山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リヤユニットは魔法のバネ!

S-Worksリヤサス2009
スペシャライズド S-Worksデュアル2000  まだ乗ります!
多少 物足りなさを感じますが 山に登る時の軽さは魅力だし
そもそも このMTBはDHバイクではなくて デュアル用バイクなのだから。
…と 自分に言い聞かせながら(笑) 

あまり役に立たないセッティング日記です。

Fサスには 細かい調整機能が無いので そのままです。
久し振りなので Rユニットの空気圧調整。
取説が無いので 適正圧力が判らず 壊さない程度に入れてます。
ダンパーを 殆ど掛けない状態からセッティングを始めます。

ハンドリングも 乗り心地も 全てが不安定そのもの
ダブルクラウン・Fフォークのアドバンテージなんか全くありません。

Rユニットのダンパーを 約三分の一 効かせると
やっとハンドリングが落ち着き 
そこそこ 狙ったラインに進めるようになりました。

それでも ガレ場では 直進性の悪さや
重心の高さから来る ふらつき感が残ります。


そもそも このS-Worksには
フレームの設計に合わない サイズの長いRユニットを付けています。
シャキシャキとした返りは とても良い感じなのですが
Fフォークが立ち過ぎ BBの位置も高く 不安定です。
Rユニットのリバウンドを遅くするだけでも 随分変わりましたが
解決はしませんでした。

リヤユニット


Fox Rユニットは諦めて
バネだけ交換して
バネ交換
 
フレームの設計に則った ストラトスRユニットを復活させました。

S-Works仕様前
仕様前
S-Works仕様後
仕様後

乗ってみると 見た目以上に Fフォークが倒れたようで 
ハンドリングが安定し 直進性も良くなりました。
足つきの為ではなくて ペダリング効率の為 
シートポストを2cm高くするほどの変化です。
BBの位置も下がり ハンドリングで上体が振り回されなくなりました。


「カスタマイズのやり過ぎには注意」ですね!


バネ

リバウンド調整はダイヤル式で 範囲も狭いので 調整作業は簡単です。   
バネが硬くなった分だけ 以前より1段階戻りを遅くしました。
目立った癖はありませんでしたので 暫くこれで走り込みましょう。


Rユニット触っただけで 全く乗り味が変わってしまう フルサスバイクって 
おもしろいですね!

ブログパーツ
スポンサーサイト
884Rさん
以前 Rユニット交換の記事を書いたことがありますが
純正で付いてたFoxRユニットは フレームに干渉するくらい短くて
S-Works専用に ストラトスが売り出した カスタマイズ用のRユニットです。

最初のFoxRユニットの頃には BBが低すぎて 
時々ペダルを岩にヒットさせて乗りにくかったのですが
高いと 今度は不安定になるし
なかなか うまくいかないものですが 
それもまた楽しいMTBです。

新しいバイク欲しいっ!!
[ 2009/02/15 16:42 ] [ 編集 ]
どおりで
今までスペシャの画像を見た時、どうもBBハイトが高くてヘッドも立ってるな?と不思議だったんですが、これで解りました。
さぞや安定感がすこぶる良くなったことでしょう。
もうちょっと下げたい気もしますが。
ストラトスのユニットって純正で付いてましたっけ?
[ 2009/02/13 10:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。