山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アオスタ MtシャリーネでMTB(記録)

世界に1台

08年7月13日
アオスタ(イタリア)

この日はTMBをお休みにして
トリノ在住の ひっかぶいさんに案内いただき 
アオスタへトレールライドに出掛けました。
ひっかぶいさんは レーシングメカニック。
今年のF1を席巻しているジェイソン・バトンの活躍を
誰よりも喜んでいる 日本人の一人だと思います。
若き日のジェイソン・バトンと共にレースを転戦されており
彼は紳士過ぎると ホンダで苦戦していたバトンを心配されてました。

オリジナルフレーム

そんな ひっかぶいさんですから MTBのフレームも
自ら設計された 世界に1台のスペシャルバイク。
各パーツにも拘りが感じられます。
走りながら そのまま シートの高さを変えられるサスペンション付きのシートポスト。
アップダウンのコースを走り抜けるには とても便利そうでした。
ハブから聞こえてくる 高級そうな心地良い音も耳に残ります。






アオスタ

さて ご案内いただいたコースはアオスタの裏山的位置にあり
中腹の基点で車を降り 約12kmのヒルクライムから始まります。

道標

僕のMTBは フロントギヤが1枚だし 日頃ヒルクライムもしないので
乗っているより 歩いている方が楽なくらいです。
少々 時間は掛かりましたが ゆっくりペースに付き合っていただきました。
車道から林道へ。

農家

遠くの山々 見下ろす牧草地やアオスタの街並み 素敵なロケーションです。
このトレールを走った事が切欠で
登りも下りも含めて XC的なMTBの楽しみ方に目覚めた気がします。

緑

これまで観光地ばかり 走っていたので それに比べると
この日の ローカルエリアは 伸び伸びとした気分で走れました。
イタリアでは 山道にMTBを乗り入れてはいけないという
概念は無いそうです。

標高により気圧が変わり 空気が膨張する事が原因で
既にエアーを噛んでいるブレーキが鳴き始めます。
これは 日本に帰るまで我慢するしかありませんでした。
予め標高の高い所で ブレーキオイルを交換すると良いのかもしれません。

フラワートレール1

牧草地の斜面から いよいよDH開始です。
辺り一面お花畑 トレールも花々に覆われています。
草原とトレールの境目を見極めながら 慎重に走り始めますが
こんな素敵なフラワーランは 日本にはありませんね~。

フラワートレール2

アルプから樹林帯へと 快適なトレールが続きます。
ツェルマットやシャモニでは 初見のコースを
ルートファインディングしながら走っているので 全開とはいきませんが
Mtシャリーネでは ひっかぶいさんに コースを先行して案内していただけたので
思い切り走る事が出来ました。
今回の遠征中で 一番快適に走れたトレールでした。

アルプ ガレ場 根っ子道 快適な土など 変化に富み
速度も楽しめる シングルトラックです。
強いて問題を掲げるとすれば
時々仕掛けられた 牛糞地雷です。
先行する ひっかぶいさんは ご苦労されておりました。

登り
平均速度 4.2km/h
走行距離 12km
走行時間 3:15:00

DH
最高速度 34.1km/h
平均速度 11.3km/h
走行距離 6km
走行時間 00:31:46



それにしても 最高のトレールランを提供いただき 
本当にありがとうございました。
次回 ヨーロッパMTB遠征に行くときは
アオスタ辺りを基点に 北イタリア中心で
トレールランとポタリングをしたいと 勝手に考えているのですが
ひっかぶいさん 休日には また お付き合いお願い出来ますか?

ブログパーツ
スポンサーサイト
ひっかぶいさん
具体的な計画も無いうちから
ホイール タイヤだけでも ヨーロッパ現地に置いておければ
航空機での輪行も楽かな…とか
仕事のスケジュールを考慮して 5月^に行くのが良いかな…
などなど 心はイタリアに飛んでいますw。

ひっかぶいさんも 次回帰国の際は ご連絡くださいね。
[ 2009/06/27 11:34 ] [ 編集 ]
もちろん、お付き合いいたします。平日でもいいですよ。
ただ休日だと、地元ライダーと一緒に行けるかもしれないので、
その方が楽しいかも知れませんね。
前回は、標高差で1000m登って降りたので、次回は1500m位はいけそうですね!
標高3000m位まで登りましょう!


今年は、キャンセルになったのが、とても残念です。
遠征が決まったら必ず連絡ください。



[ 2009/06/22 05:44 ] [ 編集 ]
IKさん
イタリア行きた~いです!
ほんと めし 旨いっすよね~。

環境が違うと言えばそれまでですが
ヨーロッパは自由に草原走れるのに
日本は轍が残るだけで トレールを壊すとまで 言われてしまうのでしょうね。
自由に走れれば 日本のフィールドだって 
ちっとも引けをとらないと思いのですが。
[ 2009/06/18 00:01 ] [ 編集 ]
お花畑のトレイル良いですね~。
 日本のトレイルが新緑、紅葉、落ち葉など樹林帯の中なら、ヨーロッパは抜群の景色のお花畑、牧草地でしょね。
 そー考えるとトレイルライドには急峻なアルプスど真ん中より、チョット離れた北イタリアの方が良いかもしれませんね。しかも食事も美味しいし物価も安いし。
 良いですね~、イタリア
[ 2009/06/16 18:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。