山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

九重山ミヤマキリシマ情報

中岳

大分県の九重山に行ってきました。
今年のミヤマキリシマは元気です。
今週 開花のピークを迎えるでしょう。


平治岳

今回のコースは長者原から雨ヶ池経由で入山。
坊ガツルの法華院温泉に宿泊。
九重山群・九州本土最高峰 中岳を経由して久住山
西千里浜から沓掛山を経て 牧ノ戸峠へ下山です。
ミヤマキリシマというより 頂上踏破的 要素の強いコースでした。

久住山山頂

坊ガツルから見上げる 平治岳 大船山は すでにピンクに色付いています。
中岳山頂周辺は ちらほらと咲き始めていましたので
もうすぐ 一面ピンクの斜面になりそうです。
虫食いの被害は所々ありましたが 全体的には心配なさそうです。
沓掛山周辺は既に盛りでした。

ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマ以外に ドウダンツツジも盛りです。
青いツクシドウダンツツジや 赤いベニサラサドウダンツツジ
分類が判りませんが その中間的なドウダンツツジもあります。
標高の高い所では イワカガミの群落も見られました。

ドウダンツツジ

九重山最高峰中岳は 意外に登る人の少ない山です。
久住分かれから 見事な久住山の姿を見れば
「くじゅう」の名の付く その山に登りたくなるのは人情です。
近年になって 久住山より中岳の方が標高が高く 
九州本土最高峰と知られる事となりましたが 
中岳の名前が付く前にその事実が判っていれば 
その呼び名も変わっていたでしょうか?
たとえば 今 中岳に九重山の名前を与えれば 百名山人気と相乗して 
その地位を逆転させる事が出来るかもしれませんね。

イワカガミ


さて九重山でMTBは?と問われれば
あちこちと走りましたが すっきりしたラインが引けません。
どこかで 必ず しんどい担ぎ上げ 担ぎ降ろしが出現します。
いずれ お勧めコースが引けましたら ご案内します。
ただし ミヤマキリシマと紅葉シーズンに 
MTBを乗り入れるのは無謀ですよ。

ブログパーツ

スポンサーサイト
[ 2008/06/08 06:02 ] 登山の話 | TB(0) | CM(4)
マウンテンチャリさん
えっ そうなんですか。
山荘の人は 大船林道は一般車進入禁止という意味で言われたのでしょうね。
たてまえ上「どうぞ お走りください」とは言えませんものね。

登山者の中には 自分たちを特権階級だと勘違いしている人が 時々いますね。
私有地か特別保護区でもない限り MTBが山道を走ってはいけない理由は無いと考えています。
[ 2008/09/18 23:19 ] [ 編集 ]
昨年大船林道経由で法華院温泉行きましたが山荘の人いわく自転車もダメと言われたんですがどうなんでしょうかね?また、登山者にも文句いわれました...。マナーは守って行ったんですがね~混んでもなかったし...。
[ 2008/09/14 12:01 ] [ 編集 ]
884Rさん
そうです。
中岳です。
久住山の近くで それ程 山深いわけではありませんが
登山者も比較的少なくて 秘境的な雰囲気のあるピークですね。

法華院温泉の搬入路として使われ 一般車は入れない
大船林道というのがありまして
そこから MTBで坊ガツル・法華院温泉だけを訪ねる 山サイが好きです。
[ 2008/06/12 03:37 ] [ 編集 ]
いい山ですね。
TOPの写真が中岳ですか?
いい雰囲気ですね。
写真で想像する限りでは、黒部源流帯のコンパクト版みたいな感じでしょうか?
花のシーズンじゃなくても、この山にMTBは無謀過ぎっすね。
もし乗車可能なトレイルがあったら、そりゃーたまらんですよねぇ。
[ 2008/06/09 22:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。