山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バルムのコルからMTB(記録)

バルムのコルからルートを見下ろす(写真右手の尾根を走ります。)

08年7月2日(後編)
装備を整えて いよいよトレールライドです。
この瞬間を何年待っていた事でしょう。

バルム山周辺

日頃 走る所と言えば 殆ど 樹林に囲まれていますので
こんな開放的な場所を走る機会は 滅多にありません。
「景色が違うぜー!」
絶叫気分です。
早速 目のやり場に困ります。
景色も見たいし 足元見て 攻めたいし。

バルムのトレール

しばらくは 水平なトレールで 
時々 ハイカーを追い越しながら走ります。
国際親善と善良なMTBerの一員として
目一杯 愛想良く 挨拶しながら進みます。
ここは「ボンジュー(こんにちは)」です。
ハイカーの皆さんも 愛想よく答えてくれます。

ちなみに 現地人MTBerは
「メッシー メッシー(ありがとう)」
を連呼しながら
すっ飛んで行きました。(他のエリヤでの話)  

やがて 最初の下りが始まります。
路面のきれいなトレールですが
水切りの溝が 石組みでしっかり作られていて
小さな衝立越えの為の 減速が何度も入ります。
それでも スキー場(草原)の中のシングルトラックを
気分良く走りました。

鞍部の山小屋(リフト駅)を通り過ぎると
トラバース道を登って行きます。
この辺りには もうハイカーはいません。

トゥール氷河

少し頑張って登り切ると
モンロックに向けてのDHが始まります。
石や岩が多く 一気に標高を下げる テクニカルなエリアです。

アルペンローゼの花に囲まれたシングルトラック。
目線を上げれば シャモニ針群峰が連なります。
ここもまた 景色は見たいし 路面からは目が離せない
飛ばして駆け降りたいけど 急いで通り過ぎるのは勿体無い
困ったエリアです。

樹林帯に入りと ガレ場が終わり
土の道 根っこやギャップも織り交ぜながら 
とても快適で 面白いシングルトラックです。

バランス勝負のスイッチバックコーナーが連続すると
やがて なだらかなシングルトラックとなり
車道脇の駐車場へと 飛び出します。

更に集落の中 ダブルトラックを流しながら
モンロックの街へ降りて来ます。


動画は撮っていませんが
ネット上で バルムからモンロック周辺を走っている動画を見つけました。
イメージだけでも お伝え出来れば…。






シャモニへの帰り道は モンロックから再び川沿いの林道へ。
峠からは 舗装路に入らず そのまま線路沿いの林道を走ってみました。
アップ・ダウンの激しい 楽しいトレールでした。
 
プラの街からは 
登山家にはお馴染みの キャンピング・ロジェール(以前有った)横の
川沿いの道を 緩やかに下って行きます。

この10km弱のコースも なかなか楽しめました。


7月8日全行程
走行距離33km
走行時間3時間50分
平均速度8.5km/h
最高速度38.5km/h
ダウンヒル標高差 約1000m

ブログパーツ
スポンサーサイト
posnさん
違いに興味を持つと そこから いろんなモノが見えてきますね。

日本では 登山 ハイキングは趣味として見られますが
バカンス習慣のある 西欧の国々では あまり特別な事ではありません。
日本とは比較にならないくらい 多くの人々がトレールを歩きます。
増して シャモニのように アルプスのメッカとして 世界中のハイカーが訪れれば
必然的に道も良くなり 行政も力を入れて整備をすることになるでしょうね。
[ 2009/03/01 21:30 ] [ 編集 ]
すごく整備されているような道ですね。
しかし、このような所って一体誰が管理しているのか
興味深いですね。
地元の山道とは大違いです、はい。
[ 2009/03/01 13:17 ] [ 編集 ]
デンデンママさん
デンデンは嬉しい事言ってくますね!
ただし MTBはまだ仕事にはなっていないので
将来 MTBerの皆さんに 夢を提供できるような ビジネスになれば
それこそ 僕の夢です。

記事を書きながら 風景を思い出すと 
瞬間的に気持ちが シャモニへ飛んで行ってしまいます。
[ 2009/02/26 00:33 ] [ 編集 ]
ほんと、素敵な景色です。
こんな環境に囲まれたら幸せだろうな~と思いますよ。
うちのデンデンは、MTBの仕事って、
超かっこいいって言ってます(^^♪
[ 2009/02/24 23:39 ] [ 編集 ]
楽しんでいただけてますか?
☆IKさん

ヨーロッパ旅行ならではの楽しみが テラスでのドリンクや食事です。
気候とロケーションが良いので とても解放感のある 贅沢な時間を過ごせます。
図星ですね~
走った後のビールが旨いんだ!
車運転しないから いつだって飲めるし!
シャモニ アルコールライフの記事も書かなくては…(笑)



☆884Rさん

エリア コースによって 
XC系のMTBerとDH系のMTBerが 住み分けしているようです。
モンロックへのコースはXC系コースでした。

時間がなくて走れませんでしたが
バルム山にも別方向へ降りる DHコースがありました。
他のコースを走って感じましたが
僕のスキルとMTBでは DHコースを思い切り走るのは無理でした。
[ 2009/02/24 00:01 ] [ 編集 ]
確かに
景色も楽しみたいし、路面もみなきゃならないし、トレイルの続きも見たくなるし、楽しすぎて忙しそうですね。
標高差1000mのロングダウンヒルですが、ここはやはりダウンヒルバイクではなくトレイルバイクで走り路面へのダメージを少しでも和らげて走りたいものです。
いざ自分でも行ったら飛ばしたくなっちゃうんだろーなー。
いやいや景色を楽しむのが優先か・・・
[ 2009/02/23 22:11 ] [ 編集 ]
  いや~~溜りませんね~。
 眼下には牧草地の中を下って行くトレイル、前にはドリュ、シャモニ針峰群そしてモンブラン。
 そんな景色をテラスでのんびり見ながらランチを取ってから麓に向かってDH、そして下り終わってシャモニに着いたら今度はカフェでビールですか、夢のような世界ですな、うらやましい。
 下るのも「思いっきり集中してDHを楽しみたい」と言うのと「のんびり景色を眺めたい」と言うので、なかなか複雑ですね。

 続編を楽しみにしています。
[ 2009/02/23 08:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。