山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DHバイク欲しいかも

DH本
久し振りに仲間たちと 走ってきました。
正確に言うと かなり遅れて 1人で走っていました(笑)
それでも気分は DHモードです。

K山を走るのは半年振りくらいでした。
以前は 路面に所々 おかしな窪みが出来ていましたが
随分修正されて 走りやすいコースになっていました。
ライン取りを確認しながら走っていたので
全開とはいきませんでしたが それなりには走れていたつもりです。

ところが スタート早々には ぶっちぎられて
独り 寂しい走りとなってしまいました(笑) 

今回は1年振りくらいに スペシャライズドS-Works・スラローム2000。
フルフェースも久し振りにかぶりました。
この1年くらい 走りのイメージは すっかり山サイモードでしたので
正直 スピードが ちょっと怖い感じの走り方でした。

決して 遅いのがMTBの差だとは言いません。
2輪ですから ライダーのスキルによる所が大きい事は判っていますが
仲間たちの乗っている 最近のDH系バイクを見ていると
新しいDHバイクにしたら もう少しは 速く走れるかもしれない…
なんて 買い替えの口実を探し始めそうになってしまいました(笑)
トレールライド本
パーツにしろ 本体にしろ
次に投資するときには 自分自身の走り方の方向性を含め
S-Worksを代替してDH系にするか
ジェイミス・ダカールをグレードアップするか 迷う事になるでしょう。
迷ってみたい…そうなると良いなぁ…願望です(笑)


続いて 彼等がルート開拓をしている山に 連れて行ってもらいました。
グーグルアースと地図を駆使して見つけた 古道だそうで
通過する田んぼや畦道についても 地主さんに許可を取っているそうです。
場所によっては タイヤ跡を残さないよう気を遣い MTBを担いで通過します。

仲間は リュックに チェーンソーと手鋸持参です。
倒木の処理から 笹刈りまで 本当に手作りのコースでした。
「今度 休みが合えば 手伝うので 宜しくです。」
ラダー構想もあるそうで 楽しいコースになりそうです。

とっくに 皆さんは お気付きだと思いますが
山頂の無い山道を探すのは MTBerにとって 
トラブルを起こさず 思い切り走れるコース発見の ヒントになりそうですね!
 
ブログパーツ




スポンサーサイト
[ 2009/02/10 01:48 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(7)
884Rさん
何だかんだと言いながら
新しいバイク欲しいですね。

イメージは884Rさんのおっしゃる通り
DH寄りのFR系ですね。

MTBの情報に疎いので 
どこのバイクが良いのか? 自分にあうのか?よく判らないので 
とりあえず Fox36R 指くわえて 眺めています(笑)
2009カタログ本や雑誌の特集記事 探してみようかな!


ルート開拓の手伝いもしていないのに 案内してくれる仲間には感謝しています。
時間を調整して 作業に自分も参加しなくてはなりません。
[ 2009/02/15 16:27 ] [ 編集 ]
コメント遅くなりました
買っちゃいましょうよ!(と自分も言われた気がする)
思い切って最近のDH寄りのFR系を。
欲しい時が買い時です。
最近のシングルクラウン6~7インチフォーク、ダブルクラウンより軽量で格好いいっすよ。
フレームも6~7インチでいいのがいっぱいありますね。
6インチ以上あればドロップオフも安心してバンバン飛べますよ!
フルスペックのDHバイクよりハイクアップも楽だし。

ちなみに私自身は昨年6インチFRバイクを売却してしまって、ただ今ハードテイルのみですが・・・
1mクラスのドロップオフは、もう怖くて飛べませんです。

山頂を通らない廃道の開拓、大正解だと思います。
今各地のダウンヒラー達は、地元に許可を取った上で山中にコース作ってますよー。
私自身も10年前ぐらいにかなり過激なのを作ってました。(許可ありと無し)
ただし、評判を聞きつけたライダーがいっぱい集まってくると、地元もだんだん不機嫌になっていきますのでご注意を。
許可なしは絶対にまずかったと、今でも後悔しておりますです。
[ 2009/02/13 10:20 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
☆IKさん

たった1度の人生なんだから 楽しまないと。
楽しく遊んだら その為にも しっかり働こうって気になれますよね!

大菩薩峠に行った時 麓で困っていたら
立場上 MTBを公認は出来ないのだけどと言いながら
小菅村の役場の方が 親切に助けてくれました。
どこの役場の職員さんも 個人個人は きっと良心的なんだと思います。

一部の 「折り合えない」人々にかき回されてしいるのですね。



☆デンデンママさん

お久し振りです。
戦後 アジアの国 それも敗戦国日本が 
わずか数十年で先進国の仲間入りするなんて 奇跡です。
そして 奇跡の復興を遂げるために 死に物狂いで働いていただいた
先輩方に感謝です。

貧困から脱出する為のモチベーションとして 物質的豊かさを求めたのは必然です。

先輩方に創っていただいた 物質的に豊かな日本を より良い国にする為に
「心の豊かさ」を培っていくのは 我々世代へ与えられた義務だと考えています。

という訳で 日本にも バカンス制度の導入を 提案したいと思います。
欧米人に出来て 日本人に出来ない訳がありません。
ワークシェアリングにもなりますし。

経団連や文科省あたりから ゆとり教育の反省の基づいて 
ゆとり社会反対の声が 聞こえてきそうですが(笑)

[ 2009/02/12 12:58 ] [ 編集 ]
久しぶりの応援です★
日本がもうちょっと広ければ、
山を含む資源がもうちょっと多ければ、
人々の考えも少しは違っていたでしょうか。
実は前全然違う事でも、そう思ったことがあります。
豊かさを経済だけだと思い込んでしまったのは、
いつからでしょうか、
心の豊かさがまだまだ足りないよね。
[ 2009/02/11 17:40 ] [ 編集 ]
結局日本では登山道は歩道であって、自転車は「よそ者」「通らしてやっている」的な考えじゃあないんですかね。
 役所もまた登山者とのトラブルが起きないまでも、登山者から「自転車なんか通らせるな!」と何件か苦情が来れば、そのたびに対応が面倒だし、とりあえず看板立てておけば責任転嫁できる的な考えがあると思います。
 
  バカンス制度良いですね~~。
 日本も将来的にはヨーロッパにように「バカンスの為に働く」って考えが広がって欲しいですよね。
[ 2009/02/11 14:32 ] [ 編集 ]
IKさん
でも いきなり「自転車乗り入れ禁止」って看板立ててしまうなんて横暴ですよね。
誰が何の権利を持って 一方的に禁止にしてしまうのかな?
地主さんだったら ある程度仕方ないけど 役所やハイカーには
一方的に自転車を排除する権利はありませんよね。
もし 無視したら 法律に触れる行為なんですかね?
彼等は「折り合い」って言葉を知らないのでしょうか。

山で出会うハイカーは みんな好意的ですけど~。

やっぱりMTBのユートピアは海外頼みかな(笑)
この際 日本もワークシェアリングで 
年1ヶ月のバカンス制度を導入すれば良いのに!
[ 2009/02/10 14:48 ] [ 編集 ]
「買っちゃいましょう、日本経済浮上の為に!、とりあえずもう少しで出る(?)給付金を頭金にして」(884Rさんにも書いたなぁ、笑)

  MTBも地元と話し合ってMTB専用トレイルを作っていく必要があるのかもしれませんね。それも営利目的じゃあなく、MTBerの有志で。

 結局日本の山のように登山者が多過ぎて完全にキャパオーバーしていて、登山者も圧倒的に保守的な中高年(自分もそうですが)が多く、「事なかれ主義」の役場が管理している限りこれからも「自転車乗り入れ禁止」の看板は増えていくでしょうからね。
 関東でも冬に走れる山域で一番おもしろかった山域に看板が立ってしまいました。

 でもやっぱり作られたコースより自然のコースの方が好きなんだよなぁ。
 
[ 2009/02/10 08:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。