山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ユングフラウヨッホ 8日目(記録)

アイガー北壁と牛P1000702
アイガー北壁の中に掘られたトンネルを登っていく登山電車。
その名の示す ユングフラウ山の鞍部(ヨッホ)の氷河に降り立つコースは
スイスアルプスでも 最も知られた観光地の一つです。

日本はまだ明治時代 1800年代の終わり頃
この岩山にトンネルを掘ってしまったのですから驚きます。
トンネルの途中には 映画の撮影などで これまた有名な
アイガー北壁の 覗き窓があります。

この日はトレッキング最終日。
天気が良ければ ユングフラウヨッホ
悪ければ 北壁の基部を歩く アイガートレールの予定でした。

幸いにも サングラス越しにも眩しいほどの晴天です。
グリンデルワルト駅から登山電車に乗り ユングフラウヨッホに向かいます。
途中 電車は一時停車し 北壁に大きく開けられた窓を覗く時間が用意されています。
ガラス越しながら 北壁の基部まで見下ろせ ゾクゾク気分を味わいます。
アイガー北壁の窓から


標高3573mのユングフラウヨッホに着くと 見事な晴天です。
薄い空気と眩しい氷河に頭と目がクラクラしそうです。
山のコンディションも良いので 登山者のための山小屋 メンヒ小屋まで 
片道1時間少々の氷河トレッキングを楽しみました。
ユングフラウ
途中には 広い氷河を滑走路にして 遊覧飛行のアトラクション。
数十メートルの高さの小山の上から 氷河に張られたワイヤーを
ハーネスにぶら下がって 滑車で降りて来るアトラクション。
ロープリフトが設置された 小さなスキーゲレンデなどがあります。
ヨーロッパの人々の 思い切った遊びぷりが好きです。
山小屋では ソーセージとビールで乾杯!
またまたクラクラです(笑)

メンヒ小屋の前で アラスカでお世話になったガイドに会いました。
こんな場所で知人に会うなんて 感激してしまいました。
お互い勤務中だったので 握手だけして別れましたが
次会う時も きっとどこかの山の中でしょう



クライネシャイディックにて
氷河歩きも満喫したので 登山電車でクライネ・シャイディックまで下山。
駅の上の丘に上がり 持参のおやつを出し合い 試食会が始まりました。
チョコレート  クッキー  ケーキ  ヨーグルト…
目の前には いつまでも眺めていたい山岳風景が広がります。

今夜の宿はグリンデルワルトを見下ろすアルピグレンの山岳ホテルです。
登山電車の駅が目の前。徒歩1時間 電車で5分の距離です。
電車で向かう人 トレッキングを楽しむ人に別れ
それぞれが 思い思いの時間を過ごす事にしました。

クライネシャイディックでウォーク
僕は歩いてアルピグレンへ向かいます。
クライネ・シャイディックでは 何人かのサイクリストを 見掛けました。
グリンデルワルトへの道は 未舗装の林道で
山岳ホテルに向かう途中でも ヒルクライム・サイクリストに出会いました。
グリンデルワルトでサイクリングするのであれば
ロケーションのフィスト側 走りのクライネ・シャイディック側という印象です。
グリンデルワルト・サイクルマップ



アイガー北壁P1000597
今夜の肴は まず夕日に紅く染まるアイガー北壁です。
標高差が1800mもあります。
マッターホルン北壁 グランドジョラス北壁と共に アルプス三大北壁のひとつ。
以前 途中から撤退の出来なかった北壁では 数々の悲劇が起き 魔の壁と呼ばれました。
「ユマールの女王」で知られる日本隊の開拓した直登ルートもあります。
そんな栄光と悲劇の北壁を眺めながら 感慨深く ワインをいただきました。 
グリンデルワルト見下ろす
日没後は 眼下の緑の絨毯 グリンデルワルトの街並みが夜景に変わっていく様を肴に 
トレッキングスケジュールが無事終わった打ち上げパーティーは
いつまでも いつまでも続きました。
アルピグレンの夕日P1000693
続く

ブログパーツ
スポンサーサイト
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
[ 2013/11/04 10:29 ] [ 編集 ]
884Rさん
グリンデルワルトはリゾート地として 開発が進み過ぎていて
自転車としては ロード系に向いているようです。

インターラーケン~ラウターブルンネン~ミューレン
鉄道でグリンデルワルト~クライネシャイディック周辺へと 
ロードバイクでツーリングすると良さそうですよ。
ロケーションは最高です。

グリンデルワルトに行くなら 街には泊まらず
アルピグレン泊まりが良いですね!
[ 2008/12/25 23:33 ] [ 編集 ]
アルピグレンの山岳ホテルいいですねぇ。
方や標高差1800mもの北壁、そしてグリンデルワルトの街並みを見下ろせるなんて、何泊もしたくなるようなロケイションですね。
ジープロードでもいいから、こんな景色の中を走ってみたいものです。
もちろんトレイルならもと最高!
[ 2008/12/25 21:34 ] [ 編集 ]
IKさん
今回 グリンデルワルトではMTBに乗る時間がありませんでした。
詳細はわかりませんが グリンデルワルト~クライネ・シャイディック間は
かなり景色の良いトレールのようでしたね。
写真に写っている林道からは アイガーの北壁が間近に見えています。

アルピグレンの山岳ホテルは良かったですよ。
[ 2008/12/25 20:04 ] [ 編集 ]
クライネ・シャイデイック良いですね~。大昔ユングフラウヨッホに行った帰りにその景色の良さに思わず下りて、テラスでビールを飲んだことを覚えてます。
 あそこから見る景色はまさにハイジの世界ですね。
 あの景色を見ながら打ち上げパーテイーなんて羨まし過ぎます。
 
 あそこから牧草地の中をグリンデルに下るような夢のようなトレイルがあるなら、下ってみたいですね~。
[ 2008/12/24 18:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。