山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セイニュのコルを目指す(記録)

2クールマイユール
08年7月15日(前編)
TMB3日目
クールマイユール~セイニュのコル~シャピュー

14日は クールマイユールで休養し 体力と天候の回復待ち。
15日早朝 足音を忍ばせホテルを出て 薄暗い街中を走り抜けます。

クールマイユール~シャピュー地図

1朝日に輝くモンブラン

TMBノーマルコースは街からシェクルイのコルに登りますが
ロープウェイは架け替え工事の関係で休業中だし
尾根から谷に降りるコースに残雪が有ると MTB向きではないので
尾根道をエスケープして ヴェニの谷の舗装道路を進みます。
朝焼けに染まるモンブランは 荘厳な光景でした。 

3コンバル湿原

ラ・ヴィザイユの集落辺りで 再びTMBルートが合流してきます。
コンバル湿原手前で舗装道路を離れ ダートな林道に入ります。

4TMB林道

エリザベッタ小屋への きつい登り坂は MTBを押しながら登りました。
5コンバル湿原見下ろす

6エリザベッタ小屋の近く

エリザベッタ小屋を過ぎると 左手には 一面お花畑の広い川原。
右手には 岩の鎧をまとう 荒々しいモンブラン山群。
TMBの中でも 最も美しい光景のひとつだと思います。

7お花畑広がる川原

クールマイユール~セイニュのコルは
MTBerに人気のコースと聞きいていましたが
この日も3~4組 10人くらいのMTBerに出会いました。
皆ハードテールのXCバイクで 登り坂も楽しそうに漕いで行きました。

8セイニュのコル間近

セイニュのコルが近付くと トレールはどんどんと傾斜を増してきます。
地図には載っていない 新設らしい山小屋の 裏の急坂を越えると
なだらかな 尾根となり 一息つけます。

9セイニュのコル ケルン

やがて広い丘の上 イタリア フランスの国境
標高2516m セイニュのコルに到着です。
振り返ると モンブラン グラシエ針峰 ノワール針峰の峰々が望めます。

クールマイユール~シャピュー行程表25

登りデーター
最高速度 28.4km/h
平均速度 5.1km/h
走行距離 19.62km
走行時間 3:50:39

続く
ブログパーツ

スポンサーサイト
コメントありがとうございます。
☆デンデンママさん

トライアルみたいな事を これから練習しようと思っています。
でも テレビで見るような技は 一生かかっても出来ないと思います。w
山道を走る時に 役に立つバランス感覚を身に付けるのが目的です。

でも 新しい挑戦はとても 楽しみです!



☆big8さん

僕自身の仕事のも とても影響の大きい事件になりそうです。
ニュースが盛んに流れていた頃に 山に行ってましたので
まだ 事故の背景は 断片的にしか判りませんが
充分に検証したいと思います。


今回に限らず 中高年登山者の 装備のいい加減さが よく話題に登りますが
悪いのは登山者ばかりではありません。 
夏山に最適とか言って 薄っぺらなフリースジャケットやダウンベストを販売するメーカー。
他にも
どんな山にでも 誰でも 連れて行ってしまう登山ツアー会社。
ブームをあおるアウトドア系の書籍やマスコミ。
これは 登山業界全体にも責任が有りますね。
[ 2009/07/22 03:43 ] [ 編集 ]
残念
ついに起こるべき事故が起こりましたね、トムラウシ、以前、似たような仕事をしていた者としてとても残念です。たった1日非難小屋に滞在してれば何の問題もなく家に帰れたのに・・・・・

装備不足、これも装備を売っていた人間にとってみればあれほど言ったのにと思うことも多々ありました。

自分の家族でさえフリーズ1枚持っていかせるのに、何度も何度も事故の話をしてそれでも持って行かず、自分で寒い思いをしてやっと持っていくようになり少し安心した事を良く覚えてます。

もちろん今回の事件は報道から見るとガイドや会社の判断に大きな問題があったような感じで受け取りました。

もちろんガイドや会社を責めるのも手だけれど大事な家族は二度と帰って来ません、

僕は義母に、ガイドが死んでも自分だけは生きれる装備を持って行けと毎回行ってます。毎回そんなこと起こるかと嫌な顔をされますが、必ず言うようにしてます。

それでも1度崖から落ちて死に掛けた事もありました。

中高年の方の登山には装備と重量と体力と言う矛盾したテーマが付きまといますが、山は本当にいい物だし山の良さを多くの人に味わってもらいたいと思いながら、是非こんな事件は減って欲しいと遠い国から願ってます。



[ 2009/07/21 17:10 ] [ 編集 ]
大自然を味わいに来ました\(^o^)/
で、ニコさんはあのバイクトライアルを?
すっごいバランス感覚で人間離れした技ですよね~
うわ~見た~い!
あっ、でもケガには気をつけてね(>_<)
[ 2009/07/21 01:05 ] [ 編集 ]
IKさん
プトレイ フレネイ ブレンバ マジョル 
モンブランのイタリアイタリア側なんて 憧れの玉手箱状態でした。
手も足も出ませんでしたがw
そうそう マジョルには行こうとしたんですが
今から思えば 幸運の悪天候がやってきて断念 命拾いしてますw

この周辺は最高に気持ち良かったですね!
[ 2009/07/18 00:15 ] [ 編集 ]
  いつみてもプトレイ山稜はかっこ良いですね~、このモンブランのイタリア側の景色を見ながらのMTB、夢のようなロケーションですね。

 ついにフランスに戻ってきましたか、あとはシャモニに下ってビールですかね。
[ 2009/07/17 06:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。