山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早月尾根から剱岳

剣岳山頂

北アルプスの剱岳へ行って来ました。
昨年ヒットした邦画「剱岳点の記」の舞台となった山です。
その影響から 別山尾根ルートは混雑すると聞いているので
渋滞や落石を避けて 早月尾根を登りました。

早月小屋

標高差が有り 一般にはマイナーなルートですが
トレラン系登山者には 日帰り登山として人気のコースです。
僕はお客さん連れなので 早月小屋泊まりで 余裕の1泊2日登山です。

小窓尾根下部 剣岳山頂と小窓尾根上部

登山口の馬場島や早月小屋からは シルエットになっていた小窓尾根が
森林限界を超える頃から リアルな迫力で迫って来ます。

岩の殿堂

標高2800mポイント辺りから見上げる山頂は 正に岩の殿堂です。

登山ルート1

見上げる登山ルートは まるで岩登り。

登山ルート2

見下ろす早月尾根も なかなかの迫力です。

立山と北アルプス

快晴の山頂からは 北アルプスの山は 殆ど全部見えました。
登山中から見えていた室堂や立山 大日岳の紅葉。
遠く 先週登った南アルプス塩見岳の山頂も見えます。
富士山も白山も見えました。

八ツ峰と後立山

眼下には 長次郎谷と八ツ峰 源次郎尾根の岩場。
見えないのが残念な 北壁やチンネの岩場に思いを馳せます。

乗り物で高度を稼ぎ 室堂から短時間でも登れる剱岳ですが
山麓から山頂迄 歩いて登るのが早月尾根の値打ち。 
そして迫力ある剱岳の姿は一見の価値ありです。 


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ

スポンサーサイト
[ 2010/10/01 03:03 ] 登山の話 | TB(0) | CM(6)
884Rさん
紅葉最盛期の週は 降雪すると危ないので
お客様をご案内するのは 少し前の時期を選ぶんですよ。

早月尾根をキスリングで越えるとは たくましい!
お互い 昔々のたくましかった自分が懐かしい
素敵なお年頃になってしまいましたね(笑)

早月尾根上部は びびらず 退屈せずに楽しめる 良いコースです。


[ 2010/10/13 16:07 ] [ 編集 ]
やはり美しい!
久々に剣の富山側を見せていただき感動です!
紅葉はまだでしたか。

しかし、ニコさんの撮る写真は迫力がありますねぇ。
早月尾根上部って、こんなに険しかったんですね。
昔々、馬場島から巨大なキスリングを背負って、山頂越えや池の谷越えをしたのを思い出しましたよ~
[ 2010/10/11 02:18 ] [ 編集 ]
先週も山行ってました。
☆kinkachoさん

剣は 身軽に駆け抜けた方が楽しめませんか?

本当にテントがお好きなのですね。
それとも拘り?

拘りだったら 是非実現させてくださいね!



☆メロビさん

松尾平辺りは 妄想しながら歩いていました。

車で馬場島に入る途中で サルにも出会うし
クマが出るぞ~看板も有りましたね(汗)

その代わり とやかく言う人は あまり居なさそうですね。



☆ちんきーさん

山登りは やらない人には 決して理解されないものですね。
危険な山もあるけど そうではない山もあるのですけどね~。

奥様を 上手くハイキングに連れ出す辺りから
気長にトライしてみては どうでしょうか?

でも ちんちーさん 凝り性だから
どっぷり 危ない山登りにハマりそう(笑)





[ 2010/10/05 23:51 ] [ 編集 ]
いいですね~
最近トレランだけでなく登山にも興味があったりしますがヨメがNGなので・・・
実はヨメのお父さんが登山用品のメーカー(最近廃業)に勤めていたので「山」の怖さを知ってます。
(社員の方で海外登山で遭難し亡くなられた方が・・・)
なので本格的登山は無理っぽいです。
[ 2010/10/03 17:48 ] [ 編集 ]
剱岳
こちらの方って早月尾根だったのですね!
その辺の地区周辺とか、その手前とか隣の尾根筋とかは自分が一番MTB持ち込むことの多い里山かもです。
私は単独では絶対に早月尾根なんて登れないのでいつも眺めてるだけです(^^;
そして松尾平あたりまでMTB担いでみようとしたけど
迷惑そうだし、大変だしで断念したことがあるのは秘密です。
[ 2010/10/02 16:56 ] [ 編集 ]
早月尾根
ニコさん、こんにちは。
いつか行きたい早月尾根です。一泊二日の小屋泊ピストンにしたら十分行けると思うのですが、テント泊で剣沢へ抜けたいので躊躇しています。
今、kinkachoの周りでは北方稜線が流行です。何故???
[ 2010/10/01 11:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。