山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

島々でMTB

二俣にて1

話は前後しますが 夏休み初日のお話です。

北アルプス 島々~徳本峠~上高地コースは歴史ある登山道ですが
バスで簡単に上高地に入山出来る今 歩く人も少ない様です。
以前から興味は持ちながら その長さ故 足を踏み入れた事がありません。
MTBで歴史的意義の有る徳本峠を越えるというのは 素敵なプランです。

理想的には島々から 峠を登り 穂高連峰に感動!
上高地に降りて行きたいところですが
上高地側でMTBを走られるのは問題が起きそうです。

そこで上高地からMTBを押して徳本峠に登り 島々に降りるプランを検討。
ネット上の記録を見る限り 快適に走れる場面は少ない様です。
それでも 挑戦する意義は充分感じられました。

天気予報は大雨注意報で 午前中は観光などしておりましたが
午後 雨が上がってきたので 下見がてら島々に向かいました。
下山道(逃げ道)の確認は大切な作業です。
そこを見極められれば ギリギリの時 行くか引き返すか 
判断を間違えずに済みます。

林道より2

島々の登山口広場に車を停め MTB出動です。
辛うじて シューズだけはちゃんと履き 軽装のまま林道を走って行きました。
あちこちで 路面に水が流れだしています。
軽い登りの林道を 川沿い ダム沿いに進み 二俣まで乗り入れました。

登山道3

ここから それらしい登山道が始まります。
MTBを残して 歩いて下見を続けます。
斜面をトラバスしながら進む 人一人の幅の登山道は 
岩や石が滑り 転落のリスクを考えると とても乗れそうもありません。

距離5

このコンディションでは この先続く長い道程も
担ぎや押しての 下りの連続が予想出来ます。
メインディッシュの徳本峠の展望も 悪天候で期待出来ない時に
猛暑を突いて このコースを頑張る事にも疑問を感じ
今回は諦めましました。

二俣から島々への下りは 楽しい林道DHといきたいところですが
冷たい後跳ねの水と 顔に掛かる泥水も気になるし
プロテクターも無いので のんびり走行でしたが 
姿を変えていても 歴史的登山道を満喫しながら 降りて行きました。

登山口4

駐車場横の川で MTBを洗って
ついでに 自分自身も川の中で洗濯してしまいましたw。

いつか もっと軽いMTBで
晩秋の上高地~徳本峠~島々コースに挑戦してみたいものです。

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2009/08/26 16:50 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。