山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武奈ヶ岳・MTBダウンヒル

lsa.JPG
滋賀県 比良山系 武奈ヶ岳を走って来ました。
日本200名山 関西でも人気の高い山です。
ルートは山頂~西南稜~御殿山~坊村明王院
 
○○アルプスとか ○○名山と呼ばれる山々の多くは
あまりMTB走行に向かない傾向があります。
1.岩場やガレ場 乗車不可能な急坂が多い。
2.登山者が多い。
3.標高に伴ってアプローチが長く 登山装備が重くなる。
でも そんな山だからこそ 走りたくなるんですよねぇ。
 

武奈ヶ岳のダウンヒルで一番大変なのは 登山者の数でした。
何度も止まり 道を譲ったり譲られたり 登山者と会話しながら
降りて来ました。
登山者の皆さんは MTBを見て 一様に驚き 感心し
至って 好意的に声を掛けてくださいました。
 
快適に走り通す場面は あまり有りませんが
コース全体の8割は乗車可能で 重たい思いをして
MTBを押し上げた甲斐は充分ありました。 
 
 
コースレポート
山頂(1214m)から分岐点を経由して 短い吊尾根を下りる。
小ピークの岩場を押して通過 地道からMTBに跨る。
出だしは少し急で 大きめの石ころと 小さなギャップをこなすと
やがてスロープは 緩やかになり 一瞬の快走を楽しむ。
 
次のピークの下は 石の詰まったガレ場の急斜面で
小さな落石が 大きな落石を誘発して 
登山者を危険にさらす恐れがあり MTB押して慎重に降りる。
 ガレ場の下部で傾斜が緩むと そこからワサビ峠まで
また一瞬の快走。
 
その先の急登を押し上げると 御殿山頂上(1097m)
ここから シングルトラックを約700m快走する。
尾根~乗車できない急斜面10m~凹部分。
後半の凹部分は ジェットコースターのコースのように
アップ・ダウンしてかなり楽しい。
 
続いて現れる 登りも混ざるトラバースは 滑落すると
かなりヤバイので要注意。
反面 きわどい細道のギャップに飛び込むのは 
最高に気分がいい!
トラバースが終わり 尾根を抜けると 
間もなく標高約700m地点で自然林の尾根が終わる。
 
ここから 明王院まで植林帯を下る。
最上部は 登山道を真下に見ながら 狭いトラバス道が 
急斜面に ジグザグに切られている。
落石と滑落防止のため ここは慎重にMTBを押して降りる。
 
鞍部から乗車。
快適な尾根コースから 段々と傾斜が増してくる。
浮石が多く フォールラインに登山者がいれば乗れない。
一時的に乗車の厳しい傾斜にもなるが すぐに傾斜は緩む。
左右のターンを繰り返しながら快走。 
標高約300m明王院でダウンヒル終了となる。
 
参考データーです。
距離約5km
コースタイム約50分(登山者数によって大きく変わります)
トップスピード約30km/h
 
 

 
スポンサーサイト
[ 2007/05/14 23:11 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(2)
ガハクさんこんにちは。
山の美しさとMTBトレールの素晴らしさは なかなか一致しませんよね。
やっぱり それが叶うのは海外かなぁ・・・
奥武蔵 知る人ぞ知る MTBルート走りたいですねぇ。
いつか案内してくださいね!
[ 2007/05/16 18:24 ] [ 編集 ]
写真を拝見する限りきれいな山ですね。歩いてみたいなあ。
またMTBで走ってもみたい。でも登山者に気を使っての走行、なかなか大変そうですね。
奥武蔵にはこんな良いとこなかなかありませんが、家からもう少し下ると低山の続く山域があります。
中には知る人ぞ知るMTBルートもありますが、MTBで走るから面白いだけで、山として美しいわけじゃありません。
[ 2007/05/16 02:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。