山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロッシ・オン・コーナリング

ロッシ本表紙

Valentino ROSSI
言わずと知れた モトGP世界チャンピオン。
世界で最も究極のコーナリング・アーティスト。
この黄色い本を見つけた時 2輪車のバイブルに出会った気がしました。

コーナリングの途中でフロントのグリップを失いかけたら
擦っている膝で路面をプッシュしてもちこたえる!

スロットルを開けながら アウトとインのステップを押して
タイヤのグリップ力の増減をコントロールする!

ありえない領域の話が続々と出てきます。 

なぜ コーナリングの時 内側の足をステップから外すのか?
なぜ 02年当時 リヤタイヤをスライドさせながらコーナリングしていたのか?
なぜ 06年 07年 ロッシが勝てなかったのか?
アンチウィリーシステムがもたらしたものとは?
トラクションシステムがもたらしたものとは?
500cc 990cc 800cc それぞれの違い。
ロッシのブレーキは3本掛け。
ロッシはコミュニケーション・ドクター。
ロッシが天才と言われる由縁。


読んでいるうち いくつか 憶測できたこともありました。

なぜ レースの終盤までロッシがバトルに付き合わされるようになったのか?
なぜ ストーナーが急に速くなったのか?
なぜ ロレンゾがいきなり速く走れるのか?
なぜ ペドロサがチャンピオンになれないか?
今年の青山の活躍への期待度

2010年 モトGPの開幕が楽しみです。



バイブル

さて 僕にとってMTBのバイブルと言えば
なぜか 同じく黄色い表紙
ウィリアム・ニーリーのMTBです。
内容はこちらから


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ

スポンサーサイト
[ 2010/03/12 12:37 ] 日記 | TB(1) | CM(7)
メロビさん
ようこそニーリーの世界へ!
古さを感じないんですよ。
これほど 多岐に渡るテクニックを解説した本は 他にはありません。

トラ練始めて読み返してみると また 前とは違った項目に反応する自分がいます。

何だか 読んでもらえて嬉しいなぁ!
[ 2010/03/18 09:44 ] [ 編集 ]
ウィリアム・ニーリーのほう、アマゾンで買っちゃいました(^^
さっき届いて、ちらちらっと眺めてみましたが、むっちゃ面白いし、内容も深いですね。
今日じっくり読んでみようと思います。
[ 2010/03/17 17:54 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
☆輪人さん

モータースポーツにおいて 長い間 2輪だけはライダー勝負だったのが
最新のモトGPバイクは マシーンがライダーのスキルをカバーするまでに
進化してきたようですね。

レースの世界では 2輪ドリフトなんて技も見られなくなるのでしょうね。
最近?では 一時のギャリー・マッコイの走りが そんな感じだったでしょうか。



☆yamaikoさん

今までの乗り方を変える…!
我々も MTBの世界で 目指してみますか?

トップライダーのスキルを超越して 新しいスタイルを生み出すのと 
下手過ぎて トップライダーのスタイルの真似が出来ないのとでは 
意味が違いますね(笑)



☆Danny Tさん

ノリックは本当に残念でした。

彼の独特のライディングフォームは忘れられませんね。
鈴鹿で勝ったときの興奮も忘れられません。
ロッシ・フミ・バレンティーノでしたっけ!
確か ロッシの部屋には ノリックのポスターを貼ってあったそうですね。

ウィリアム・ニーリー素敵です!
そして時代は変わっても 彼の哲学は不滅です。



☆鍵コメさん

クラシカルなMTBerにとって
ウィリアム・ニーリーはMTBの指針です。
目にしていただいただけでも うれしいです。

きっと その本が 新たな信者を生み出している事でしょう(笑)
[ 2010/03/14 13:55 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/03/14 07:22 ] [ 編集 ]
ニコさん、こんばんは。

あっ、僕もこのウィリアム・ニーリーのMTB持っています!
僕にとっても、バイブルであります。

GPライダーでは、ノリックが好きでした。
あのスライドさせる走り方が、最高にかっこよかったです。
ロッシにも、多大な影響を与えたライダーですよね。
[ 2010/03/13 21:08 ] [ 編集 ]
たしかにロッシは天才ですね^^
今までも色々な天才ライダーが出てきましたが共通するのは今までの乗り方の常識を変えたって事でしょうか?
その時代のライディングの流行、基本になったような気がします。
MTBでもそんな感じでしょうね^^
[ 2010/03/13 18:18 ] [ 編集 ]
GPライダーというのは特殊な人種でして、普通の人とは懸け離れた部分が多いですよね。
かつての名ライダーであるランディ・マモラなんて、コーナリング中に外足がステップから離れてましたもん(笑
フレディ・スペンサーなんて二輪ドリフトですよ(@_@;)
でも私の憧れはバリー・シーンだったなぁ・・・。
MXライダーなら断トツでボブ・ハンナ♪
総じて言える事は『彼らは全員怪物です!!』(苦笑
[ 2010/03/13 15:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ベストを尽くす
上達に魔法はありません でも英語は簡単です まずはコツをつかむ事、もちろん英会話スクールや独学用の教材を利用する事をお勧めします。た...
いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。