山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

丹沢で山岳会創立55周年を想う

丹沢紅葉と富士山
神奈川県の丹沢山へ行きました。
まだまだ紅葉が楽しめそうです。
昔 東京の山岳会に所属していた頃 登った懐かしい山域です。


ちょうど 今回の山行前 昔所属していた東京の山岳会から
創立55周年記念会報が届きました。
所属していた期間はとても短かったのですが
岩登り 冬山 海外遠征など 山登りのいろはを教わりました。
退会して とても長い年月が過ぎているのに 
元会員として ご案内をいただけることが とても嬉しく感謝一杯です。

僕の直属の先輩を 当時 陰で鬼○○なんて呼んで 恐れていましたが
現在 仕事の手伝いをしてくれる 山岳会同期の仲間と 山の話が盛り上がると
必ず 鬼○○先輩のモノマネが飛び出してきます。
僕にとっての 人生の師のひとりです。
その後 鬼○○先輩は 会長に就任されました。
そして現在も一線で クライマーとして活躍されています。

当時 この山岳会では 社会的立場を持ち込まないという 暗黙のルールがありました。
下っ端の若い会員でも頑張れば 山岳会の中だけは 周りの大人たちから認められました。
仲間同志だから出来る 1本のザイルにお互いの命を託しあっての登山。
すべてが一般社会とはかけ離れた感覚です。
会報を見ながら こんな損得抜きで付き合ってくれる仲間を得られた事を幸せに思いました。

自転車 登山 内容を問わず 趣味の仲間は
損得の絡まない 社会的立場抜きで付き合える 貴重な仲間です。 
人生において ある意味 本当の友人や先輩 後輩になれるかもしれません。
改めて 周りにいる仲間を 大切にしたいものです。



さて 会報には 僕の生まれる前の登山記録から 近年のヒマラヤ遠征記録。
悲しい追悼文など 抜粋された記録文が多数載っています。
同封のDVDには 昔の手書きガリ版刷り会報投稿文のコピー 
古いモノクロ写真から最近のカラー写真。
中でも8ミリフィルムで撮影された遠征の映像など とても新鮮に見えました。

夕暮れの富士山
ふと自分自身の 殆ど走り放しのMTBや 登り放しの登山を振り返りました。
主な山行の日にちと 行き先くらいしか記録がありません。
そして初めて気付きました。
ブログも 自分の為の ひとつの記録として残る事に。
これからは 自己満足記事が増えるかも…

そんな事を考えながら 富士山を眺めてきました。
この日は年数回の ダイヤモンド富士が見られる日でしたが
富士山上空の厚い雲がとれることはありませんでした。


ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2008/11/06 14:10 ] 登山の話 | TB(0) | CM(10)
いらしゃいませ! くじらさん
もしかしたら 丹沢の何処かで 出会っていたかもしれませんね。
丹沢と言えば やはり沢登りに代表される山ですから 
地形的にMTBには向かない感じですね。
部分的には おいしそうな尾根道もありましたけれど。

各地の港に入って 山に登るなんて素敵ですね。
それに ヨットを運ぶ仕事にも興味津々です。

[ 2008/11/19 01:49 ] [ 編集 ]
ホームグラウンドでした
丹沢 懐かしいですね~!
本格的な山登りはしませんが、丹沢で山歩きを覚えました。南側からの尾根筋は殆ど登りました。MTBに適した所は余り有りませんが好きな場所です。

ヨットを運ぶ仕事をしていた頃は、入った港で側の山に登るのが楽しみでした。
今の世の中で自分を試せるのは、山の中か海の上ですね!
[ 2008/11/18 18:16 ] [ 編集 ]
884Rさん
僕も驚きました。
元・現役問わず 「クライマーさん いらっしゃ~い」です!
3スラ話しで ここまで盛り上がったのは ん~十年振りです。
[ 2008/11/14 00:14 ] [ 編集 ]
いましたね
IKさん恐れ入りました。
まさか、ここで冬の3スラを登っている人にご登場いただくなんて・・・

ニコさん、この分だと元クライマー現MTBerさんまだまだいらっしゃるでしょうね。

↑ の私の記述、年間150日→100日の誤りでした。(サラリーマンで150日なんて無理だし)
[ 2008/11/10 20:35 ] [ 編集 ]
IK様
このような粗末なブログに ご降臨いただきまして ははぁ~!
早速 お一人様 ご登場いただきました!
ヨーロッパ記事など 献上させていただきます。

3スラ 話には聞いています。
全く確保支点もなく 一度登り始めたら退路なく
登り続けなくてはならないと。
そして もたついていると 雪崩れが落ちてくると。

氷壁(懸垂氷河)を ソロクライムしたことがありますが
百歩に一歩くらい アイゼンがずれて 
そのたび 心臓が口から飛び出しそうになりました。
こんなことは もうやめようと 心から思いました。

さて
この確率からすると 元クライマーMTBerさん 結構いてそうですね。
それほど MTBは刺激的で おもしろいってことですね!!
[ 2008/11/10 14:20 ] [ 編集 ]
年100日ぐらい山に行っていて一番山にのめりこんでいた学生の時、僕も山岳会に入っていました。たぶんそのクラブも50年以上だし、今も細々とやっているみたいです。
 そのころの山では良いことも悪いことも多くの経験したのですが、全く記録は残していないし、写真も海外に行った時のが少しあるだけで、国内のはほとんどありません。
 今思えばせめていつどこに行ったぐらいは、残しておけば良かったと思っています。

 山やMTBを始めてブログを始める前は、手帳にどこに行ったぐらいしか記録していなかったので、そー言う面ではブログは良い記録になっていますね。


 ヨーロッパの記事待ってましたよ。たいへんならきれいな写真メインでも良いですからね~。


  「3スラ」知ってますよ~。3人のうち一人かな?  実は冬登ってます。



  
 
[ 2008/11/10 07:17 ] [ 編集 ]
884Rさん
気付いてくれて ありがとう!ございます。
誰も 何にも言ってくれなくて さみしいところでした。
イタリアからセイニュのコルを越えて フランスに入って所です。
あそこも良かったなぁ
そろそろ アルプスの記事書きますよ。


お~(生)神様!! ですね。
冬の滝沢スラブ… あの三スラでしょ。
本当に あそこを登る人がいるの?
って世界ですよ。
生き残り…褒め言葉にしか聞こえません(笑)

ブログ村のMTBコーナーでタキサワなんて言っても
それって タキ〇ワサイクルの事ですか?
なんて言われてしまいそうですね(笑)

おっと 「知ってるよ!」って あと3人くらいの声が
聞こえたような気がしました(笑)
[ 2008/11/10 02:13 ] [ 編集 ]
ところで表紙の写真、ヨーロッパアルプスのものに変わりましたね。
いい感じですね。
素晴らしいです。
羨ましい・・・

話変わりますが、この数年たまに一緒に走るようになった50代半ばの人がいるのですが、実はとんでもない人でした。
最盛期は年間150日は一の倉沢に通って、コップ、衝立はもちろんのこと、冬の滝沢スラブまで登ってるという兵でした。
一緒にザイルを結んだ著名人は多くも、殆どの方が今はあの世にいらしゃるといのも頷けたという次第です。

生き残り?と言う意味ではニコさんと繋がってるなぁと思ったもので・・・
ちと失礼が過ぎました。
[ 2008/11/09 21:58 ] [ 編集 ]
884Rさん いつもありがとうございます
オーソドックスなスタイルの登山をする 老舗山岳会で
当時憧れた 精鋭的ではありませんでした。
お陰で 生き延びましたけど(笑)

トレール写真 承りました。
ナイスなコースを見つけたときは さり気に載せましょう。
気持ち良い登山道です!!なんてコメントしておきますね(秘)
[ 2008/11/08 12:10 ] [ 編集 ]
昭和20年代から続いている山岳会なんて、そうあるものではありませんね。
やはりニコさん相当のつわ者ですね。
確かに私も昔はきちんと山の記録を残していました。
今はブログで触れるだけというのは一緒ですね。

これからもブログでの山の記事を楽しみにしていますので、じゃんじゃん書いてください。
登山の時のトレイルだけの写真なども期待していまーす。
[ 2008/11/07 22:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。