山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大菩薩峠でMTB

大菩薩嶺の登山道
久しぶりにMTBの旅に出ました。
今回は峠と池を巡る山サイとなりました。
話しは多少前後しますが まずは関東エリアで大人気 山梨県の大菩薩峠です。
昨年登山ツアーで訪れた大菩薩嶺で見掛けたMTBを記事にしましたところ 
奇跡的に このブログに ご本人さんからカキコミが届きました。
そんな よーいちさん お勧めの 牛の寝通りコースを走ってきました。

小菅村から 大菩薩峠・石丸峠を経由して牛ノ寝通りへ。
まだ青々としたブナなどの落葉樹林が 木漏れ日に輝きます。
比較的 平坦な登山道が続くので助かります。

大菩薩峠にて

大菩薩峠から熊沢山越えが 少々難儀です。
こうゆう時 さっと担げる 三角フレームが羨ましく感じられます。
いつか カーボン三角フレームが欲しくなることでしょう。

石丸峠への下りは まるでオフシーズンのスキーゲレンデのように開けた斜面と
登山道がありました。
登山者の姿も見えましたので ゲレンデ斜面を選択。
初見だし もしかして 植生回復中の斜面?=走ってはいけない場所?
などと考えると つい控えめに…?踏跡を辿りながら
でも 正直かなり気持ち良く ダウンヒルをスタートさせました。

峠から少し山に登り ここから 牛ノ寝通りの下りが始まります。
適度にヒネリの効いたシングルトラックの始まりです。
前日のウォーミングアップランの時 リヤユニットのエアーを高めにしていたので
落葉の下に隠された石ころで 乗り心地がゴツゴツし過ぎましたが
止まるのも 勿体無くて走り続けました。
榧ノ尾山からの暫くは コース上 最も 快適! カ イ テ キ !なエリアでした。

榧ノ尾山にて

途中から それなりに軽い登りも出現です。
倒木を潜り さあ 立ち上がろうとした瞬間
大きな倒木の影に もう一本 倒木が隠れていて 思い切り頭をぶつけました。
ヘルメットがあるので平気でしたが 皆さんもご用心を!

大ダワから暫く 乗れるけど 走ってはいけない(危険)トラバス道が続きます。
再び快適なコースに戻り 小菅村に下りる手前で 3ルートにコースが分かれました。
初めてなので どれが良いのか判りませんが
一番 安全そうな田元へ降りるコースを選択。
民家の屋根が見える頃 丸太階段が始まり 終了となりました。

多くのMTBerが訪れるコースだけあって とても快適で楽しい山サイとなりました。
このコースを紹介していただいた よーいちさんに感謝です。


さて 訳あって 小菅村の方にとても親切にしていただきました。
地元では 牛ノ寝通りも 本当はMTBで走って良いという立場ではないのだけれど…。
というお話をお聞きしました。
MTBが我が物顔で走っては ハイカーも困るし
でも MTBが山道を走る権利(良い言葉ではないけれど)は ハイカーと同等だし
その板ばさみの地元の方々も ご苦労されていることでしょう。

MTBerはマナーを大切にしなくてはいけませんね。
そして いつまでも 牛ノ寝通りがMTBerの訪れられるコースであり続ける事を祈ります。

ブログパーツ

スポンサーサイト
[ 2008/10/08 19:47 ] MTBで走った話 | TB(0) | CM(4)
MTBで山を走るのは最高!
☆884Rさん 

楽しかったです!
884Rさんの記事にあった丹波コースも気になっています。
近所だったら 来週にでも出掛けたいところですが 次回の楽しみにとっておきます。
MTBへの理不尽な扱いについてのお話は 北八ヶ岳 北アルプス編に続きます。



☆よーいちさん

いえいえ あのカキコミをいただかなければ MTBを持って大菩薩嶺に行くことは無かったかもしれません。

アルプスは本当に乗れませんね。
MTB徹底排除ですね。
悲しくなってきます。
ちょっと 毛色の違うものは排除してしまえばよい的な 発想の貧困さ。
多数派になれば 天下を取ったような気になる傲慢さ。
だからこそ 屈することなく 挑んでいきたいと思うのであります(笑)



☆デンデンママさん

いつも応援ありがとうございます。
そんな立派なものではありませんが
立場が違うと それぞれの正解があって 皆にとっての正解が無いから
色々考えなくていけなくなりますね。 
[ 2008/10/09 11:15 ] [ 編集 ]
こんばんは♪デンデンママです。
こんばんは♪デンデンママです。
色々なところで活躍して、
見識が広いニコさんだから、
色々なところでやさしい心遣いが感じられます。
お忙しいでしょうが、
最近寒くなって来たし、
お体を大事にして下さいね凸( ̄o ̄ポチ)x2
[ 2008/10/09 03:00 ] [ 編集 ]
そんな大した者ではないのに感謝などとんでもないです。
お仕事柄でしょうが、いろんなところに行っていますねー羨ましい限りです。

今年はアルプスばかりでMTBに乗れる山が少なかったのですが、その分MTBに乗りたいです。また、そろそろ大菩薩のいい季節ですね。

人によって考え方も違いますから、いろんな軋轢があるのは当たり前だと思います。山でジョギングしていただけで怒られた位ですから。。。
いつの世も目新しいことをしていると目立つのは仕方ないと思います。

安全に気をつけて世間様にいろんな意味で迷惑をかけなければいいのではと思うのですが、まあ、マイナーの宿命でしょうね。
[ 2008/10/08 23:25 ] [ 編集 ]
やっと走れましたね!
やっと走れてすっきりされましたか?
熊沢山の下りは気持ちよくていいですよね。
私も好きな斜面です。
牛の寝は丹波大菩薩路と並んで古くからの峠道でもあるので、巻き道もあり比較的水平基調だったりしますから馬車や荷車なども通ったことでしょう。
今日ではもちろん歩く人がメインなのは言うまでもありませんが、歴史を振り返れば決してハイカーや登山の為の道ではなく、交易や生活物資を運ぶ為の道だったわけですから、ハイカー限定となってしまってはおかしい思います。
ですからニコさんの言うとおり、こういった素晴らしいトレイルから追い出されないように、我々はしっかりとマナーを心がけて走り、後世に残していかなければと思う次第です。
[ 2008/10/08 22:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。