山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レ・ズーシュで肩痛い(記録)

レ・ズーシュ ヤナギラン

08年7月5日(前編)
レ・ズーシュは シャモニで一番の 人気MTBエリアです。
シャモニから西へ6km。
電車でMTBごと乗って行ける便利な場所です。

レ・ズーシュ ボザのコル ブログ 1回目a

TMB(ツール・ド・モンブラン)のコースの一部ですから
シャモニからMTB漕いで出掛けます。
今日は少し肌寒い気候です。

ガイアン湖

ガイアンの岩場は シャモニのロッククライミングのゲレンデ
いつも 賑わっています。
そばには 池があり ポストカードにもなる 絵になる景色です。

この辺りで 林道を見つけ 車道を離れたのが間違いでした。
結構な上り坂が続き またまた山に入る前に疲れてしまいました。(笑)
以前 バスで行ったときの記憶を当てにして走った為に 
駅の周辺で道に迷いながらも 何とかゴンドラ乗り場に辿り着きました。

この山の上 ラ・シャレットゥには 
サンジェルベ・ル・ファィエから登山電車が繋がっています。
終点駅ニ・デーグル駅は 最も一般的なモンブランの登山口。

今日はボザのコルを越えて サンジェルベ・ル・ファィエ迄下り
ツール・ド・モンブランの一部をトレースしておきます。

ゴンドラに乗る

ロープウェイは30分に1回くらいのペースで登って行きます。
チケットを買っているうち 目の前で1本乗り過ごしてしまいましたが
これが 思い掛けない 再会の切欠になりました。

ガラガラのゴンドラに もう一人フランス人DHer登場。
彼が話し掛けてきました。
何と 先日のアンデックスリフト頂上駅で 話を聞いたおにいちゃんでした。

これ幸いと TMBでのMTBライドについて聞いてみると 
シャモニの自転車ショップ・ゼロGの ムッシュを紹介してくれました。

ラ・シャレットゥ

上の駅で降りると そこには 小さなバイクパークが出来ていました。
そんな本格的なものではなく 子供向けかな?
と思わせる程度です。
彼の仲間の親子が パークで楽しんでいるのを一緒に見ていると
現地人ハイカー集団登場。
子供に声援送り 盛り上がり始めました。

bellevue6[1]

僕は遊ぶ気が全く無く ヘルメットしか被っていなかったのですが
現地人おじさんたちが「アレ アレ(行け行け)」と騒ぎ始め 
段々と収集がつかなくなりました。
はやし立てられると 行ってしまうのは性でしょうか…?

仕方なく テーブルトップを無難に抜けて 立ち去ることにしました。
2連のテーブルトップを 1本目 抑えて通過。
荷物を背負い 飛ばしてもいないのに ふわっと浮き上がります。
2本目 体が勝手に反応…少しだけ伸び上ってしまい…

bellevue5[1]

坂を降りと 左カーブしたバームが目に飛び込んできて 
歯止めが効かなくなり…
そして なぜか 次の瞬間
ヘルメットをこすり付けて 地面を這っていました。

本当に馬鹿ですね!
左肩を打ちつけてしまいました。
路面の凸凹にタイヤを取られてようです。

歓声に気付き 現地ハイカーにガッツポーズで答えて…
そうするしかなく
その場を後にしました。
「痛いよ~(涙)」

続く

ブログパーツ
スポンサーサイト
コメントありがとうございます
☆884Rさん

夏の間は背中に手が回せなかったり
左肩を下にして 横向きに寝られなかったり
結構なダメージでしたが
MTBのポジショニングの範囲内で 問題が無かったのが幸いでした。

昔から お馬鹿な冒険家と言えば 大概フランス人っていうイメージありますよね。
彼等は本当に一生懸命で遊びますね。



☆posnさん

MTBに怪我はつきものですね。
でも おじさんはやめませんよ。

あの時の左肩はすっかり治りました。

フランス人はMTBに限らず ロッククライミングでも 登山でも
親が子供に 日本人感覚では 危ないと思えることを教えます。
冬季オリンピックで日本がヨーロッパに 殆ど勝てないのも納得です。

MTBでフィールドを走る時は プロテクターがあると随分怪我の回数は減らせますよ。
小さなアクシデントを恐れて 気をつけ過ぎてると
いつか取り返しのつかない 大きな失敗をするので 
多少の思い切りと 経験と呼ばれる小さな失敗は必要ですね。

質問がフランスで?という意味なら
道路通行の左右が逆なので 道路を渡るときに注意が必要です。

[ 2009/03/15 15:46 ] [ 編集 ]
危ない!
大丈夫ですか?

フランスの子供向けコースはすごいです
コースに限らず自転車に乗るときは気をつけないと駄目みたいですか?
[ 2009/03/13 23:56 ] [ 編集 ]
あらら
やっちゃいましたね。
その後にじわじわとダメージが現れてきたのでは?
フランス人は危ない遊びが好きですよね。
スキルがなくってもヤルのが当たり前、と皆思っているのでしょう。
そのまま立ち去ったのは、正解なんでしょうねぇ。
[ 2009/03/13 23:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。