山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

八甲田山で雪中行軍

八甲田山頂上
青森県の八甲田山 岩木山 白神山地へ行ってきました。
16年ぶりの早い時期の初冠雪に遭遇!
思いがけず楽しい山歩きになりました。
八甲田山というのは山地の総称で 山頂は大岳です。
ロープウェイで中腹まで上がり 灌木とハイ松の尾根を越え
火口跡の横を抜け頂上に至る あまり高低差もなく 手軽に楽しめる山です。
下山は 毛無岱と呼ばれる 高層湿原帯を抜けて 酸ヶ湯温泉へ下山です。

八甲田山と言えば 小説の映画化でも知られるようになった
「八甲田山死の彷徨」
明治時代の日本軍が ロシアとの戦争をシュミレーションし
冬の八甲田山越えに挑み 雪中行軍。
しかし 悪天候に見舞われ 約200名の軍隊の殆どが 遭難死してしまった実話です。

余談ですが このストーリーには 成功者(生還者)と敗北者(遭難者)があり
それぞれの リーダーのあり方が問われる話しとして
リーダー研修のネタに使う会社もあるそうです。

うちツアーの場合の リーダーのあり方…
焦っているお客さんをよそに ニヤニヤ喜んでいる登山ガイドって どうなんでしょうね?

そんな八甲田山で 軽い風雪に遭遇したのですから 盛り上がってしまいます。
9月に 霧氷やエビの尻尾なんか見られるとは思いませんでした。



ところで 有名な酸ヶ湯温泉ですが
建物は 古い体育館の中の ヤマメの養殖池に 白濁したお湯を張った感じの
広い混浴の温泉です。
酸ヶ湯温泉関係者や地元の皆さん 酷い表現でごめんなさい。
他に例を見ない 個性のある良い温泉と言いたかったのです。
一応 女性専用の温泉もあるそうです。

その日の天候によって 室内が湯煙に包まれて 混浴平気の日と
すっきりクリヤーな日がありますので 皆さんのニーズに応じて ご確認ください(笑)


ブナ林
岩木山と白神山地のブナは まだ紅葉こそしていませんが
木漏れ日の森の中は爽やかでした。
  
ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2008/09/30 18:52 ] 登山の話 | TB(0) | CM(7)
コメントありがとうございます
☆江戸っ子若女将さん

狭い日本と言いながら 北から南 山の上と下とでは大違い。
日本も広いですね。
山から降りて浸かる温泉は 最高です!
天気が悪い程に 格別ですね(笑)



☆デンデンママさん

応援 ありがとうございます。
ブログネタはあるのですが 公私共に忙しく 更新回数が減ってます。
早速 新しい記事をアップしていきますので 宜しくです。



☆kpotssidさん

I think you are right.


☆884Rさん

MTB乗ってきましたよ!
明日というか今日というか 早速記事アップしていきたいと思います!
八甲田山の紅葉も良いし 
奥入瀬渓流のポタリングなんてのも最高じゃないですか!

[ 2008/10/08 03:07 ] [ 編集 ]
ううっ寒そう。
でも初冠雪ならお客さん喜びますよね。
青森は、過去にJシリーズ参戦で何度か行きましたが、酸ヶ湯までしか行ってないんんです。
今は兄弟も単身赴任でおりますので、是非八甲田へ行ってみたいですね。
今時なら紅葉が最高でしょうねぇ。
ところでニコさん、そろそろMTBに乗れそうですか?
[ 2008/10/07 23:52 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2008/10/06 13:19 ] [ 編集 ]
こんにちは♪デンデンママです。
応援に来ました!
[ 2008/10/05 21:29 ] [ 編集 ]
ニコさん、こんばんは。
いつも楽しませていただいております。
10月の声を聴き、さては紅葉かと思いきや、もう山は雪ですか!
再来週のFSWでのF1観戦も、寒さはいかばかりかと想像してしまいました。
雪の寒さだっただけに酸ヶ湯温泉はより一層楽しむことができたのではないでしょうか。
[ 2008/10/03 03:04 ] [ 編集 ]
kinkachoさん
高校生にして 八甲田山死の彷徨をご存知だったとは
登山好きになる運命 星の元? 
もしかしたら 既に始められていらしゃったりして??

しかし 酷いお話ですね。
[ 2008/10/02 15:32 ] [ 編集 ]
八甲田山
高校の研修旅行が八甲田山でした。
霧が出ただけで、「ぎゃ~八甲田山死の彷徨!!」とか盛り上がったものです。
だから、夏だし、バスに乗ってるから…それでも、盛り上がってました。
無邪気なものだわ。

あの大量遭難事件はドキュメントを読んだことがありますが、ほぼ全滅した部隊の生存者の写真は正視できませんでした。
映画より、小説より、事実は恐怖させてくれます。
[ 2008/10/01 12:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。