山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北八ヶ岳でMTB

夏沢峠
MTB復活に選んだ山は 長野県の北八ヶ岳です。
しっとりと落ち着いた風景と 紅葉も満喫したいところです。
稜線を避ければ 登山者も少ない 静かな林道走りが楽しめそうです。 
雨池

初日 予定より到着が遅れ 活動開始が11時になってしまいました。
当初 八千穂高原から大石川林道伝いに雨池を経由し 双子池を往復するつもりでしたが 
時間切れで 結局 雨池往復に終わってしまいました。
それでも 充分楽しい山サイでした。

八千穂高原自然園横から大石川林道へ入ります。
熊注意の看板を ちょっと気にしながら ゆるゆる乗ったり 歩いたり。

雨池入り口看板で MTBは林道に残し池に向かいました。
池の水は少ないようですが 静かな雨池は神秘的です。
雨池
ふと見ると 池の干上がった部分にMTBのタイヤの跡。
湖畔までMTBを担いだであろうMTBerのこだわりに 拍手を送りたいと同時に
湖畔には似合わないタイヤ跡を 少し困惑気分で眺めました。

久しぶりのMTBランは 快適な林道走りです。
ひと頃であれば シングルトラック以外 興味が無かったものですから
僕もストライクゾーンが拡がったものです。



夏沢峠
中一日 大菩薩嶺に出掛けた後で 再び北八ヶ岳に戻って来ました。
今度は本沢入口から 夏沢峠の往復です。

中腹のゲートまでは 自家用車も入れる林道です。
ゲートから先は 自家用車の入れない ダブルトラックに変わります。

今回も押したり ゆるゆる乗ったり 押したり 押したりです。
登山者と挨拶を交わしながら登って行きます。

こんな人に出会いました。
MTBを押しながら 歩いている時でした。
挨拶したら いきなり
「タイヤの跡 着けられると困るのよ。
道を直すのは うちなんだから。
お客さんとぶつかられたら いけないし。」

「はい 気をつけます。」

おっしゃる通りでございます。

MTBのタイヤ跡で道が壊れると よく言われますが
道が掘れるのは 特定の場所が踏みつけられ 草木が生えなくなる為
表土が保持出来なり 雨水などによって流されてしまう事が主な原因です。
タイヤ跡が 全く影響しないとは言いませんが
土道の登山道は 人が利用する限り 自転車が走ろうが 走るまいが
必ず 掘れてしまうものなのです。

しかし そんなデリケートな登山道を 実際に管理している人々は
くっきりと残るMTBのタイヤ跡を どんな気持ちで見られることでしょう。
本沢温泉付近


本沢温泉の先は シングルトラックになります。
約1時間で 荒々しい硫黄岳の爆裂火口を見上げる夏沢峠に到着しました。
ひと息入れた頃 朝のうち青空も見えていた空から ポツポツと雨が降り始めました。

峠付近の丸太階段を傷めないよう 押して下山開始です。
丸太階段が終わった辺りから乗車です。

この日のセッティングは 
リヤユニットのエアを落としぎみ(サグも一応考慮しながら) 
リバウンドスピードはゆっくりめ。
タイヤの空気圧高め。

石ころ ゴロゴロの道ですから 超スローなターンとなりますが
ペダルを踏み込むタイミング次第で かなり乗れます。

本沢温泉からゲートの間は 本当は カッ飛びたいダブルトラックですが
登山者と デリケートな登山道に注意しながら
ブレーキングでタイヤ跡を 残さない速度で走りました。
それでも 充分快適でした。
ゲートの先は それなりに 林道走りを楽しみました。

高山でのシングルトラック走りは「快適さ」だけでなく
「難易度」が より満足度を高めてくれます。
同時に 日頃 地方のマイナーな里山では気付かない 
MTBにとっての「走る環境」の難しさを感じる山サイでした。

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2008/10/10 14:04 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(7)
kibidangoさん 
お久しぶりです。
kibidangoさんも走られましたか。

ルート選択は 本沢温泉を目的にしていたところもあったのですが
登山中の出来事で 少しムッとしていた上
雨まで降り始めたもので スルーしてしまいました(笑)
[ 2008/10/17 11:03 ] [ 編集 ]
夏沢峠ですか~。なつかしいな~。

4年前に、茅野から夏沢峠を越えて松原湖まで行ったことを思い出しました。
夜行日帰りでしたが楽しい旅でしたよ。
本沢温泉には入りましたか?

http://blog.livedoor.jp/kibidango1/archives/51464994.html
[ 2008/10/16 21:56 ] [ 編集 ]
もう一本続きと言うのは、夏沢峠の件ですか?
それとも北アでのことっすか?
徹底排除かぁ・・・
でしょうね。
[ 2008/10/15 10:12 ] [ 編集 ]
いつもお返事 遅くてごめんなさい!
☆IKさん

そうですか 行かれましたかIKさんも!

本当に 登山道では 肩身の狭いMTBです。
僕がブログを書いている目的の一つは 山サイMTBerと登山者との融合なのですが
登山者の皆さんに伝わっていますかねぇ?

キナバル・チャリ 気になりますね。
どこを走っている写真だったのかなぁ?
世界遺産の山頂に持ち上げて良いとしたら 素晴らしい吉報ですね!



☆884Rさん

池と峠をめぐる山サイシリーズは もう1本続きがありますよ!

884Rさんとは お山の趣味があいますね。
ガツガツしたアウトドアスポーツも やめられませんが
心に染みる自然こそ究極の贅沢です!

北八では パンクしないモード・セッティングをしていたので ゴツゴツした感じで
タイヤが小刻みに逃げていましたが 確かに走り難さは感じませんでしたね。
みどり池 次の機会に是非行ってみます。



☆ラレーさん

やっぱり MTBer人気スポットなのですね!
道理で山小屋さんも 機嫌が悪いわけですね。

「自転車も歩きも大差無い」同感です。
意外に登山者やハイカーは好意的で 地権者が厳しい気がします。
敵対せずに 仲良くやっていきたいものです。

[ 2008/10/14 12:43 ] [ 編集 ]
本沢温泉、なつかしいです。
昔、MuddyFoxに乗り始めたころに行きました。
私は、押して、押して、押して・・・ だったのですが、温泉がとても気持ち良かったです。

個人的には、歩いて登っても、自転車で登っても、大きな違いはないように思うのですが、感じ方は人それぞれなので難しいですね。
私も十分に気をつけなければ。
[ 2008/10/11 00:09 ] [ 編集 ]
いいツアーでしたね
北八ッ~大菩薩~北八ッ とは、かなり欲張りな最高プランですね。
北八ッも大好きです。
以前双子池~雨池の池めぐりをしましたが、特に雨池は神秘的でいいっすよね。
人工物は視界に入れたくない、本当にボーっとできる景観だと思います。

確かにあの辺のダブルトラックって丸みを帯びた石がゴロゴロしてますが、結構グリップしませんでしたか?
できればダブルトラックぐらいハイカーの心配しないで飛ばしたいですよね。

ここだけの話、みどり池から下るトロッコ軌道跡ご存知ですか?
一部を登山道と兼ねてますが、基本的には登山道ではないので飛ばせますよ~
但し、所々カーブにレールが残っていてタイヤが取られることが・・・
[ 2008/10/10 22:08 ] [ 編集 ]
山チャリに一番良い季節になりましたね。

 僕も先月末にM原湖からH沢温泉を温泉にも入って往復してきました。


 結局はMTBは登山道ではよそ者ですから、登山者とはトラブルや不愉快な思いをさせないように走らないとダメですね。
 細心の注意をして走っても登山者の中には「MTBはダメ!」と頭から否定している人もたくさんいますからね。
 接触事故なんか起こしたらまず乗り入れ禁止になりますからね。


 そうそう先月友人がキナバルに行ったのですが、雑誌だかパンフかにキナバルをチャリで下る写真が載っていたそうですよ。
 
[ 2008/10/10 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。