山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

万里の長城 6000分の12

20070620000047.jpg

万里の長城へ行きました。
中国では一里は500mくらい×10000(万)=約6000km
という訳で万里の長城は全長6352km
ウォーキングに行ったのは
北京北東約130kmに位置する金山嶺長城
司馬台までの約12kmを歩きました。


綺麗に修復され 観光客のあふれる有名な観光地
八達嶺長城と違い
時代の流れの中で風化していく姿を
そのまま見せてくれる金山嶺長城歩きは 
とても感慨深いものがありました。

数百年前 モンゴル人の侵入を防ぐため 
この塔の窓から あの山地を見張っていたんだなぁ。
なんて思いを馳せながら 
飲む冷たいビールのおいしかったこと・・・!

なぜ 万里の長城で冷たいビール?
中国は他民族国家です。
最も人口の多いのが漢民族
そして 最近急に増えてきたのがシェンエン族
来年オリンピック観戦に行かれる方は
是非憶えておいてください。

観光地には必ず 出没します。
「ボーシ ゴコで シェンエン!」
「いらない。」
「ジュコで シェンエン!!」
「・・・」
「ヨジュコで シェンエン!!! カテヨ!!」
夕方になると 投げ売り傾向が強くなる
「(ー_ーメ)」

万里の長城入り口で まず10人くらいやってきました。
「シャシン シェンエン」
長城の写真集を見せてきます。
断っても 無視してもついてきます。
ずっと ついてきます。
急な階段で 手を差し出したり
休憩中は 扇子であおいでくれます
「チョジョのセンス シェンエン!」

そしてターゲットを見つけたシェンエン族数人は 
約10km 長城が下り始める頃まで世話を焼き続け
ついに 観光客のリュックを背負い
彼等から チップと写真集やTシャツの売り上げを
ゲットして 引き上げて行きました。

彼等の仲間はビールも売っています。
20元とか言ってきますが
10元」と言い張りながら
お金を差し出すと 10元で買えます。
換算すれば180円です。
最低でも定価の倍以上は出していると思いますから
彼等にとっても充分な稼ぎでしょう。

写真集やTシャツを買っていたのは
私のお客様方です。
当初は シェンエン族を 追っ払おうと思いました。
しかし 彼等はとても人懐っこく 献身的でした。
ついついお客様方も 情が移ってしまった様子でした。
そこで 私はお客様方にぼられない 交渉術をお教えして
楽しんでもらう事にしました。

出会った人々はモンゴルの農夫だと言っていました。
中国人たちが モンゴル人の侵入を防ぐために造ったはずの長城が
時が流れ いつしかモンゴル人たちの 生活の糧になっていました。
歴史とは皮肉なものです。
そして 争うことは愚かなことだと 歴史が教えている気がします。

続く

ブログパーツ

 

スポンサーサイト
[ 2007/06/20 02:26 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。