山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

走り方とタイヤの好み・その1

RC211V.JPG
モトGPは 波乱のトルコグランプリとなりました。
 
小柄なライダーはモトGPクラスでは勝てないと言われながら
ルーキーイヤーの昨年から活躍したペドロサが 早々に姿を消し
がっかりしてしまいました。
手足の長いロッシの乗り方と 小柄なペドロサのライディングスタイル
の違いを見るのが 今シーズンの楽しみのひとつです。
 

トルコGPを楽しませてくれたのは エリアスでした。
125CC時代から 大胆な走りっぷりが魅力で
ステップアップしても 勝てるライダーになれるだろうと
応援してました。
今でも 走りは荒削りのままですが はまった時の速さ バトルの強さ 
魅せてくれるライダーです。
ストーナーは125CCの頃の記憶が無く
250CCでもノーマークでしたので 今シーズンはびっくりです。
 
僕の好きなライダーは
クリビーレ・原田哲也・マッコイ・ロッシ・エリアス・ペドロサです。
原田とペドロサは例外ですが 他のライダーは
テールスライドの激しいライディングをする(した)ライダーです。
そういうライダーが好きだったのは 
当時 そんな走り方に憧れ 同時に 自分のMTBの走り方を 
肯定する 口実に利用していたからだと思います。
 
 
スピードの出ないシングルトラックでは コーナリング中
リアタイヤがグリップし過ぎると 小さいコーナーで
曲がりきれない原因になることがあります。
皆さんもリアタイヤをロックさせて 一気に方向転。
という手を 時には使われると思います。
 
小さなコーナーでの減速が嫌で 敢えてグリップの悪い
パナレーサー・ファイヤーDHプロを穿かせていました。
世の中は マキシスなどスローリバウンド(コンパウンド)の
時代を向かえ 仲間からも そのタイヤの選択については
随分不思議がられていました。
 
その頃の僕のコーナリングときたら 
ブレーキを遅らせ コーナーの奥まで突っ込みフルブレーキ。
リアタイヤはいつもロックして 左右に滑りっぱなし。
思い切り減速して曲がり 立ち上がりで めいっぱい漕ぐ。
こんな走り方ですから テクニックはいりません。
粘らず早めに滑り始めて コントロールしやすく 転がりの軽い
ファイヤーDHプロのタイヤと体力だけで 充分楽しめていました。
そして 好んで走っていたのが赤土で 斜度のきついコースでした。 
漕ぎは楽でしたし スリッピーな路面にも慣れていました。
 
ところが 2004年頃から 段々と走行タイムが落ち始めたのです。
好みのコースが変わった為でしょうか?
いやいや 体力の低下です。
そして タイヤを変える 一大決心をすることになりました。
ライディングスタイルを 変えざるを得なくなってしまったのです。
 
 

その2に続く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




ブログパーツ
スポンサーサイト
ガハク同志こんにちは。
タイガース 調子悪いと言いながら たった2ゲーム差。
これで調子が出たら独走でっせ!
XCタイヤのことは わかりませんが
タイプの違うタイヤを履き比べてみられたら その違いに驚かれると思いますよ。
まるで違うMTBに乗ったくらい。
是非 試されることを お勧めします。
相性の良し悪しは 自分にしか分からないことですから。
[ 2007/04/26 16:17 ] [ 編集 ]
わたしのはリッチーのXCタイヤです。ショップで勧められたままです。定番タイヤだそうですね。まあまあ軽いみたいです。
タイガース、ですか。今年は楽な試合がほとんどないのが心配な同じく虎ファンのガハクでした。
[ 2007/04/26 13:48 ] [ 編集 ]
ひろひろさんへ
早速 遊びに来ていただき ありがとうございます。
タイガースです。
自分で言うのもなんですが 生粋のトラキチです。
85年の優勝も前後の永~いトンネル時代も 田淵も藤田も かすかに知ってます。(歳がばれる(^^;))
矢野は ここ一番 本当に頼りになりますね。
[ 2007/04/25 18:43 ] [ 編集 ]
Kyoさんへ
馬ですか!
幼稚園の頃 乗せられた写真がありますが それ以外乗ったことありません。
いいなぁ
パラグライダーは習っただけなんです。
でも浮き上がったら気分も舞い上がって教官の声が耳に入らず 勝手に遠くまで飛んでって 随分怒られました。
思ったんです 谷川岳一ノ倉登って 烏帽子岩のテッペンから飛べるかな?って
次の瞬間 僕がやってはいけないスポーツだと悟りました。
[ 2007/04/25 18:21 ] [ 編集 ]
こんにちは、ニコ様。
早速遊びにきました。
タイヤは大事ですよね~。乗り味が別物になっちゃいますもんね。
私のは今フロントがIRCのDH用、リアがMAXXIS ラーセン オリフレイムです。
街乗りが楽、フロントがブレークするよりはリアからいって欲しい、等の消極的理由によるものですが、リム噛みパンクが多いので思案中です。
でもタイヤを替えることで、ひとつのフレームでも二度おいしい、と考えて楽しむことにしています(笑)
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[ 2007/04/25 13:58 ] [ 編集 ]
ニコさん、「パラグライダーも封印」ということは、空を飛んだりもできるんですねえ。すごいなあ!
大昔からスピードと飛ぶことは人間の夢だったんでしょうが、実際にやってしまうとその刺激にも慣れてしまって、今は大金を積んで宇宙に連れて行ってもらう人までいますよね。
思い切ってタイヤを変えてみられたのは、良かったんじゃないでしょうか。ニコさんの新しい走りが、なんとなく想像できます。
[ 2007/04/25 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。