山で乗ってこそマウンテンバイク

山岳サイクリング・MTBと山歩きの話& 海外自転車旅行のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

石垣島 野底マーペで負傷

シーサー

石垣島には 可愛いシーサーが沢山いました。

野底マーペとは不可解な名前ですが 山の名前です。
マーペさんの悲話・伝説が山名となっています。

野底マーペ

川平湾や於茂登岳からも その尖った山容は目を惹きます。
そして登山口付近見上げる姿は 石垣の槍ヶ岳とかマッターホルンとか。

赤土で若干傾斜のある登山道です。 
時々倒木を潜ったり 跨いだりしながら進みます。
時計周りに 頂上直下の岩場を避けながら 山頂へ至ります。
狭い山頂の岩の上からの眺望は申し分ありません。
海の色は 沖の青黒い色がリーフの白波を境に南国色の青に変わります。
眼下の森は黄緑色のジャングルで 南の島を実感します。

さて いよいよ下山をしようとする頃
いつもの癖で 山頂の岩でボルダリングを少々。
高さわずか50cmのスタンスから ルーフのホールドを取りにいった瞬間
左手のホールドが欠けて グランドフォール。
あまりに低過ぎて 尻餅をつくように落ちてしまいました。

両手 両足 お尻と土を払いながら 右腕を触ると
手首と肘の間に突起があります。
覗いて見ると 腕の外側が飛び出して 触ると硬い物が腕の中から皮膚を突いています。
きっと 木にぶつけた弾みに 骨折したのだと思いました。
一瞬 自分でも青ざめていくのが判りましたが 幸い流血も傷みもありません。
とりあえず立ち直り 下山は全く問題ありませんでした。

腕なら「仕事は何とか出来るだろう」と 一安心。
ただ骨折となると 「2ヶ月はMTBに乗れないかなぁ」と 悲しくなりました。
夏のアルプスまでには「時間があるのが救いかなぁ」などと のん気に構えるしかありません。 


下山後病院へ直行。
レントゲンを撮ると そこには 腕の骨が2本真っ直ぐに映っていました。
そして 薄い影が斜めに映っています。
「骨は折れてませんね。何か入っているようですね。」
骨折ではないと聞き うれしくなってしまいました。
「骨折よりは マシって事ですよね?」
とニコニコ喜んでいる患者を お医者様はどう思われたことでしょう。

勿論 病院は得意ではありませんし 注射も怖いくらいです。
しかし この腕は放っておくわけにはいきませんし
ここまでくると 破傷風予防の注射も 麻酔注射も点滴も 何も怖くも痛くもありません。
とにかく 「早く何とかして」状態でした。
ゴリゴリ腕の中をつつかれているのは 判りますが 痛くはありません。
取り出し後の洗浄時は ズーンと鈍い感覚はありますが
「痛くないですか?」と聞かれれば
「大丈夫ですから やってください。」と答えます。
約40分のオペで 腕の中から 枝を摘出しました。

まぁ こんな物が入っていましたので 是非見てやってください。
腕の内側 手首の上5cmの場所に刺さった枝が折れ
外側の皮膚を持ち上げた所で止まり  腕の中に残置。
オペは腕の外側を切開し抜き取りましたので 見事に貫通した5cmの枝です。
枝


翌日の竹富島観光は断念して 病院で点滴です。
お世話になった 県立八重山病院はドクターもナースも 
言葉の一言ひとことが とても優しい良い病院でした。
朝と昼 2本の点滴をいただき 午後 帰路につきました。
八重山病院にて


怪我をしたのが利き腕の右手という事で 若干 不自由な生活を強いられておりますが
以外にも左手でも箸は使えましたし 大体の事は出来ます。 
何をやっても手間が掛かりますが。
幸い 筋や神経 血管には大きな損傷も無く 傷が治れば元通りでしょう。
こうして今日は 右手でもPCが打てるようになりました。
一月以内にはMTBにも復帰するつもりです。

事故はどこに潜んでいるかわかりませんね。
用心 用心 です。

ブログパーツ
スポンサーサイト
[ 2008/02/18 22:06 ] 登山の話 | TB(0) | CM(12)
くじらさん
はじめまして。
なんて うれしいお言葉 ありがとうございます。

八重山病院の皆さんの優しさ。 
そして それを引き出す患者さんの人柄のよさ。
すなわち 石垣の人々の優しさなのだと解釈しました。
これはお世辞ではありません。

地元の総合病院は 多くの患者の側が クレームを付けてくるので
病院側がピリピリしていて 事務的な対応をしている様に見えます。
で それが普通です。

ところで MTBでこけたら ハブがいたりしませんか(笑)…笑えないかも!

 
[ 2008/03/05 04:34 ] [ 編集 ]
はじめまして。
石垣島在住のMTB好きです。
骨折でなく良かったですね!
野底マーペは、あまりMTB向きでは有りません、
石垣には数は少ないですが、幾つか走れるところは有りますよ、
今度来たときは、連絡もらえれば案内しますよ。
[ 2008/03/04 08:10 ] [ 編集 ]
らに~たさん
お見舞いありがとうございます。
自分でも驚くぐらい 早い回復です。
[ 2008/02/25 14:38 ] [ 編集 ]
ニコさん、
こんにちは。
あんなに大きな枝が入ってしまったなんて。。。。
どうか はやく完治なさいますように・・・
アルプスのステキな計画・・・たのしみにしています。
どうかお大事になさってください。。。

[ 2008/02/23 14:31 ] [ 編集 ]
皆様 お見舞いありがとうございます。
☆みいさん

30℃も暖かい所に行った自慢でもをしようかと思っていたら
同じ沖縄県で ゴルフと宴会ガ岳とは みいさんの方が一枚上手でしたね。
おまけに しょぼいことやって怪我までするなんてi-195
安全登山とか 言っておいて お恥ずかしいv-395

意外と早く直りそうな予感がしますv-426



☆よしぞうさん

説明すると ちょっとした大事故ぽいですが
もし 皮膚が飛び出ていなかったら 大した痛みも無かったので 
枝が入ったことに気付かなかったかもしれません。

怪我の瞬間の痛みって そんなものかもしれませんし
歩く最中の痛みは 鈍い痺れ感だけでした。
最も 骨折と思っていたし 手に力が入らず 片手で下山しました。

頑張って 気合で直します!



☆IKさん

そうですよ。
今年は 体調管理を充分意識して
このオフシーズンを利用して コンディションを整える目的で
病院のリハビリ科に通っていたのですが 今週から外科にもお世話になっています。

流石アルプスお詳しいですね。
ツールドモンブランは 左右どちら回りが乗れるか コースをチェックしています。
クールマイユールのTMBから見る モンブラン・ブレンバフェースは何度見ても飽きません。
ベルトーネ小屋泊まりだけは 外せないところですね!



☆ガハクさん

状況説明をすると あ~なりましたが
本人には 何が起きたのやら???
というのが 実感でした。

東のカメが二足歩行で走って行く姿を見た様な気がするのですが…。
焦るなぁi-201



☆kinkachoさん

どうしたら あんな物が 腕の中に入るのか 不思議なくらいです。
でも 今回は怪我から 治療まで 凄く痛い思いは 意外にしませんでしたね。

今日はグーが握れるようになり
これでジャンケンが出来ます。
しかし パーは まだ遅出しになりますので
グーを出されると 勝てません。

って 何の話?



☆c5h11no2さん

本当に 何が起きるかわからないって 感じです。
ボルダリングにしても マットもなく トレッキングの最中だから
気を付けていたつもりで 怪我しちゃいました。

僕も一瞬 血の気が引いて クラッときそうでした。



884Rさん

そうなんです。
後遺症の心配がなさそうなので 不幸中の幸いでした。
ある意味 とても ついていたと思います。

イタリア どこ行かれるのですか?
スキー? 山?
ご家族から心配されるってことは やっぱり山?
まさか モンブラン・イタリア側の壁?
そりゃボナッティの世界ですね。

お気をつけて お楽しみください。





[ 2008/02/20 03:05 ] [ 編集 ]
あらら
やっちゃいましたねぇ。
でも幸い?枝の突き刺さりで1ヶ月もすれば走れのなら良かったといたしましょう。
ご自愛くださいませ。
実は自分も今月末から3月初頭にかけてイタリア行きなんです。(チャリは乗れませんですが)
嫁からは、くれぐれも山で怪我しないように注意されております。
[ 2008/02/19 22:19 ] [ 編集 ]
お大事に
なにがあるか分かりませんね
あんなに太い枝が…
読んでいて、だんだん血の気が引いていきました

お大事に

[ 2008/02/19 11:24 ] [ 編集 ]
読んでいて痛くなりました
ニコさん、骨折でなくて何よりでした。
でも、あんな木の枝が腕に入っていたなんて、読んでいるだけで血の気が引きました。kinkachoだったら、気絶してたかも…
早い回復をお祈りしています。
[ 2008/02/19 11:03 ] [ 編集 ]
かわいそ~,,凄惨な描写にドキドキ。
でもまあしばらく公休日と思って静養してください。
MTB、ひと月なんてすぐですよ。
さて、西のカメ(実はうさぎ)さんが動けないv-117間に東のカメは差をつめるぞー!!!
[ 2008/02/19 10:51 ] [ 編集 ]
やっちゃいましたね~。ヨーロッパに行く前に怪我してボツなんてことにならないように気をつけてください。僕の身近にも北海道に行く直前にチャリで怪我して落ち込んでいるのがいますよ。
 最も怪我しないように静かにしているなんてできないと思いますが(笑)。

 今月の山渓にツールドモンテローザと言うトレッキングコースが出ていますが、ここチャリで行けそうですよね。シャモニからイタリアに行くツールドモンブランからつなげたらすごく楽しいかも。ツールドモンブランの方はチャリで行けそうと言う話を聞いたことがあります。

  では早く治って1日も早く走り回れるようになりますように。
[ 2008/02/19 07:56 ] [ 編集 ]
続編読ませて頂きました。

前編読み終えた時はまさかこんな大事故だったとは思いませんでした。
続編を読み終えてビックリしました。
それも結構太い枝ですよね・・・v-12
何より自力で下山できたのが幸いでした。

1日も早く完治出来ますように・・・v-425

お大事に。
[ 2008/02/19 04:53 ] [ 編集 ]
もう、ビックリです・・・@@

同じ時に沖縄・・・そして・・・怪我・・・0--0

骨折ではなくて良かったですね!
でも、枝が・・・うっうっ~~痛そう・・・v-12
筋・神経が無事で何より・・・ほっv-356
お大事にして下さいね~0^^0

こちらは、肝臓がパンクしそうです・・・^^
八重山そば・・・かまぼこ・・・好きです・・・v-351

早く治りますように~ポチッv-218
[ 2008/02/18 23:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

いらっしゃいませ!
おきてがみ
ご訪問ありがとうございます
ブログランキング

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

ブログランキング参加中です。 このペダル踏んでチョ!
最近の記事+コメント
サイトマップ
FC2カウンター
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
ページランキング
タグTube


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。