 僕はそんな走り方出来ていませんけど(笑)

輪人さんのインプレが今から楽しみです。



☆ちんきーさん

僕たちはレーサーでも プロライダーでもないので
とりあえず 理屈を押さえて
あとは あ~だ こ~だと感性に任せて
バネの伸び縮みに伴う MTBの挙動を自分なりに感じて
ライディングの楽しみの幅を 広げられればOKでしょう!
[ 2010/10/30 14:24 ] [ 編集 ]
MTBのサスセッティングってむずかしそう・・・・
メーカーごとにサグとか減衰とか違ってそうだし・・
モトクロッサーみたいにマニュアルに事細かにセッティングデーターも無いのでは?
[ 2010/10/29 23:10 ] [ 編集 ]
次期マシンがフルサスなので非常に役立つ情報でした♪
今のHTだと膝の屈伸力で段差の衝撃を吸収(自動二輪の波状路走行みたいな感じ)してたので、リアサスがどのように働いてくれるのか楽しみですわ~(笑
でも3号機は再度HTに戻る予定ですけどね(^_^;)
このままだとHT→フルサス→HT→フルサス・・・を延々と繰り返しそうな自分が居ます。
むぅ・・・ロードバイクが入る隙間がないですね(苦笑
こりゃ嫁の御褒美に期待するしかありませ~ん┐(´~`;)┌
[ 2010/10/29 19:04 ] [ 編集 ]
IK
紅葉シーズンも終わってMTBシーズンの開幕ですね。僕も来週再来週とトレイルに行く予定です。

 ただニコさんのようにテーマを決めて走ったことなんてなく、いっつも適当。(笑)
 乗り方も全くの自己流なので正直「相変わらず上手くないなぁ」っていっつも思っています。
 走る前にはもう少しゆっくり走って技術的なことを考えながら走ろうってたまに思うのですけどね~、いざ走ると楽しくて忘れちゃうんですよね~。
 今シーズンもテーマは技術アップ、ま、毎年「も」なんですけど・・・。
[ 2010/10/29 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。