山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北壁見上げるポタリング(記録)

マッターホルン北壁

08年7月9日
根を詰め過ぎると バカンスにならないので
この日は軽く流す事にしました。
ロケーション優先のコース選択で ポタリングを楽しみます。

スイスやフランスには 自転車専用のマップが有ります。
目にした限りでは スイスのものは とても詳細でした。
トレールに重ねて引かれている線の形と色分けで 
ルートの状態と難易度が表現してあります。 
日本で自転車の為の これだけの地図は見たことないし
今後も作られる事は無いでしょう。

自転車マップ

見方は 以下の通りです。
道路状況は線の種類で表されます。
実線 舗装道路
破線 ダブルトラック
点線 シングルトラック 

難易度は色分けで表されます。
青 易しい 
赤 普通 
黒 難しい


シュバルツゼー

再びゴンドラリフトで向かったのは シュバルツゼー・パラダイス。
この夏だけでも4日間ここで時間を過ごしたことになりますから
我ながら 余程好きな場所なのでしょう。

眺望

コースは北に向かい マッターホルンの北壁を見上げながら
ダブルトラックを街まで降りて行きます。
赤い破線~青い破線~青い実線コースです。
緩やかに下る林道ですから そこそこスピードも出せます。
頭上間近に聳える マッターホルンが 少しずつ形を変えていきます。
目の前の路面も 頭上の北壁も気になります。

パンク修理

やがて気分がDHモードに入り…スピードに乗り始めた頃
…パンクです。
これは山の神様の思し召しかもしれません。
これでMTBを停めて のんびりと北壁を眺める口実が出来ました。
腹も立たず 機嫌良くパンク修理をするなんて事は滅多にありません。

ダブルトラック

ダブルトラックのMTBは快調に進みます。
遙か下に見えていた道路も あっという間に近付いてきました。
舗装道路に出ると マッターホルンとはお別れです。
やがて眼下に 伝統的な山村の風景を残したツムットの村が見えてきました。
風情のあるツムットの村へ立ち寄りたいところですが
残念ながらMTBは村内を走れないので そのまま素通りです。

ツムット

ゴンドラリフト中間駅で 昨日のコースに合流です。
再び 楽しいキャタピラコースへ行ってしまいました。

最高速度 40.1km/h
平均速度 14.4km/h
走行距離 11.79km
走行時間 48:57
標高差  約1000m

さて 時間は まだ早いのに 何だか疲れてしまいました。
黒の点線を全て走りたかったのですが 
見付け難いシングルトラックの入口を探しに行く気力も無く
黒の点線の残るロートホルン・パラダイスエリアは次の機会に残して
シャモニへ帰る事にしました。

車窓 葡萄畑

シャモニ駅に着くと 見覚えのある日本人キャンパーが。
ツェルマットのキャンプ場で 貴重な日本食を分けていただいた方々でした。
お礼代わりに 彼等のキャンプ場探しを手伝いましたが 
一っ走りで現地を確認に行ける自転車は とても便利でした。

その途中 今度は 6月にユングフラウヨッホで再会した 
登山ガイドさんも見掛けました。
お仕事中で声は掛けられなかったのが残念でした。

長い一日を思い返しながら マクドナルドで夕食。
まだ空には 明るさが残っていました。 



ブログパーツ
スポンサーサイト
ともたん(さん)
ヨーロッパはサッカーやラグビーが盛んなお国柄!
MTBerも 圧倒的に無防備な人が多かったよ。
きっと彼らは 少しアホなんだと思います。(笑)

海外で日本と同じモノが食べられる安心感といったら!
確かに ありがたい存在です。
[ 2009/04/25 22:55 ] [ 編集 ]
膝にサポーターしていない人いるけど~
怖いね~!生足で~!
転ぶ事も無いと言う事で付けて無いんだろうけど~
マックは色々な国であって便利だね~
(≧∇≦)pp
[ 2009/04/25 01:16 ] [ 編集 ]
casterさん
マックにとっては 日本も海外だし(笑)

シャモニのマックの価格は 日本みたいに安くはなかったですよ。
それでも フランスの伝統的なカフェやレストランで食べるよりは安いので
結構 流行ってます。

イタリアは 庶民の食文化が豊かな国なので 
地方では通用しなかったのかもしれませんね。

マックの価格戦略や経営哲学については 
色々調べてみると 経済のお勉強になりますよ。
きっと学校では教えてくれない 役に立つ知識です。
是非 トライしてみてください!
[ 2009/04/22 01:14 ] [ 編集 ]
マクドナルドは海外にもよくありますよねー
人気があるんでしょうか?
でもイタリアのプーリア州?のどこかにあったマクドナルドは三ヶ月で潰れたらしいですし・・・
いつもハンバーガーの原価が気になっています^^
[ 2009/04/21 16:47 ] [ 編集 ]
takosa56さん
全く ヨーロッパは 何から何まで 羨ましいMTBの環境です。
日本で あんな地図が出来るなんて 夢のまた夢でしょうね。

自分たちと違うモノは 何でも排除したがる気質は
単一民族日本人的個性かもしれませんね。
長年 同じ大地の上で他民族と 暮らしてきたヨーロッパの人々は
争いの歴史の中から 自己主張をする事と それぞれ個性を認める事を
学んできたのだと思います。

[ 2009/04/21 01:17 ] [ 編集 ]
ニコさん、こんばんは。

地図に、シングルトラック、ダブルトラックや、難易度まで記載してあるなんて凄いことですね!

日本ではもちろん、そこまでのものは期待できないでしょうし、シングルトラックまで記載してしまうと、違う問題も発生してしまうでしょうね...

景色といい、本当に素晴らしい環境の中、走られたんですね!


[ 2009/04/20 20:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。