山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヨーロッパMTBでのウェア

アオスタに1
ウエアについては MTB用というより 
アウトドア・ウエアの延長だと考えています。

モンベル
アンダーウェアはモンベルのウィックロン長袖Tシャツ。
日焼けするのは体に良いことではありませんし 疲労にも繋がります。
日中は 普通にTシャツ感覚で着ていました。
Fox.jpg
(写真に似た感じのウェア)

朝方や夕方の行動中には FoxのMTBウェアを上着として着ました。
更に気温の低い時はフリースジャケットを着ます。

パンツは 俗に言うジャージです。
たとえば 「ごくせん」のヤンクミが愛用していた あのジャージです。(笑)

実は 登山の時もいつもジャージです。
以前ショップとの関係で 登山用パンツを履いていましたが
国内の登山であれば 3シーズン ジャージの方が快適だと感じています。
耐寒性や耐水性では 昨今の新素材が とても優れていますが
夏場の涼しさやストレッチ性には ジャージの方が優れています。
寒さは アンダーのスポーツタイツで 充分対応出来ます。
ワコール
自転車の際も 筋肉サポートに
廃番となったCW―Xの自転車用(パット付き ロングタイツ)
をアンダーに履き その上ジャージです。
ちなみに その下には 下着も着用派ですから 少々暑いのは我慢です。

s1108487[1]
帽子は 日を遮り 出来るだけ涼しいように モンベルのステンレス・メッシュキャップ。
ソックスは少し厚い スポーツソックス。
グローブは 登りは指切り 下りはロング。

ヨーロッパは紫外線がきついので 顔や首は勿論 手の甲まで 
日焼け止めクリームを しっかり塗ります。
手の甲の日焼けをなめてはいけません。
以前 日焼けで 手の甲が酷い事になりました。
真っ黒になって シワシワになって 一気に老けた手になってしまったのです。

ブログパーツ
スポンサーサイト
らに~たさん
結構笑える帽子でしょ。
頭って とても暑いので 風通しが良くて 
頭と首筋を日差しから守れるモノ。
機能だけで 作られた帽子って感じですね。
ただし 使えます!

スペインは更に 日差しがきついような感じがします。
ヨーロッパの方が 日本より 紫外線きつくありませんか?
日本では 車の運転の時くらいしか掛けないサングラスを
向こうでは いつも掛けてるくらいですから。
[ 2009/02/22 01:41 ] [ 編集 ]
こんばんは♪
ニコさん こんばんは!

ご無沙汰してしまい ごめんなさい☆

それ専用のいろいろなグッズ、ウエアがあるんだなぁ。。
こんな風な帽子をかぶるんですね☆

スイス、フランスも紫外線強いんですね。
わたしのいたスペインも夏はすごくて、日焼け止め塗りまくっていました~*▽*
[ 2009/02/21 21:44 ] [ 編集 ]
884Rさん
でしょー!
やっぱ ヤンクミ・ジャージ良いですよね!

お肌の回復力の低下に伴って しっかり 日焼け対策が必要ですね(笑)

ヨーロッパの山岳地帯周辺は ずばり 北アルプスの山の上って感じです。
結構 気温は上がりますが 乾燥しているので 意外に快適です。
朝夕は 標高1000mくらいでも 結構冷えますし
天候が崩れると 3000mラインまでは 降雪もめずらしくありません。
[ 2009/01/24 01:36 ] [ 編集 ]
手の甲は
確かにニコさんのおっしゃる通り、ひどく日焼けした後はまるで爺さんのような手になりますよね。
夏場のヨーロッパアルプスの雪の無いところの気温って、北アルプスと同じくらいなんですかね?
ヤンクミのジャージは確かに重宝しますよね。
私も山屋だった頃は、冬以外ほとんどジャージ(パンツの)で過ごしていました。
[ 2009/01/23 23:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。