山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイライン(記録)

ハレアカラ山頂

8日目

スカイライン(トレイル)を走りました。
マウイに来た甲斐があったというものです。

マウイ島のてっぺん 標高約3055mハレアカラ火山。
サンライズ サンセットツアーで知られる山です。

観光DH

マウイ島でMTBのダウンヒルと言えば 
一般的には ハレアカラ火山からの 観光MTBダウンヒルを指します。
以前は山頂から出発していたようですが 事故が多発したため
現在 国立公園の外 標高2100m付近からスタートしています。

山頂一帯の国立公園内での自転車走行事情は複雑で
ガイドマップによると 
業者による観光ダウンヒルで 国立公園内は走れません。
個人の場合は舗装道路のみ 山頂から走れる事になっていました。

事前にスカイラインは走れないと聞いていたので
出来るだけ山頂近くから 乗り入れ可能なコースを降りるつもりで
車にMTBを積み 山頂に上がりました。

カラハク展望台

何人かのローディーたちが 山頂まで ヒルクライムしていました。

カラハク展望台 宇宙の旅

山頂から雄大で荒涼とした景色が広がります。
ハワイ島のマウナ・ケア山とマウナ・ロア山が海の向こうに見えます。

マウナケア

山頂の記念撮影を済ませ 歩道をMTB押しながら歩いていると
レンジャーのおじさんが話し掛けてきました。

救世主

MTBならスカイラインが良いよ なんて言われて びっくり!?
思わず聞き直してしまいました。
走って良い!
この際 あまり深く追求しません。
とっとと スカイライン目指して出発です。

ダウンヒル開始

山頂からすぐに右に分かれる舗装道に入ります。

スカイライン入口

レーダー基地の手前 左手の林道がスカイラインの入口。

Sトレイル 海を見下ろす

大小の溶岩のバラスを敷きつめた様な道が続きます。

Sトレイル 黒い道

黒と赤の溶岩に覆われ 銀剣草など背の低い草だけが生きている
月面的風景の中を走って行きます。

銀剣草
(山頂駐車場にて撮影)

ハレアカラ火山は 実際にNASAの月面着陸訓練に使われたそうです。

Sトレイル 山頂を振り返る

視界の広い山頂一帯では 黒い溶岩のバラスにタイヤを取られ
加速したい気持ちと裏腹に 我慢の走りを強いられます。

Sトレイル 赤い道

やがて溶岩の粒が小さくなる頃 一帯は赤い山肌に変わり
MTBもグングンと加速していきます。

サバンナ風

大きくS字を描きながら トレイルは標高を下げます。
段々と背の低い植物が増え始める頃 山腹をトラバースする林道に変わり
やがて 先日引き返したゲートまで降りて来ました。

Sトレイル ゲートと黄緑

あの日ホワイトアウトで見えなかった 黄緑色の植物に覆われた
優しい山岳風景が広がっていました。

スカイライン上部
最高速度 53.7km/h
平均速度 18.4km/h
走行距離 7.63km
走行時間 24:54

晴れたママネトレイル

スカイラインからママネトレイルへ 
更にマイオフリトレイル ポリポリアクセスロード ワイポリロードと繋ぎます。
最高のトレイルライドを満喫しました。
ドライコンディションで見通しも良く 
前回よりスピーディーに走り抜ける事が出来ました。

スカイライン下部
最高速度 43.2km/h
平均速度 29.8km/h
走行距離 3.16km
走行時間 6:24

ママネトレイル
最高速度 32.0km/h
平均速度 18.1km/h
走行距離 2.07km
走行時間 6:53

ポリポリアクセスロード
最高速度 38.7km/h
平均速度 15.2km/h
走行距離 3.79km
走行時間 14:57

ワイポリロード
最高速度 63.8km/h
平均速度 34.6km/h
走行距離 9.62km
走行時間 16:45

377号線を登り返し ハレアカラ山頂から道が合流すると
ここからは観光ダウンヒルコースを辿り 
前日ジョーズ見物をした 海岸の街パイアまで下り道となります。
と言うより なる予定でした。

マウイの牧場

ハレアカラの山頂を見上げ 馬や牛たちのいる牧場の横を抜け

マウイの巨木

快適なダウンヒルでしたが マカワオの街辺りで道迷い。

ハレアカラハイウェイ

少しだけ登り返して ハレアカラハイウェイ37号線を降りてしまいました。
カフルイの近くでピックアップしてもらい ラハイナに帰ります。

マウイ島のてっぺん3055mから 
標高差約3000m 距離65kmのダウンヒルでした。
当初立ち入り禁止で走れないと諦めかけていた
同時に 一番走りたかったスカイラインをダウンヒル出来て
素敵なマウイ島MTB走行 最終日になりました。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。このペダル踏んでチョ!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ


スポンサーサイト
[ 2010/02/01 13:45 ] マウイの記録 | TB(0) | CM(5)
コメントありがとうございます!
☆メロビさん

雪降ってますね。

ロケーションの違うトレイルを走るのって楽しいですよ。
一生に1度なんて言わず 夢膨らませてください。
一度っきりの人生じゃないですか…なんて クサいこと言っちゃった(汗)



☆自転車deフィットネス.comさん

旅行用に 折りたたみで 軽くて 丈夫なMTBがあったら良いのにな~w
残念ながら 技術的にまだ無理ですね。
[ 2010/02/05 00:54 ] [ 編集 ]
自転車deフィットネス.com
ニコ07さん、

冒険してますね!青春してますね!人生は最高ですね!

マウイ島を自転車で標高差3000Mのダウンヒルはさぞ爽快であったことでしょう。NHKのドキュメンタリーにしても良いくらいですね。

自転車deフィットネス.com

http://www.tsuhanjapan.com/bike.html
[ 2010/02/03 21:55 ] [ 編集 ]
標高差3000m!
剱岳のてっぺんから海岸まで一気に駆け下りる感じじゃないですか!
日本とはスケールがぜんぜん違いますね。
一生に1度でいいからそんなダウンヒルをやってみたいです。
[ 2010/02/03 17:41 ] [ 編集 ]
IKさん
正直 かなり気に入ってますマウイ!
ハレアカラからのDHはとても印象深いトレイルでした。

近いし 便利だし 気候が良いし 街の居心地良いし
冬の間は向こうで暮らしたいくらいです(笑) 

マウナ・ケアは4200mくらいあったと思います。
もし走れれば 標高差4000mですよね。
こりゃ 空気が薄そうです。
クラクラ!?
[ 2010/02/02 20:52 ] [ 編集 ]
   標高差3,000、走行距離65キロ、そして最後はビーチでビール、うらやまし~い、まるで天国ですね~。
 日本じゃ富士山を除けばせいぜい1,500ですからね。
 ハワイ島なら高差4,000とかのコースあるんですかね?

 とうとう関東も雪が降ってしまいました。週末は泥遊びになりそうです。
[ 2010/02/02 13:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。