山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遠征計画・どこ走る?その2

エーデルワイス17

シャモニ周辺は 多くのゴンドラにMTBを乗せる事が出来ます。
荷上げや担ぎ上げに 悩まされる事は少なそうです。
あちこちの山の上から シャモニの谷を目指して
標高差500m~1500mのDHです。

パンフ1

勿論 全コース日帰りですから 余分な装備もなく身軽に走れます。
プロテクター フル装備を持って行っても苦になりません。
余分に色々持って上がって ピクニックも出来そうです(笑)
ただし 荷物になるフルフェースヘルメットは持ち込みませんので
少々控えめな走りにはなります。 
折角のロケーションですから 快適で気持ち良い走りを 楽しみたいと思っています。

パンフ3

シャモニなどでは 普通に配布されるパンフレットのあちこちに 
MTBの写真が載せられています。
実に 羨ましい環境だと思いませんか?

トレッキングコースを思い出しながら 既に妄想MTBが頭の中を駆け巡っています。

レ・ズーシュよりシャモニ針峰群とシャモニ



ツェルマットの登山電車にも 標高3100mのゴルナーグラード駅まで
MTB用のチケットがあります。

ゴルナーグラードでは 目の前にモンテローザ氷河が広がります。
展望を楽しんだ後は 正面にマッターホルンを見ながら 
ツェルマットまで 標高差約1500mのDHです。
ただし トレッカーも多いコースですから 控えめな走りでしょう。

ツェルマットの谷をはさんで反対側 標高2600mシュバルツゼー(池)では
水面に映るマッターホルンを楽しみながらピクニックをしたいものです。
そしてマッターホルンを背にDHです。
ここはツェルマットでもMTBが多く集まる場所です。
条件が良ければ1日で 両ルート共 走れそうです。・

ヒツジ

グリンデルワルトはまるで緑の絨毯を敷きつめた様な谷です。
サンモリッツやマイエンフェルトには まだ行ったことがありません。
新しい場所は とても魅力的で 時間が許せば行ってみたいのですが 
天候の都合で選択するオプションとしての位置付けになりそうです。

こうして考えると 結局 MTBフル装備が必要という話でしょうか
それぞれの装備についての検討が 楽しみです。

ブログパーツ
スポンサーサイト
らに~たさん
スペインですか。
言葉が複雑で 発音の難しい国ですよね。
犬と髪(記憶が正しければ)の区別を発音できません。
残念ながら マドリーの空港に降りたくらいで入国したことがありませんが 
父がクラシックギターを弾くので
子供の頃から イメージのある国です。

僕はフランスかぶれです。
フランス語学校にも行きましたが
フランス語でしか授業してくれない(当たり前)ので逃げ出しました(笑)
短い間でしたが パリでの暮らしは楽しい思い出です。
[ 2008/03/31 00:13 ] [ 編集 ]
こんばんは♪
ニコさん、こんばんは☆

ニコさんは、もうヨーロッパアルプスに
何度か行かれたことがあるんですね。。。
今回は、さらに素敵な旅になりそうですね☆
すでに、妄想MTBが頭の中を走っちゃってるなんて
ステキだな~って思いました♪
わたしは、スペインに2年ほど留学していたのですが、
そのときヨーロッパ5カ国くらいのバスツアーに参加したのですが、
スイスの山と湖は 表現ができないくらい美しかったです。

[ 2008/03/30 01:34 ] [ 編集 ]
ガハクさん
兄貴 そして今岡が打て
JFKで抑えれる!
今年の快進撃を予感させますねi-221
[ 2008/03/29 20:49 ] [ 編集 ]
また始まりましたね!
しかも2連勝です。
昨日は最後ちょっと「?」がつきましたが、今日は万全だったようです。
とは言え、スコアで確認しただけですが。
明日勝つと今年はもう優勝キマリでしょう。
[ 2008/03/29 19:30 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
☆kyoさん

でしょ! 行きましょう 行きましょう!
僕は 今でも はっきり憶えています。
初めて シャモニへ行った時 人生の価値観が一転した瞬間を。
お陰で 世間一般人からは ちょっとずれた人になってしまった様ですが(笑)



☆884Rさん

いやいや ツール・ド・モンブランという目標がある以上 少し持久力付けなくては。
でも 早速先週は トレーニングバテで 具合が悪くなってしまいました。
情けない。

884Rさんも 今度はMTB いやいやロードでも構いません 
自転車持って ヨーロッパ行かれませんか?
実は ポタリングもしたいしで タイヤ選びに 頭 悩ませています。
[ 2008/03/29 15:39 ] [ 編集 ]
そんなに走れるとは・・
アルプスってそんなにゴンドラ乗せてくれるのですか。
ホント羨ましい、それとスケールの大きさ。
すばらしい景色と標高差に胸膨らみますね。
それだったら今更持久系TRなんていりませんね、是非がんがん何本も下る練習をしてください。
DHにはDHトレーニングが一番です。
自分もすっかり遠ざかってしまいましたが、2年ぶりに富士見パノラマへ行きたくなってきましたよ~
[ 2008/03/29 07:55 ] [ 編集 ]
ニコさん、さすがプロの山岳ガイド!
うまいこと言いますねえ~
行きたくなっちゃうじゃないですか~。

それにニコさんって詩人だなあ~♪
ガストンレビッファ思い出しましたよ。
「空と地の間」を読んで岩棚でのビバークに
憧れたものです。

今日はガハクのトラトラ道場用の箱作りを手伝いました。
[ 2008/03/26 21:01 ] [ 編集 ]
勝手に浮かれて ごめんなさい
☆IKさん

合理主義と自己責任(自己中)なヨーロッパですから かなり自由ぽいですよ。
たとえば トレッキングコース周辺のお花畑に踏み入るのも 殆ど自由なくらいですから。
それに ツェルマットほどの国際的なリゾート地でも 
登山電車の MTB用の1日券が用意されていたり。
日本では とても考えられないくらいの 市民権を得ています。
なにしろ自転車の盛んな国柄だし。

下見しときますから 近い将来 ヨーロッパに行ってくださいよ!



☆ガハクさん

ガハクさんの 日々鍛えていらしゃるMTBの技を試すためにも
お二人の芸術家魂を刺激するためにも 近い将来 アルプス行かれませんか?
感受性豊かなkyoさんだったら お花畑の中でハイジみたいに
寝転がってしまわれると思いますよ!

テントの横で 夕日に染まるシャモニ針峰群を眺めながら夕食。
日が沈む前に 明日のトレールライドに備えてMTBの ディレーラーを少し調整しとこうか!
なんてね。





[ 2008/03/26 14:59 ] [ 編集 ]
がんがん攻めろ!アルプス走破
楽しそうな計画がいっぱいですね。
走りを主体にした旅行なのか「ヨーロッパアルプスDH」
楽しい移動手段としてのMTBなのか「アルプスMTBツーリング」
迷いますね。
わたしにゃカンケーないけども。
やっと体調がもどってきたのでMTBに乗って周囲を走ってみました。
山は春の光りがいっぱいです。汗をいっぱいかきました。
[ 2008/03/26 14:07 ] [ 編集 ]
良いな~ぁ、計画を考えているだけでもうらやましい。先日本屋でシャモニ周辺ハイキングガイドを思わず立ち読みしちゃいましたよ。
 ニュージーランドやハワイはMTB乗り入れ禁止とか、走れても速度制限の場所があるなどかなり厳しいって聞くけど、ヨーロッパはどうなんですかね?
 ツエルマットから国境を越えてチエルビニアに行くスキーコースは走れるのかなぁ?国境付近は雪かな?もし走れるならチャリで国境を越えてイタリアでランチして、また国境越えて帰ってくるなんて最高だなぁ。
 3月になって急に暖かくなって雪も例年以上早く減って、走れる場所が増えてきてます。暑くなって(暑くなったころはニコさんはヨーロッパか)山を走るのが嫌になるまで、ガンガン走りましょう。
[ 2008/03/26 14:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。