山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツェルマットでMTB(記録)

ゴルナーグラード展望台からの眺望

08年7月8日(前編)
マッターホルンの麓に広がるツェルマットは
観光客とハイカーで溢れかえるヨーロッパ屈指のリゾート地です。
そんな場所で ハイキングコースをMTBで走らせてくれるなんて…!?

是非 スイス政府観光局のサイトをご覧ください。
スイスはサイクリング天国です。(いきなりスイス政府観光局MTBサイト)


そしてツェルマットには マウンテンアドベンチャーをテーマにした
無料小冊子(日本語)が用意されています。
ハイキング・トレッキング・MTB・XCスキーのコースや
イベント(サンセットディナー 渓谷や酪農家のガイドツアーなど)
や 日の出 日の入り時間 乗り物の時刻表まで案内されています。
ツェルマットでも 自転車が走って良いトレキングコースは 指定されています。

ツェルマット地図 3行程

ゴルナーグラート
ここは 今回の遠征で一番走りたかったコースの一つです。
登山電車で 一気に標高3089mのゴルナーグラードまで登ります。
登山電車のMTB料金は 1回券以外にも日数に応じたパス券もあります。  
別の改札口から一番初めに乗せてもらい 
フックにタイヤを掛けてMTBを吊るします。

車窓

両側の車窓にはアルプスの山並みが広がります。
とりわけ マッターホルンが現われると 歓声が上がります。
美しい山に魅せられた感動には 人種の違いは無いようです。

モンテローザ・リスカム・カストール・P1000067

ゴルナーグラートの展望台は何度上がっても飽きる事はないでしょう。
アラリンホルン モンテローザ リスカム ブライトホン マッターホルン
と山々が連なります。


ゴルナーグラートからリッフェルゼー(湖)を経由して
リッフェルベルグ駅へ下山するコースは
ツェルマットでも屈指の人気ハイキングコースです。
こんな場所 MTBで走って良いの? と思ってしまうほどです。

ゴルナーグラート駅(ホテル)を振り返る

ゴルナーグラート駅周辺は だだっ広い ガレた斜面です。
林道の横に 小高い岩山がありますので ちょっと寄り道し
白い氷河を見下ろします。

高台の上

ここから リッフェルゼー迄 上部はガレた岩の道を下ります。
落石を起こすといけないので ハイカーの居ない間に下ります。
下りのMTBトライアルといった感じで 歩くような速度ですが
バランスとルートファインディングに集中する おもしろいコースです。

リッフェルゼーの逆さマッターホルン

リッフェルゼーに逆さに映るマッターホルンは このコース一番の見所。
のんびりと ハイカーが居なくなるのを待っていましたが
上のローテンボーデン駅からも 次々に観光客が降りて来ます。
湖畔の道を塞ぎ 景色に見とれている団体日本人観光客だけは
少し強引に 横の草地を抜けていかない限り追い越せません。
ただし 彼等が その素晴らしい景色に見とれている気持ちも判るし 
ある意味 こちらが割り込む訳ですから 
そこはニコやかに声を掛けていきました。
こちらが日本人と言う事に驚いている隙に 追い越させてもらいました。

アルプにて

湖を抜けると アルプが広がります。
広々とした草原の中を駈け抜けます。

アルプの道

路面が硬く 解放的な道なので オーバースピードにならないよう
敢えて 控えめに走ります。
横にはマッターホルン 先には色鮮やかパラソルの広がったレストラン。
このロケーションは堪りません!

リッフェルベルグ駅から 線路沿いのなだらかなダブルトラックと
崖をスイッチバックで降りて行くシングルトラックに分かれます。
迷わず 少し緊張するシングルトラックに入ります。

崖を下り切ると 爽やかな針葉樹林帯に入り 再び快適なシングルトラック。
そしてダブルトラック 舗装道路と ロングランを楽しみました。
街まで降りると そのままゴンドラ乗り場に辿り着きます。

またツェルマットに行く機会があれば 
もう1度 いや2度 3度と走りたいコースでした。

最高速度 37.6km/h
平均速度 11.4km/h
走行距離 10.75km
走行時間 56:30

標高差 約1400m

ブログパーツ
スポンサーサイト
takosa56さん
MTBと言えば 北米系のイメージが強いのですが
ヨーロッパも盛んです。
ヨーロッパでも 最近DHが流行り始めたと聞いておりましたが
XC系のbikerが圧倒的に多い印象を受けました。
もしバイクパークなどに行けば 印象は変わっていたと思いますが。

DHとかフリーライドの様な ハードな乗り方は難しいですが
山サイ感覚で楽しむなら アルプスのトレッキングコースは最高のトレールですね。

一気に記事を書き切れないもので レポートは まだまだ続きます。
もし良かったら 目を通してやってください。
[ 2009/04/11 01:39 ] [ 編集 ]
こんばんは。
素晴らしい所を、走られているんですね!
MTB乗りなら、一度は走ってみたいと思うような素晴らしいトレイル。

裏山のトレイルも魅力だけど、一度は走ってみいなあ~♪

素晴らしいレポート、ありがとうございました。
[ 2009/04/10 20:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。