山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トイレ臭い山小屋 これで良いの?

裏銀座縦走路
北アルプス 裏銀座と呼ばれるエリアに行って来ました。
途中から進路変更なので 裏銀座縦走とは言わないかもしれませんね(笑)
烏帽子岳~野口五郎岳~水晶岳~鷲羽岳~黒部五郎~薬師岳。


山小屋3泊の登山です。

初めて山小屋に泊まった時 殆どの人は カルチャーショックを受けられると思います。

・水が有料
・物価が高い
など 仕方がないと 納得出来る事もありますが


・一般的にシャワーも風呂も無い。
・男女別も無く 他人とザコ寝。
・混雑すると 布団1枚に2人以上寝かされる。
・シーツも枕カバーの交換も無い。
・山小屋関係者の中には 登山客に対し 上から目線で対応する勘違い人間が多い。
・宿泊タコ部屋では 消灯時間前にもかかわらず しゃべっていると他の登山者に怒られる。
・そんな彼等 早朝4時前から起き出し 我がもの顔に騒ぎ始める。
など 理不尽な事が多過ぎます。



今回の山行でも 山小屋前の花壇らしき石囲いの中に 足が入っただけで
中高年登山者に対し 子供を叱るような口調で注意する 
若い山小屋経営関係者を見掛けました。

ある山小屋では トイレと宿泊棟の連絡通路の引き戸が 
登山者によって開けっ放しにされる度
宿泊棟の中がアンモニア臭が充満し まるでトイレの中に寝ているようでした。

日本の山小屋では 昔から登山客が これを当たり前の事として受け入れてきました。
山小屋の新規参入は無く 経営側は安泰と言わんばかりに この理不尽を 混雑を理由に 
登山者に押し付けています。

勿論 以前に比べますと 山小屋はきれいになり
就寝スペースも広くなりました。
食事も美味しくなり
トイレはすこぶる きれいで 快適なものに変わってきました。
山小屋で働く若者たちは  キビキビとして気持ち良い接客をしてくれます。




環境の保全 物資の輸送 営業シーズンの限定 登山者数の多さなど
これ以上改善出来ない口実は いくらでもあるでしょう。
しかし 海外の山小屋を利用するたび 「食と住」その快適さに感動し 
日本の山小屋と比較してしまいます。

たとえば
ヨーロッパでは ハイキングの山小屋と登山の山小屋では「眠り」の考え方が違っています。
 
ハイキングの山小屋では 現地のハイカーたちは 日の出を見る為には起きてはきません。
日本人は早朝から騒ぐので 静かにするよう事前に頼まれます。
登山の山小屋では 出発時間別に宿泊部屋を分けるなどして 
快適な睡眠時間が確保されていたりします。
個人のプライバシーを尊重しない日本人には 思いつかない発想かもしれませんが。


お客をもてなす発想が 彼等には出来て 日本人経営者には なぜ出来ないのでしょうか?
まずは 最低限のプライベートな空間を確保して欲しいと 痛切に感じます。


ただし 海外の山小屋が 全て優れているわけではありません。
モンブランの山小屋では 完全予約制の為 宿泊予約を取ること事態とても難しくなりました。
天候 体調にかかわらず 登山チャンスもシーズン中 その日1日に限定され
モンブラン登山が 別の意味で難しい状況になっています。

槍ヶ岳
快適な山小屋ライフが送れれば 山の景色も違って見えるかもしれません!

ブログパーツ 
スポンサーサイト
[ 2008/08/16 12:03 ] 登山の話 | TB(0) | CM(4)
下界に降りてきました
☆ガハクさん

乗れてますねぇ バニホ・ガハク!
ウィリー村も現実味を帯びてきましたね。
僕も早く MTBに乗りたいです。

乗れませんねぇ トラ。
「早く オリンピック終わって」って感じでしょうか(汗)



☆884Rさん

キスリングと来ましたか(笑)
あそこは 山脈々の真ん中から 北アルプス全部見えるエリアですね。

トイレ臭い話。
山小屋のスタッフは 「風向きなんで すみません。」って答えでした。
トイレの改装とまでは言いませんが 重りをぶら下げるとかして 
簡易自動ドアにするくらいの 工夫はして欲しいものです。
自分たちも アンモニア臭の中で 寝てみろと思ってしまいました。



☆IKさん

今シーズンは落雷事故を耳にする機会が多くて 嫌な感じですね。
幸い 今回は天候に恵まれました。
三俣蓮華岳周辺までは 滅多に入りませんので この眺望はうれしかったです。

日本で こんな偉そうな商売をしているのは 山小屋くらいだでしょう。
一般に日本の商売人は お客さんに対して こび過ぎているように見えます。
サービスを提供する事と 代金をいただく事は 対等な立場であるべきだと考えていますので
過剰なサービスや こびた態度を求めるつもりはありませんが
山小屋では 完全に見下ろされて 対応されている気がして なりません。






[ 2008/08/20 11:27 ] [ 編集 ]
  今年の夏山シーズンは天気が不安定なので、たいへんそうですね~。お疲れさまです。

 山小屋は場所を考えれば水の有料、物価高、混雑などはある程度は仕方ないと思うのですが、その分小屋の人たちはきちんとした対応をしてほしいですよね。
 先日山小屋の売店で飲み物を買おうとして、小屋に入ろうとしたら 「宿泊者以外はあっちから行って!」 とすごい横柄に言われてしまい不愉快になりました。
 
 ヨーロッパの山小屋は昔何回か泊まったのですが、出発時間で部屋を分けたのには驚きました。
 日本だってすべての人が日の出を見るわけじゃあないんだから、出発時間別に部屋を分けるとか、女性オンリーの部屋を設けるぐらいはできると思うんですけどねぇ。
[ 2008/08/17 15:42 ] [ 編集 ]
やはり黒部源流周辺ですね
水晶!?黒部五郎!?薬師!!なかなかのゴールデンコースじゃあありませんか。
おーっ更に雲ノ平なんぞ加わったら、懐かし過ぎてもう涙が止まりませんです。
剣岳からキスリングにピッケルやヘルメットをくくりつけたまま、縦走したもんですわ~

日本の山小屋も近年は結構豪勢で飯も旨いと聞いておりましたが、やはり文化レベル(意識も)がヨーロッパとは比べ物になりませんね。

トイレだって昨今は穴掘ったぼっとん式じゃないんでしょうに。
臭はなんとかならんですかねぇ。
せめて開けっ放しはやめて欲しいっすね。
[ 2008/08/16 23:06 ] [ 編集 ]
夏山だ~!!!
って感じですねっお写真見ると。
どこへもさっぱり行かないわたしたちに比べて、
文字通り東奔西走のニコさんですね。
MTBに乗れないのが可哀想な気もします。
しかし一方で、あの怒濤の快進撃がなぜかストップしてしまいました。
誰かさんe-277の帰国が因では?去年もなんか似たようなことがあったような。。。
[ 2008/08/16 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。