山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

六甲山でMTB

神戸

神戸市の六甲山で トレールライドを楽しみました。
公共交通機関を利用して 長いハイクアップから開放されるなんて
六甲山らしい贅沢なプランです。

どこからスタートしても良いのですが 
朝の時間(ケーブルの始発迄の時間)と駐車場代を節約出来るので
六甲ケーブル山上駅駐車場に車を乗り付けスタートです。
欲を言えば 輪行する為に折たたむ手間が無ければ申し分ないのですが.。

六甲ケーブル上駅駐車場(MTB)~六甲最高点~水無山~大平山~大谷乗越~塩尾寺~宝塚
~阪急宝塚駅(電車)→阪急六甲駅(バス)→六甲ケーブル下駅(ケーブルカー)
→六甲ケーブル上駅(MTB)~駐車場

六甲山頂

駐車場の先から階段を登り 六甲山縦走路に出ます。 
ゴルフ場脇を走り抜け ハイクアップして凌雲台へ。
小さくアップダウンしながら車道を走り 六甲最高点を目指します。
山頂へは 登山道をハイクアップ。

車道

最高点から少しの間は車道を快走。
トンネルの先から 宝塚への12kmのハイキングコースが始まります。

トレール入口

そこで ハーフヘルメット 勝負グローブ 肘・膝プロテクター
ソフト・ボディプロテクターを装着します。 
晴天ですが 朝は意外に気温が低く 素手になって支度していると
手が冷たくて 痛くなります。

トレール大平山へ

まずは 水無山~船坂峠~大平山の舗装道路迄。
所々深いギャップや 歩くにも足が止まらない程滑る坂
随所に出てくる登り坂では MTBを降りなくてはなりません。
小さなギャップや岩や石を避けて走るテクニカルなトレールで 
目と体の 程良いウォーミングアップになります。

平日といえども 何組かのハイカーに出会います。
勿論 MTBを停めて道を開け 挨拶を交わします。
ハイカーの皆さんは フレンドリーに挨拶や会話を交わしてくれました。
日頃 地元MTBerの皆さんのマナーが良いお陰だと お察しします。
本日は 交通安全の為 不必要な加速は封印です。 

大平山から山道に戻り 大谷乗越迄は 
岩をかわしたり 乗っ越したり テクニカルコースが連続。
殆ど乗り放しの楽しいエリアです。
急な階段で 乗車を諦めて降りていくと 舗装道路が見えてきます。

大谷乗越で車道を渡り 再び山道に入ります。 
なだらかでフラットな路面が続きます。
ペダルを漕がなくても MTBがスムーズに転がって行きます。
時々登りがあり 押して歩きましたが苦にはならない範囲です。

トレール

黒い土のうが現われるとトレールも残り僅か。
少しテクニカルなコースに変わります。
手堀でステップの刻まれた土の斜面は遠慮して降りましたが
それ以外は殆どMTBに跨ったまま走れます。 
塩尾寺に到着。

大平山から塩尾寺間は 写真を撮りたいと思っても 
勿体無くて なかなか止まれない快適なコースでした。

宝塚

宝塚駅まで 景色の良い舗装道路の下りが続きます。

六甲ケーブル内

MTBに輪行バックを被せて電車・バス・ケーブルを乗り継ぐと
宝塚から約1時間 1000円くらいで六甲ケーブル上駅に戻れました。

六甲山には 摩耶山と有馬温泉にもロープウェイが架っているし
仲間同士 上まで車で回送する手もあるし 
走り足りなければ 舗装道路のヒルクライムしても良いし
登山道のハイクアップ以外にも多くの選択肢のある 贅沢な山ですね。

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2009/04/04 11:06 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(11)
884Rさん
お互い 同時にコメントを投稿していたようですね(笑)

そうなんですよ。
六甲山でMTBに乗るのは初めてではないのですが
もしかしたら 今回はダメかもしれないと心配してました。

ハイカーとMTBerが共存出来るヒントがあれば 聞きたいところです。
[ 2009/04/07 21:32 ] [ 編集 ]
都会なのに
六甲は花崗岩質でいいですね。
神戸のオアシス的なところなのに、MTBが走行禁止になっていないなんて素晴らしい!
地元ライダーのマナーの良さがあってのことなんでしょうね。
[ 2009/04/07 20:16 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
☆IKさん

昔 保塁岩にクライミングに行きました。
六甲山の代表的なコースしか歩いていませんが
無数にある登山道には 他にも走れるトレールが沢山ありそうです。
神戸のMTBerが羨ましいですね。



☆kinkachoさん

関西には登れる山が沢山あるし 都会もあるし
信州が近いし 航空機を使うのも便利だし 良いなぁ。

関東の河川敷遊歩道では ロードバイクと歩行者の事故が増えているそうです。
両方が我が物顔で利用しているからでしょうか?
登山者優先が暗黙の了解になっている山道の方が マナーが良いようですね。
登山者のkinkachoさんに MTBerを理解していただけてうれしいです。



☆フランスさん

はじめまして。
皆さんの記事を読んでいると 北関東は快適なロングルートが沢山あるようですね。
四国は地形的に山が険しく 快適なロングコースは見つけにくそうですが
ショートコースであれば 無数に有りそうな気がします。

香川の雲辺寺山 高知の野根山街道 千本山などは面白かったですね。 
歩いた感じでは 淡路島の諭鶴羽山も面白そうでした。
剣山も山荘から見ノ越への尾根道は走りやすかったですね。
ただ登山者が多くて気を使うのが難点ですね。
[ 2009/04/07 11:54 ] [ 編集 ]
はじめまして
ニコさん、はじめまして。MTBの山サイを探していて、到達しました。
山サイ歴5年くらいのフランスといいます。関東から四国・高松に転勤したのですが、MTB仲間がいなので、ロードでモンモンとしてます。北関東をホームで遊んでいたのですが、西日本は地理感ないです。
徳島・剣山がいいと、聞いてきたのですが、四国の山サイコースはどこかご存知ないでしょうか?
六甲にもあるとは、感激でした。
[ 2009/04/06 22:03 ] [ 編集 ]
六甲だ!
ニコさん、こんにちは。
六甲だったんですね。四季を通じて歩き回る身近な山です。
この頃、MTBにもよく合います。ニコさんを思ってあいさつするようにしています。爽やかな人が多いです。
[ 2009/04/05 09:50 ] [ 編集 ]
おはようです。六甲ってMTBで縦走できるんですか、知りませんでした。
 六甲は1回しか行ったことがなくて、それももう20数年前にクライミングでなので、なんとなく六甲って言うと「岩、険しい→チャリはダメ」って言うイメージがあったんですよね。
 走れるなら神戸のMTBerは自宅から走っていけるのかなぁ、それならうらやましいです。
[ 2009/04/05 05:52 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!
☆casterさん

それにもめげず トレール行ってますか?

リムの1本や2本ぶっ壊しても 
永い人生に於いて 損失のうちに入りません。
それを気にして 遠慮してたら そっちの方が損失だよ。

リム曲げちゃうくらい後先考えずに ガンガン走れるのが 君たちの特権ですよ!
あ~ 羨ましい。 




☆takosa56さん

はじめまして。
敬愛なるガハクさんの所からのゲストなんて 大歓迎です。

「何がそんなに面白いのでしょうね?」
って自分で思うくらい シングルトラックを走るのが大好きです。
ブログ読んでくれた人が MTBが楽しそうと思ってくれて
何か 夢や目標を持つ ヒントにしてもらえれば本望なんて考えています。

いきなり おこがましいコメントになってしまいましたが
こちらこそ よろしくお願いします。
 
[ 2009/04/05 02:22 ] [ 編集 ]
はじめまして
始めまして、こんばんは。
takosa56と、申します。
ガハクさんのところから、やってきました。

凄いですね、トレイルライドの楽しさが伝わってきます。
海外も走られているようで!

これからゆっくり、過去の記事も拝見させて頂きます。
[ 2009/04/04 19:46 ] [ 編集 ]
トレイルですか。
僕の場合は山道でリムをポテトチップスに近い状態にした苦い思い出がありました。
なんせシングルウォールですから
[ 2009/04/04 19:33 ] [ 編集 ]
ガハクさん
これはまた 深い~テーマですね。
長距離砲と同じくらい 深い~テーマです(笑)
[ 2009/04/04 16:42 ] [ 編集 ]
2本のHR
今年もいよいよ始まりましたね。去年の課題を始めからクリアしそうな勢い!楽しみ~♪
私の方の今年度の課題のひとつは「DHでのコーナリング」。こっちもクリアしたいです。
[ 2009/04/04 12:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。