山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

しまなみ海道&青影山MTB

生島橋
広島県のしまなみ海道へ行きました。
尾道~今治間約70kmは 人気のサイクリング・ウォーキングコース。
太いタイヤ付きMTBに乗った 山好きMTBerとしては ロードより山道でしょう! 
しまなみ海道の自転車走破時間は 3時間から10時間だそうです。
今日のところは 尾道~生口島間。
その先 今治へ渡るのは 次回の楽しみにのけておきましょう。


まずは車ごと 渡船で向島に渡ります。
200円くらいで渡れて とても便利です。 
インター手前の駐車帯に車を停め MTBを降ろしスタートです。

駐車帯からインター入口を越え 最短コースを西に向かい海岸線へ出ます。
車道から バイク・自転車専用の緑の車道を登り 因島大橋の歩道に入ります。
太いタイヤはゴロゴロ鳴き ブレーキパッドはキーキーと鳴きながら抵抗します。 
転がりの調子は最悪かもしれません。
ブレーキは パッドが磨り減って 限界を迎える手前のようです。

止まって休んでいると 音も無くやってきた ロードバイクが 
爽やかな挨拶を残して あっという間に追い抜いて行きました。
因島橋自転車道
この歩道は トンネル状で 車道の下を走ります。
眼下の青い海と山の紅葉がとてもきれいです。
ちなみに通行料50円は セルフで箱に入れるシステムです。


2つ目の島は因島。
橋を渡り終えた所から すぐにフラワーロードに入り 白滝山を目指します。
山に登る程に眺望が拡がり 渡ってきた因島大橋か美しく
青い海に浮かぶ島々の山は紅葉 対岸には三原の市街地が光ります。

五百羅漢のお寺のある白滝山山頂。
頂上直下でMTBを停めて 歩いて丸太階段を登ります。
標高227mの白滝山頂上展望台は 一見の価値ある360度のパノラマです。
因島橋

続いて 生口橋近くの 青影山を目指します。
白滝山から坂道を下り 農村の広がる島中央辺りを横切り 海岸線に出ます。
生口橋の下を潜り田熊町へ入ると 内陸に向かい 暫く舗装道路を登って行きます。
看板に導かれ登山口へ。
登山道は入口早々から丸太階段の連続でしたが
それでも道の端が走れそうなので MTBを押しながら進みます。
丸太階段
主稜線に出ると 丸太階段は殆ど無くなり 程なく山頂です。
標高275mの青影山山頂からは 今治方向の眺望が望めます。
反対側に 木々の枝の隙間から 白滝山も見えています。
登りは Tシャツ1枚で汗ばむ陽気です。
頂上
待望の山サイです。
快適な尾根道は1分で終わり 後は丸太階段と藪コギ走行です。
流石に スイッチバックなコーナーは足を突かなくては 回れませんでしたが
振動がきついのを我慢すれば ほぼ乗車のまま走れる登山道でした。
実質走行時間10分くらい あっという間に下山完了です。


生口自転車道
生口橋は車道の横を走る 開放感のある自転車・歩道で
何度も車道を走りながら いつも気になっていた歩道です。

生口島に渡ると 昼前に走った車道や白滝山を対岸に見ながらペダルを漕ぎます。
瀬戸田の港へ向かい そこから客船に乗って尾道へ戻ります。
再び 渡船に 今度はMTBで乗り 向島へ上陸。
あとは車まで おしりに軽い痛みを感じつつ 車道を走りました。

山サイ登山時間も含め
走行距離 約46km
走行時間 約4時間20分
平均スピード約11km/h
トップスピード約40km/h

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2008/12/13 01:07 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(5)
IKさん
MTBの話は抜きにしても 自然の保全について 勘違いした登山道の整備が 行われていますね。
道が壊れたら 迂回路を着けておけば 殆どの場合自然治癒します。
登山道のオーバーユーズが原因の場合は なおさらです。

自然に手をつけない事が 自然保護だと思い込んでいるのでしょうか?
違いますよね。
表向きは自然保護とか言って 結局 予算を消化するために利用され
自然が破壊されていくのです。
役人(組織の体質)が利権屋になり下っているこの国では 
自然すら食い物にされている現実に
自然の大好きな人々が 早く気付いてくれる事を願っています。

登山道の敵は山サイMTBではなく 誤った 自然保護法だ~!
って 結局 それかいっ(笑)

サイクリストにとって 瀬戸内を満喫するには これ以上の場所はありませんね! 
あれ以外 自転車が海の上を走る方法ありませんから!
[ 2008/12/14 11:20 ] [ 編集 ]
しまなみ海道ってよくチャリ雑誌に紹介されていますよね、以前から走ってみたいなぁって思ってました。これで島のトレイルを走って海岸に出たところで海産物でバーベキューなんてできたら最高です。

 東京近郊のハイカーの多い登山道も、「階段化」が進んでいます。1年ぶりに来てみると「あれ、階段になってる」って場所があってとガッカリすることがあります。
 登山者の増加や最近のゲリラ豪雨など雨の影響で土砂が流出している場所に階段を作るなら仕方ないですが(それでも階段はやめてほしいけど)、「ここは階段なんか作る必要ないだろ!」って場所にも単に歩きやすくするために階段を作る所もあって止めて欲しいですよね。
 そのうち百名山と都市近郊の人気コースはすべて階段になるんじゃないかと心配です(笑)。
 と言っても「MTBが走れなくなるから止めてくれ~」と言えないのが、もどかしいですけどね。
[ 2008/12/14 08:08 ] [ 編集 ]
☆メロビさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
僕のブログはMTBや登山で あちこち旅行した話が中心なので
ご当地や それに係わりのある皆さん 同じ場所に旅行された皆さんから
コメントいただけると 共通の話題や同感が得られ とてもうれしいです。

伯方島滞在でしたら 今治側と広島側 
それぞれ 日帰り別ルート往復サイクリングでも良いし
片道フェリーで のんびりサイクリングでも良いし
しまなみ海道を隅々まで満喫出来ますよ!




☆884Rさん

岡山 広島で 海岸に迫り 瀬戸内海を見下ろすロケーションの良い山には
必ずと言っていいくらい 見事な階段整備がしてあります(涙)

しまなみはロードもしくは クロスバイク MTBスリックタイヤの世界です。
僕はコンセプトが山サイでしたし 登り坂は 殆ど歩き
ブレーキ引きずって下りも遅かったので 時間が掛かりましたが
普通に海道を走れば 今治~尾道は ちょうど1日 楽しめる距離感です。
今回のコースの中では 舗装路で殆ど登れる白滝山立ち寄りは お勧めでしたね!

ブログは日記という事で 自分の為にデーターをメモしておきました。
これからは 積極的に そういう使い方もしようかと思います。
 
[ 2008/12/14 00:19 ] [ 編集 ]
素晴らしいロケィションですね。
この景色を眺めに山へ登り、自分の走ってきた橋を見下ろすのはなかなかの心地ですねぇ。
ただ、頼むから無駄な階段はやめて!と、読んでる私でも感じます。

う~ん、この橋はやはりロードで快調に飛ばしたいなぁ・・・

ニコさんがデータアップするなんて珍しいですね。
消費カロリーも出ると、もっといいっすよ。
[ 2008/12/13 14:41 ] [ 編集 ]
はじめまして
聞き覚えのある地名に誘われてついコメントしてしまいました。

義理の祖母の家が伯方島にあるため2年に1度ほど行っております。
いつも4,5日滞在するのですが、滞在中は毎朝伯方大橋をウォーキングしてたりなのです。
景色のキレイな道ですよね。
自転車で通った事は無いのですが、ブログ読ませていただいて
次行くときは自転車もっていこうと決意しちゃいました。
[ 2008/12/13 09:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。