山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マルティニでポタリング(記録)

マルティニ街角

08年7月7日
肩を痛めてしまったので TMBは延期して ツェルマットへ向かいます。
シャモニ~マルティニ~ツェルマット
うれしいことに MTBを分解することなく そのまま電車移動です。

マルティニ

朝一番の電車に乗っても ツェルマットに着くのは午後になるので
いつも素通りで 気になっていたマルティニに寄道してポタリングです。

ローマ時代から栄えてきた町。円形闘技場など多数の重要遺跡が発掘されています。ガロ・ローマンの神殿跡を館内に取り込んだ博物館「ピエール・ジアナダ財団 Fondation Pierre Gianadda 」は質の高い美術館としてとくに有名。高台にある13世紀の城塞「バティア城 Château de la Bâtiaz」には、レストランがあるほか、定期的に劇やコンサートなどが企画されています。古い教会や邸宅など、中世の面影も感じられる町の中心には、カフェやレストランのテラス席がにぎわう美しい並木道があります。周辺は美しい葡萄畑が広がるワインの産地。また、歴史的なグラン・サンベルナール峠や、モンブラン山麓のシャモニに結ぶ鉄道の拠点としても知られています。


シーザーもナポレオンもこの街を通って遠征したんだって!

まずはジャナダ美術館へ向かいます。
シャモニとは違い 生活感やビジネスの匂いする街です。

法律を確認した訳ではありませんが こちらでは歩道を自転車は走りません。
交通量が多いとプレッシャーです。

日本では 左側通行 そして右見て 左見て道路を渡りますが
車両右側通行のこちらでは 左見て 右見て渡ります。
身に付いた習慣は 咄嗟に出てしまいます。
交通事故事故を起こさないように 咄嗟の判断を避けて慎重に走りました。

円形競技場

建設工事の際に大規模な遺跡を発掘したジアナダ氏が、直後に事故で亡くなった弟に捧げ、ガロ・ロマン文化の遺産を伝えるための財団を設立。発見された神殿跡を建物の中に取り込むというユニークな博物館を完成させました。ケルトからローマにかけての貴重な品々のほか、広い庭園にはロダンやヘンリー・ムーアなどの彫刻が展示されています。シャガールが手がけた美しいモザイクのモニュメントも必見です。クラシック・カーのコレクションがそろった自動車博物館も併設。とくに名画を中心として構成される質の高い企画展で世界的に知られています。


美術は判りませんが 美術館めぐりは好きです。
しかし 解説が理解できないのが とても残念でした。
自動車博物館のクラッシックカーには 大満足です。
裏庭には復元されたローマ時代の円形劇場もあります。
脇の石畳は 当時の物だと聞きました。



城

バティア城は街の中心近くの高台に建っています。
ぶどう畑の中 眼下の街並み風景を楽しみながら 舗装路の急坂を登ります。
レストランなど営業時間外だったようですが 眺望を楽しみました。

マルティニの街並み

再び電車に乗り ヴィスプから最終便の登山電車に乗り換えます。
ここから日本人観光客の姿を見るようになります。



ツェルマット

ツェルマト街並み

ツェルマット駅前は いつも大賑わいです。
まずは 街中にある日本人スタッフのいるインフォメーションで
天気予報を確認。
夏の高気圧は不安定で 晴れ時々オラージュ(雷雨)。
山岳地帯で一番気になる言葉 オラージュです。
MTBライドだけではなく ホテルを取るかキャンプをするか
判断に悩まされるところです。

駅のインフォメーションには ボタン1つで 
選んだホテルにダイレクトに繋がる無料電話がありますが
連絡は自分でしなくてはなりません。
電話は自信無いので直接ホテルに行きましたが 希望した2件のホテルは満室。
こんなバカンス・トップシーズンには 当たり前の事ですね。

ツエルト(簡易三角テント)でキャンプに決定!

ツェルマットキャンプ

続いてスパーマーケットで買い出し。
食器類はありませんので調理は出来ませんが 何とでもなります。
パック入り野菜とか サラダ・マカロニ惣菜とか  
ツナ缶とか チーズとか パンとか ビールとか…。

そうこうしているうち 日没時間が近付き 日本人橋迄 ダッシュです。
今回はMTBがあるので楽々です。
夕日に染まる 赤いマッターホルンを満喫。

キャンプ場に戻り シャワーを浴びて 
ようやく てんこ盛りの一日が終わりました。
日照時間が長いというのは ありがたい話です。
ちなみに ツェルマットに到着したのが18時前。
スーパーマーケットは20時迄営業。
シュラフの中で落ち着いたのは22時頃だったと思います。

ブログパーツ
スポンサーサイト
casterさん
ポタリングという言葉の響きが 自転車散歩なんて日本語で言うより
遙かに 散歩的に聞こえる気がします。

リンク大歓迎です。
こちらこそ お願いします。
[ 2009/04/02 11:21 ] [ 編集 ]
ポタリングといえば自転車散歩のことを指すらしいですけど
楽しくていいですよね。僕もよくします。
それから相互リンクのお願いをしたいのですが・・・いいですか?
[ 2009/04/02 10:38 ] [ 編集 ]
kinkachoさん
僕も元々山屋ですから ポタリングという言葉を口にすると
未だに 頭の中には ポリタンクが浮かんできます(笑)

今時だから もしかしたらポリタンクという言葉も 
kinkachoさんには 馴染みが無いかもしれませんね。
[ 2009/04/01 23:43 ] [ 編集 ]
ポタリング
ニコさん、こんにちは。
門外漢なので、ポタリングとは何ぞやと思ってましたら、新聞の連載記事でウエンツ瑛士が説明していました。まさかウエンツ瑛士がここで役立つとは意外でした。
[ 2009/04/01 22:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。