山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マニアル養成マット

マット

何気なくウィリーをしようとしたら 突然フロントが上がらなくなりました。
どうやらステムの交換が原因で 即ち 基礎が出来ていない証拠です。
大きな目標マニアル習得の為 これを作りました。
トライアル本

ネタの出所はこの本。

スポンジ本

そして こんな風に使います。

マット背負い

そこで簡単な道具を作りました。
材料はボルダリング用に作った クラッシュパッドとリュックサックと紐など。
マットにリュックサックを紐で結びつけて 背負えるようにしただけの話です。

クラッシュパッドは高い所から その上に飛び降りても足を痛めないような
衝撃吸収力を持っていますから 思い切って まくれごけが出来そうです。

問題は何処で これを背負って MTBに乗ればよいのかという一点です。
意味不明過ぎる行動は 誰にも見られたくありませんから。 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング参加中です。このペダル踏んでチョ!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2010/01/10 21:49 ] MTBトライアル | TB(0) | CM(5)
コメントありがとうございます。
☆IKさん

でしょ。 まずは場所探しから始めなくてはなりません。

山で持ち歩いていても しょっちゅう それは何ですか?と聞かれるので
この上で宴会するんですよ!
なんて答えてしまいます(笑)

ボルダーリングではナイスな役立ちグッズです。




☆輪人さん

いらっしゃいませ!
ブログを通して お互い刺激しあいましょうね。

僕のブレーキの握り方は 基本中指1本です。
昨今 人指し指1本が主流になりましたが ついてゆけませんでした。

バレンティーノロッシだって 子供の頃から癖で 4本指ブレーキ握ってませんでしたっけ。

試してみての結果だったら 自己流も必ずしも悪くないんじゃないですか。




☆Danny Tさん

きっとマニアル会得の一番の障害は まくれごけの怖さだと思うんですよね。
頭の位置 意識しながらやってみます。

この頃 ストリート系の 小さめサイズの パイプが細くて軽いフレームが欲しくなってきました。
ついつい オークションなんか覗いてしまいますw



☆Yamaikoさん

いらっしゃいませ。

海外を走るのは楽しいですよ!
フィールドにおいて 日本みたいに肩身に狭い思いをしなくて良いし。
景色も良いし!

トラ練は あまり手本にはならないと思いますが
こちらこそ よろしくお願いします。 



 
[ 2010/01/13 00:09 ] [ 編集 ]
こんばんは
ニコさん初めまして
ブログへのコメントありがとうございました。
ニコさんは海外も走られているんですね。
うらやましい限りです。
私も最近マニアルの練習をしていますがXCモデルでは中々上手く行きません。
これからもニコさんのブログをお手本にして頑張ってい行こうと思います。

[ 2010/01/12 21:27 ] [ 編集 ]
ニコさん、こんばんは。
僕も、似たようなことをやったことがあります。
小学校の時に使っていた、ゴムひもの付いた座布団を腰の部分に巻きました(笑)。
アパートの駐車場でやっていたので、完全におかしな目で見られました(爆)。
でも、不安材料を取り除いて練習するのは、いいことですよね!

実は僕も「まくれ番長」でして(笑)一つ気付いたことがありまして、頭の位置がとても重要だと気付きました。
フロントを上げようと後傾してアゴが上がると、まくれ易い気がします。

アゴを引いて背中で引くように意識すると、ブレーキで抑えられないような、まくれ方はしなくなったつもりです。
相変わらず、上手く出来ませんが(爆)。

[ 2010/01/12 20:47 ] [ 編集 ]
初めまして、人力二輪車迷走記の輪人と申します。
ブログへのコメントどうも有難うございました。
本格的な自転車に乗るのは30年ぶりくらいなので、現役の方々のブログは非常に勉強になります。
色々と参考にさせていただきたいので、今後とも宜しくお願い致します。
[ 2010/01/12 17:52 ] [ 編集 ]
  たしかにこのカッコでチャリに乗っていたら、間違いなく不審者、人によっては通報されますね。
 できれば1人じゃ練習したくないなぁ。(笑)

 以前山登りに復帰したころ奥多摩でボルダリングマットを背負って歩いている人を見て「何だ、この人たちは?」とまさに不審者を見る感じで見てました。
 その後河原でボルダリングしている人を見て「これに使うのか」とわかりました。
[ 2010/01/12 09:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。