山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイヤ選び その1

イエロー麒麟

タイオガ イエロー麒麟を試してみました。
あくまでも これは 僕のライディングスタイルにおける 
相性と好みのインプレです。
当初は このまま 前後とも 
マキシス・ハイローラー2.35で 遠征に行くつもりでした。

しかし ツール・ド・モンブランのXC的な走りを想定すると
ハイローラーは重量も 転がりも やや重いのです。
ブロックパターン


選択の条件
1.太さ 2.3以上。
(細いタイヤでは 僕の体内センサー機能せず すべて不安定に感じます。)

2.重量が1kg以下。

3.転がりの軽いタイヤパターン

4.スローリバウンドコンパウンド





リヤ・イエローキリン フロント・ハイローラーでテストです。

イエローキリンはサイドウォールが軟らかいので 
空気圧が低いと グニャグニャします。
空気圧を規定の最低値35PSIまで入れてしまうと 
タイヤの両ショルダーが効いてる感じがしません。
接地面積が小さいようです。

普段は サイドウォールのしっかりしたマキシスで 
最初30PSI入れ 少し空気を抜くくらいで乗っていますから
それが出来てしまう サイド・ウォールの作りの差を感じます。
タイヤ内<br />側比較



1.乾いた土…ブレーキング中のグリップも良く 加速が かなり良い。
2.乾いた岩混じり…衝撃を吸収する滑らかな走りと しっとりとしたグリップ感。

ここまでは良かったのです。
仕上げのテストは スリップ天国 雨上がりSコースです。

3.急坂ガレ場と湿った赤土と岩。
ここは低速走行でも 限界時のタイヤの挙動をシュミレーション出来ます。


坂道でも 加速の速さを再確認。
ガレ場(石ころ ごろごろ)ブレーキングも 
グ~っと滑らかに減速する いい感じです。
しかし 後でトップスピードを見ると あまり伸びておらず
あのスピード感は 剛性が低いための錯覚だったのかもしれません。

湿った赤土に入ります。
素晴らしい加速感でコーナーに差し掛かります。
ブレーキングでタイヤがロックした瞬間 滑り始めます。(想定内)
ブレーキレバーを放しますが タイヤはグリップを取り戻せません。
ふらつきながら ロックぎりぎり(のつもり)のブレーキングで
コントロールを取り戻せるまで 待つだけでした。
路肩の藪に飛び込みながら 何とか曲がり 走り続けて次のコーナーへ。

濡れた岩でも よく滑ってくれました。



これは スローリバウンドの挙動ではありません。
以前はカタログにスローリバウンドと書いてあったと思うのですが
今は違っているのでしょう。よく確認をするべきでした。
そう言えば 確かに安かったのです。

昔 流行ったクジョーというDHタイヤをご存知ですか?
僕の周りでも 皆が履いていました。
しかし 僕はブレーキング時の不安定さが嫌いで
皆が首をひねるパナレーサー・ファイヤーDHを使っていた変わり者です。
あのクジョーの挙動に近い気がします。


早速 ケンダ・ネベガルを注文してしまいました。



ところで イエロー麒麟ですが
ハードテールバイクで オールマウンテン。
登りも平地も漕ぎまくり 下りも それなりに飛ばしたい!
という感じであれば 良いタイヤだと思います。


ブログパーツ
スポンサーサイト
884Rさん
タイオガって エアボリュームが有るって感じですね。
黄麒麟も2.3にしては太めです。
青と白にも 2.3有れば履いてみたいのですが。

ファイヤーは軽くて 転がりも良く ノイズも静かで そして超長持ちでした。
低反発を知らなかった頃は お気に入りでした。
その頃は め一杯突っ込んで フルブレーキなコーナリングしてましたので。
スローイン・ファーストアウトなタイヤではありませんね。

個人的な相性として タイヤの滑り出しが早い事は気になりませんが
横方向の滑りに 粘りの無いタイヤは苦手です。

[ 2008/04/03 17:14 ] [ 編集 ]
ガハクさん
僕は評価は あくまでもDHタイヤとしての観点ですので
一般的なXCタイヤとは随分違う 滑らかな乗り味になると思います。
あまりひどい事しなければ 空気圧30PSIくらいで使った方が 下りは効きますね。
勿論 漕ぎは35くらい入れた方が軽くなりますが。
[ 2008/04/03 16:51 ] [ 編集 ]
またしても反応!
 ↓ 全くその通りだと思います。
>イエロー麒麟ですが
>ハードテールバイクで オールマウンテン。
>登りも平地も漕ぎまくり 下りも それなりに飛ばしたい!
>という感じであれば 良いタイヤだと思います。
私がたまに使うブルードラゴン2.1はエアーボリュームあって低反発だが漕ぎ軽く、サイドのえらも張っていていい感じですぜ、旦那!
http://884r.blog3.fc2.com/blog-entry-198.html

私もファイヤーDHには首を捻りましたが、確かにクジョーよりはブレーキ効きましたね。

結局ネヴェガルなら間違いないですね。
[ 2008/04/03 00:56 ] [ 編集 ]
分りました
次のタイヤは、「タイオガイエロー麒麟」に決定!
わたしの為のタイヤインプレみたいです(笑)
[ 2008/04/02 17:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。