山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天狗塚でMTB

天狗塚と牛ノ背
に乗っても あまり走れませんよ~(笑)
徳島県 剣山山系の天狗塚 牛ノ背(山)へ行きました。
四国には 笹原に覆われた美しい山が沢山あります。
笹原の広がる山稜に魅せられて ひと山登ると 
またその向こうに素敵な笹原の山が見え 新に登りたい山を見つけます。

剣山から三嶺辺りまでは 全国的にも知られた山ですが
その先の天狗塚となると 訪れる登山者数が減ってしまうようです。
笹原に着けられた踏み跡は 人ひとり歩く幅しかありません。

天狗峠

天狗峠と天狗塚山頂の間には 鞍部があり
MTBをどこまで持ち上げるか考えるところです。
あまり乗れ無さそうなので 峠にMTBを残して山頂へ登りました。
登山中から気になっていた 牛ノ背を改めて見下ろし
そのなだらかに拡がる笹尾根に魅せられ MTBで山頂を目指す事にしました。

牛ノ背

天狗峠からの下り道は 踏み跡が狭く 常に両足が笹の葉を擦り
時々 ペダルが両側の出っ張った土に引っ掛かります。
気を使うのは 夏には白い花 秋には真っ赤に紅葉するコメツツジです。
枝を傷めないようバランスをとりながら MTBを傾けて通過する姿は
片足を高く上げた まるで犬のお〇っこスタイルになってしまいました。
登りはMTBと並走して歩くスペースもままならず 
立て押し (前輪を上げて ハンドルを押し 後輪だけで転がす) を多用しました。  

天狗塚のピークは巻き道でトラバスしてかわし 牛ノ背へ。
こちらの道は更に狭くて MTBに引っ掛かるコメツツジも多く 
担ぎだらけの きつい登りとなり 見掛けのなだらかさとは大違いでした。 

牛ノ背絶景

しかし山頂手前まで行った時 
開放的な笹尾根の景色なら これ以上無いと言いたくなる程の
笹原のプラトーが広がる 絶景に出会いました。
三角点からの帰り道で 乗れたのは 笹原3面くらい。

天狗塚山頂

天狗峠と天狗塚を繋ぐ尾根に戻り 天狗塚山頂にMTBを担ぎ上げました。
山頂ピークは切り立っています。
山頂直下は谷底迄 転落の危険が有り また植生保護の為
まずは 立て押しで下山開始です。
谷底転落の危険が無くなった 中間辺りから乗車。
急坂~緩やかな尾根を走り抜け 鞍部から天狗峠迄 立て押しで登り返しました。

登山開始から 約7時間 殆どハイクアップしていた気分です。
思い掛けない暑さで 水が足りなくて
口の中の乾きだけを潤し 喉の渇きを誤魔化します。

*登山口~天狗峠~牛ノ背~天狗塚~天狗峠
最高速度 27.4km/h
平均速度 3.5km/h
走行距離 6.51km
走行時間 1:48:44
(担ぎや立て押しが多く 最高速度以外は機能していません。)


天狗峠からは まずは気持ちの良い なだらかな笹尾根。
やっと走るぞ!気分でしたが
狭いトレールに時々ペダルが引っ掛かります。
前転を防ぐ為 敢えて サドルに体重を残した乗り方をしました。
狭い登山道が深く掘れ MTBが納まらない場所もあります。

樹林帯に入ると 更に急坂と段差 ガレた短い間隔のスイッチバック。
ハイクアップの疲れもあって 乗り切れませんでした。

天狗塚トレール

第一ピークから やっと普通に走れるトレールになります。
根っ子やガレ場の連続で ライン選びが楽しいトレールです。

伐採地林道

最後の乗れない 急坂登山道を避けて 材木切り出し道に入ります。
少し遠回りですが MTBには快適なトレールとなりました。
登山口とは違う場所から 舗装された林道に下山し終了です。

*天狗峠~登山口
最高速度 32.2km/h  (シングルトラック20km/h)
平均速度 6km/h
走行距離 1.62mk
走行時間 31:48

アート?

山の中で見つけた 小さな石ころに描かれた可愛いアート!

ヤマシャクヤク

そして 自然のアートも!


たとえ思う様に乗れなくても MTBを頂上まで持ち上げたし
天狗塚と牛ノ背(山)に登山し 素晴らしい景観に出会えて大満足です。

ブログパーツ

スポンサーサイト
[ 2009/05/13 12:30 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(8)
casterさん
乗り入れ禁止なんだ~(悲)
ルールとマナーを きっちり守りながら 
地権者や同じフィールドを利用する人々と交流し
この理不尽な決め事を いつの日か撤回してもらえるよう
何だかのアピールをしたいものですね。

東京は楽しめたのかなw



[ 2009/05/15 18:21 ] [ 編集 ]
山でマウンテンバイクですかいいですね~
僕の地域の山ではオフロードバイク、MTBともに乗り入れ禁止なので。
その近くの林道辺りなら問題なく走れるんですけど・・・
[ 2009/05/15 17:48 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
☆ジラレーさん

ジラレーさんの山サイ記事読みましたよ。

こだわりの向こうにこそ 本物の楽しさがあります。
表面的な楽しみで自分を誤魔化さず 心の欲求に耳を傾け 
妥協せず 突き進んでくださいね! 

ただし 価値観は人それぞれ 
自分に合わないスタイルに固執することはありませんけどね。

僕が この山サイで満足感を得られるのは MTBerであると同時に 
バックボーンに登山があるからだと思います。 



☆kinkachoさん

四国は素晴らしいですよ!
テント泊に慣れていらっしゃるkinkachoさんだったら
乗用車または夜行バスで見ノ越
剣~三嶺または西熊山まで縦走 それぞれの避難小屋で1泊
~天狗塚~牛の背~(登山地図に表記はありませんが 道はあります。)
~西山林道~下山 久保集落からタクシーで見ノ越または バスでピックアップ。
プランで 一気に片付きますよ。
季節は日が長く まだ快適な今時分か紅葉シーズン。
如何ですか?



☆デンデンママさん

四国の道路事情 他の地域と比べれば 走り難さは 相変らずです。
基本的に橋を渡るのも 経費掛かりますしね。
それでも 高速道路や各地の道路拡幅が進み
随分 走りやすくなりましたよ。

ただし この不便さゆえ 豊かな自然と秘境が残され
高い所迄山の斜面に張り付くように家々が建ち 独特の風景が広がります。

ETCの恩恵を被って 山の緑と澄んだ川 青い海を楽しみに
是非 渡ってみてください!
[ 2009/05/15 11:34 ] [ 編集 ]
母の故郷で小さい頃に一度行きましたが、
当時は兎に角交通が不便で、田舎の家へ行くのに、
予想だにできないしんどい思いをしましたから、
二度と行かなかったですね(~_~;)
そう言えば自然の美しさは覚えていますが、
いつか自分の子供たちを連れて行ってみたいと思います。
勿論、車で!(>_<)
[ 2009/05/15 00:12 ] [ 編集 ]
四国の魅力
石鎚山以来、四国の山にも魅力を感じます。あの笹原の見晴らしは素晴らしい。
やっぱりとりあえず剣山?
平家落人伝説と鳴門秘帖を小学生時代から引きずってます。
それと、うどん!
[ 2009/05/14 23:38 ] [ 編集 ]
なるほど

せっかく行ったのだから、楽しむのが第一ですね。
わたしは、MTBに乗るということにこだわりすぎて、楽しむ余裕が足りなかったようです。

MTBで行ってみたいところは沢山あるので、気をつけて考えるようにします。
[ 2009/05/14 00:06 ] [ 編集 ]
takosa56さん
笹原群生地は各地にありますが 
他の植物が あまり混ざらない 純度の高い笹原と言えば
四国と北海道かなって感じがします。
四国って 秘境が多く それがコンパクトにまとまっていて 登山者も少ないし
おもしろいエリアです。

西日本では ダニあまり気にしませんねェ。
そういえば ヒルもあまり見かけませんし。
[ 2009/05/13 22:41 ] [ 編集 ]
ニコさん、こんばんは。
僕が住む地域には、画像のような笹原の山はありません。
四国特有の植生でしょうか?

こちらの笹が群生しているような場所は、割とダニが多いので注意しています(笑)。


[ 2009/05/13 21:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。