山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

転んで息できないMTB

クラッシュライン1
先日 コソ練T山で転倒しました。
転倒は珍しくありませんが 今回は苦しい転倒でした。

いつもバーム状の土手を走る場所で
溝の底に入り込んでしまいました。
一瞬 何が起きたか判らないまま
ハンドルをとられ つまずく様に前転です。

一回転して木の根元に飛び込み
仰向けに座り込んでしまいました。
後ろからMTBが飛び込んできましたが 動けません。 
胸を打って 息が出来ず しばらく唸っていました。

呼吸を取り戻すと 
やっと 体を動かすことが出来るようになりました。
両手がしびれています。
どうやら 左手の小指が 
葉っぱの陰になって見えなかった枯木に当たり
ハンドルを取られてしまったようです。

見えなかった1

前転時 右手を地面に突いて その上に体が落ちました。
ボディープロテクターで手が潰され
親指の付け根辺りが少し腫れ 小指には力が入りませんでした。
手は痛かったのですが 肋骨は痛くも何ともありません。

手以外は 全身どこも打っていません。
プロテクターって ありがたいものです。

数分で体は回復したので
もう一度 頂上に戻り 走り直しをしましたが
走りのリズムが悪くなってしまいました。
ビビリ大魔王の降臨か!
やばいです(汗)



手の痛みも取れたので 日を改め  
忌々しい 転倒原因となった枯木を切りに行きました。

切ったぞ!1

愛用の折畳ノコギリが見当たらず
緊急用装備のワイヤーソー(ポケット・ソー)を使いました。
刃の付いたワイヤーの両端を 左右の手に持って 
両手を広げて 左右に引いて使います。

アメリカ製だけあって ワイヤーが長く 腕より肩が疲れます。
そして 出し入れや 伸ばしたり 丸めたり 
その都度 グローブに刃が引っ掛かり 使い易いとは言えませんが 
軽いし 荷物にならないので 緊急用として 携帯するなら ありです。。

上から見る1

走行ライン1

クラッシュした枝切りのついでに
コース出口の斜面にある 目障りな切り株もカットしました。
これで 安心して走れます。
ビビリ大魔王は退散してくれるでしょうか(笑)


ふと思うのですが ブログやってなかったら 
この記事に使ったような 意味不明な写真を撮ることはなかった思います。
写真見ながら 笑ってしまいました。

それから 最近 動画も撮ってみようかな…
なんてちょっと考えたりして…
リスクの少ない装着場所として 胸を考えていただけに
どうしたものだか……???です。

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2009/03/01 21:47 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(6)
884Rさん
写真では傾斜が上手く表現出来ていませんが
それなりの下り坂になっています。
しかし ブレーキを引きずる程でもないので
気分はスピードアップしたいけど 道が狭くてラインが限られ
ブレーキに指をかけてしまい ストレスの溜まる所です(笑)

[ 2009/03/05 23:12 ] [ 編集 ]
レールなっていて難しいラインですね。
しかも下は岩盤?のご様子。
大怪我でなくて何よりです。
狭いシングルトラックはコケた時に逃げ場が無いからヤバイっすよね。
私らの地元の山は杉の植林帯が主なので、なんだかんだ逃げ場があって助かっておりますです。
枯れた木の枝なら、じゃまなら切っちゃいましょう!
[ 2009/03/04 20:14 ] [ 編集 ]
メロビさん
プロテクターの考え方って 人それぞれですね。
XC系の人は そんなにスピードを出さない前提なのかもしれませんが
普通に走っていても実際転ぶと 結構ダメージを受けます。

僕もそれ程速く走れませんが 
それでも転倒時には 何度もプロテクターには助けられています。
膝 脛は守った方が良いですよ。
かなりの確率で 真っ先に地面に突っ込んで行く場所ですから。

ビビリ大魔王も 穴に埋めてしまえ~!ですね。


[ 2009/03/04 14:01 ] [ 編集 ]
怪我怖いですね。
やはりプロテクター重要なんですね。
普段ヘルメットだけなのですが、
ニーガードくらいはつけないとなぁと痛感しました。

そして私も悔しいので、はまった穴埋めにいこうと決心(^^;
[ 2009/03/04 10:40 ] [ 編集 ]
デンデンママさん
お見舞いありがとうございます。
あれから1年経ちました(笑)
今回の手の方は 軽い打撲って感じで 殆ど治りつつあります。

勿論 痛いのは嫌だし 怪我すると仕事出来ないし
安全第一なのですが
MTBなんて 飛ばしてなんぼ 急坂突っ込んでなんぼ
の遊びですから…
ギリギリ勝負だからこそ 楽しいのでしょうね。
でも 気をつけます。ハイ!
[ 2009/03/03 09:35 ] [ 編集 ]
危なかったですね~
以前腕に枝が刺さった事を思い出しました。
やはり山には気をつけないと危ないですね。
山の魔物は一瞬の油断を見逃さないと言いますから、
気をつけてくださいね。手だけでよかったです。
[ 2009/03/03 01:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。